いま注目のスクリプト言語。特徴やメリット・デメリットを徹底解説

いま注目のスクリプト言語。特徴やメリット・デメリットを徹底解説

この記事では、スクリプト言語の特徴や代表的な言語、メリット・デメリットなどを紹介します。スクリプトについてしっかり理解し、スキルアップにつなげましょう。

プログラミング言語には、さまざまなものがあります。そのなかでもスクリプト言語は、「未経験者でも習得しやすい」「難易度が低い」といった特徴があり注目されています。特にWebにおけるシステム開発業務にうまく活かすためには、スクリプト言語が持つ特徴の把握が重要です。

この記事では、スクリプト言語の特徴や代表的な言語、メリット・デメリットなどを紹介します。スクリプトについてしっかり理解し、スキルアップにつなげましょう。

スクリプト言語が持つ3つの特徴をご紹介

スクリプト言語は、英文に似た感覚でコーディングできる言語を指します。ソースコードは読みやすく、書きやすいことが特徴。シンプルであるため直感的な開発ができ、処理内容を理解しやすいことも特徴に挙げられます。

加えて、わかりやすさを重視する言語という特徴もあります。初心者でも学びやすいことは、メリットの一つ。これからプログラミングを学ぶ方は、スクリプト言語を選ぶケースが多いでしょう。

また簡単な処理ならば、煩雑な定義をせずにコーディングを行なうことも可能。長い期間をかけて学ぶ必要がなく、短期間で開発に活かせることもメリットに挙げられます。

多種多様なスクリプト言語が活用されている

開発の現場では多種多様なスクリプト言語から選択し、顧客の要望にこたえるシステムを構築しています。「言語が簡単だから、できあがるシステムもそれなり」というわけではありません。難しい言語を選ばなくても、社会で十分に役立つシステムを構築できることは強みの一つです。

代表的なスクリプト言語には、以下のものが挙げられます。

JavaScript

PHP

Python

Ruby

・VBA

シェルスクリプト

スクリプト言語の用途は、Web開発に限定されません。JavaScriptやPHPはWeb開発でよく使われる一方、PythonはWeb開発以外でも使われます。またVBAは、Excelのマクロを動かしている言語。シェルスクリプトはOSなど、インフラに関わる方に必須の言語です。

多くのスクリプト言語はインタプリタ言語の要素を持っている

言語のグループ分けには、「インタプリタ言語」という用語もしばしば使われます。インタプリタ言語はプログラムを1行ずつ読み込み、機械語に翻訳しながら実行する言語のグループ。スクリプト言語は開発者の扱いやすさという観点で、インタプリタ言語はプログラムを実行する観点でグループ分けした言語です。

多くのスクリプト言語は、インタプリタ言語の要素も持っています。理解しやすく実行しやすい点は、メリットの一つです。

コンパイラ言語との違い

コンパイラ言語は、コードを書き上げたままの状態では実行できない特徴を持っています。事前にコンパイラを用いて、機械語や中間言語にコンパイルしておく必要があります。もしコンパイル時にエラーが発生した場合は、適切に対処し修正しなければなりません。この作業を手間と感じる方も、多いでしょう。

スクリプト言語は、事前にコンパイルする手間がかかりません。ソースコードを書き上げれば、速やかに実行し結果を確認できることが強みです。

なおRubyなど一部のスクリプト言語では実行速度を上げるため、コンパイルを行なえる言語もあります。

スクリプト言語を使う3つのメリット

スクリプト言語を使う3つのメリット

開発業務にスクリプト言語が選ばれやすい背景には、メリットの多さが挙げられます。ここではおもなメリットを3つ取り上げ、詳しく解説します。スクリプト言語が選ばれる理由はなにか、チェックしていきましょう。

コードを書いたらすぐに動かせる

コードを書き上げた段階で速やかに実行し結果を確認できることは、スクリプト言語が持つ大きな強みです。コンパイルに関する知識や手間、時間は必要ありません。コードを書いたあとは、プログラムを動かすコマンドを実行すれば良いわけです。

意図したとおりのプログラムとなっているか、その場でチェックできることは大きな強み。結果がすぐにわかるため、初心者にとってもモチベーションを高めやすいことは特徴に挙げられます。

