ログインしました。

【内製化支援】Power Platformのヘルプデスクサービスとは?

【内製化支援】Power Platformのヘルプデスクサービスとは?

Microsoft社製のPower Platformを導入した企業に向け、ヘルプデスクによる内製化支援サービスを紹介します。導入後の充実した社内活用を実現し、Power Platform本来の能力を発揮するよう、導入する際の参考にしてください。

新型コロナ感染症の流行により、さまざまな企業が業務プロセスのデジタル化に迫られたのではないでしょうか。そんな中、リモートワークによる効率的な業務フローを実現するツールとして、Microsoft社が提供しているPower Platformがより一層注目を集めています。

しかし、ナレッジベースが作成されていない企業も多く、不十分な利活用にとどまる企業が多いでしょう。

この記事では、Microsoft社製のPower Platformを導入した企業に向け、ヘルプデスクによる内製化支援サービスを紹介します。導入後の充実した社内活用を実現し、Power Platform本来の能力を発揮するよう、導入する際の参考にしてください。

お問い合わせはこちら

Microsoft Power Platform

Microsoft Power Platform

Power Platformを導入した際に重要なのは、業務に対して適切かつ有効な利活用を行なうことです。そのためには、まずPower Platformの有効性や、導入した際に得られる効果に理解を深める必要があるでしょう。

ここでは、Power Platformの概要や、解決できる課題について解説します。

Microsoft Power Platformとは

Microsoft Power Platformとは、専門知識がない一般のビジネスユーザーでも、アプリケーションやシステムをローコーディングで構築できるプラットフォームです。Power Apps、Power Automate、Power BI、Power Virtual Agentsという4つのサービスから構成されており、法人向けのサービスとして注目を集めています。

Power Platformの導入により、業務に適したアプリケーションの作成や、単純作業の自動化など、プライオリティが高い業務へのリソース確保が可能です。また、企業に蓄積されたデータの抽出や分析、24時間対応可能なチャットボットの作成を実現し、迅速な経営判断や企業サービスの向上にも効果を発揮します。

Power Platformを適切に活用できれば、業務効率化はもちろん、ビジネスチャンスの獲得に貢献するツールとなるでしょう。

Power Platformが解決できる課題例

業務におけるデジタル活用が進んでおらず、さまざまな課題を抱えている企業は少なくありません。本来ならペーパーレスで可能な業務に生産性や印刷コストを奪われる場面や、業務プロセスの自動化が進まず作業ミスが軽減されないなど、非効率な業務が目立ちます。

また、迅速な経営判断に必要なデータの統合は、適切な分析やレポート作成を行なえる社員がいなければ実現しません。プロダクトの推進においては、社内の人材にノウハウがなく、事業拡大や企業の発展が停滞する可能性もあるでしょう。

業務効率化による生産性の向上には、社員が抱いているITやDXに対するリテラシーを高め、外注コストの削減に必要な「自動化の内製」を実現するのが効果的です。企業が抱える課題を解決に導くうえで、Microsoft Power Platformは最適なソリューションの一つといえるでしょう。

Power Platformを導入すればすべて解決する…?

Power Platformを導入すればすべて解決する…?

Power Platformの導入は、業務効率化や生産性向上だけでなく、業務プロセスをテレワークに移行した企業にも有効です。

しかし、新たなシステムを導入すれば、トラブルシューティングなどの対応が増えることは想像に難くありません。これまで利用してきた自社サーバーやネットワークとは異なる環境での業務が増え、リモートによるサポート対象にも変化が見られるでしょう。

本来、情報システム部門が担っている役割は、自社サーバーおよびネットワークの構築、保守、運用など、オンプレミスによる環境での対応でした。そのため、クラウド領域のサポートまではカバーしきれず、社内ユーザーからのトラブル相談や、社内活用の支援に対応できない可能性があります。

また、情報システム部門を担う人材には専門知識が必要なため、ほかの部門と比較すると雇用コストの水準が高いのが特徴です。情報システム部門の人員が少数で構成された企業も多く、情報システム部門にかかる負担が増加する事態に陥るでしょう。

このような理由から、Power Platformにも対応可能なヘルプデスクサービスの利用を検討するのが有効です。

Microsoft Xsolutionリモートヘルプデスクサービスのご紹介

そこでご紹介するのが「Microsoft Xsolutionリモートヘルプデスク」です。Microsoft365だけでなく、Power Platform、Azureなど、Microsoftプロダクト全般の利活用をサポートしており、情報システム部門に対する負担軽減も期待できるでしょう。

Microsoft Xsolutionリモートヘルプデスクサービスのご紹介

クリックして拡大


Microsoft Xsolutionリモートヘルプデスクでは、メーカーやリセラーへの頻雑なエスカレーションを省き、ITコンシェルジュとしてワンストップの回答を実現します。Microsoft365やPower Platform、Azureの専門サポートチームにより、ユーザー目線のわかりやすいご案内、災害時などの継続的