修正も手間をかけずに行なえる

プログラムは、一度で完璧に書くことは難しいもの。多くのケースでは、完成まで何度か修正を行なう必要があります。スクリプト言語なら修正後速やかに動かし、正しく動作するか確かめることが可能。スピーディーな修正と開発を実現します。

この点も、コンパイラ言語に比べて優れているポイントです。コンパイラ言語では1文字だけの修正でも、コンパイルをやり直さなければなりません。いちいちコンパイルを行なうことを、手間に感じるエンジニアの方も多いでしょう。

習得しやすく、実行環境の構築も簡単な言語が多い

スクリプト言語にはJavaScriptやPHPなど、比較的習得しやすい言語が多く含まれています。これはコンパイラ言語がC言語やC++、Javaなど、難易度の高い言語が多いことと対照的です。

加えてスクリプト言語には、実行環境を簡単に構築できる言語も多くなっています。ファイルをダウンロードしインストールすれば、すぐにプログラミングを始められる手軽さは魅力的。特にJavaScriptは、ブラウザとテキストエディタさえあればコーディング可能。学ぶ敷居の低さも、メリットの一つです。

スクリプト言語が持つ3つのデメリット

スクリプト言語が持つ3つのデメリット

スクリプト言語には多くのメリットがあるものの、万能ではありません。活用にあたっては、注意すべきデメリットもいくつかあります。言語の弱点を把握することは、開発に適した言語の選択に大変重要です。

ここからはスクリプト言語が持つデメリットを3つ取り上げ、詳細を確認します。

文法のエラーは実行してみないとわからない

プログラムがエラーを出す要因は多種多様ですが、文法に関するエラーは代表的なものに挙げられます。コンパイラ言語の場合は実行前に行なわれるコンパイルの段階で、作成したコードをチェックします。もし文法に則っていない箇所があれば「コンパイルエラー」となり、実行ファイルは作成されません。この場合、データに損傷を与える心配は無用です。

一方でスクリプト言語の場合、原則としてコンパイルの手順は踏みません。文法が誤っていても実行するまでわからない点は、代表的なデメリットに挙げられます。

コンパイラ言語と比べて処理速度は落ちる

スクリプト言語は実行時に、ソースコードを1行ずつコンパイルしながら実行します。すでにコンパイル済みのファイルを実行するコンパイラ言語と比べて、処理速度が劣ることは否めません。この点も、スクリプト言語の代表的なデメリットに挙げられます。

このためスピードが要求されるシステムでは、コンパイラ言語が選ばれやすくなっています。以下に挙げるシステムは、代表的な例です。

・大量のデータを高速で処理するシステム

・リアルタイムに近い応答が求められるゲーム

・高解像度の映像をふんだんに使ったシステムやゲーム

大規模開発にはあまり適していない

スクリプト言語は、大規模開発にあまり適した言語とはいえない場合があります。処理件数が多い、処理が複雑といったケースでは、コンパイラ言語と比べた処理の遅さが目立ちやすいためです。「処理件数が2倍あるため時間も2倍」で納得を得られるケースはあまりなく、多くのケースでは速度改善への努力を求められるでしょう。この場合、コンパイラ言語が選ばれやすくなっています。

一方でバッチ処理など決められた時間内に終了すれば良いシステムの開発には、スクリプト言語を用いる場合もあります。

スクリプト言語は迅速でスムーズな開発に活かせる

スクリプト言語は短時間で開発環境を整備でき、コーディングを始めることが可能。迅速でスムーズな開発を実現します。加えて手間を省きつつ、品質の高いシステムを作ることもできます。初心者にとって取り組みやすい言語が多いことも魅力的です。一方で規模の大きい、またはスピードを求めるシステムを組む場合は、コンパイラ言語よりも劣ります。

社会において、スクリプト言語の良さを活かせるシステムは数多くあります。この機会に、スクリプト言語の学習もご検討ください。

掲載日:2022/05/13

登録拠点登録拠点

パソナ

パソナテックは全国9拠点にて、転職相談・お仕事紹介・各種イベント・セミナーを実施しています。

ページトップ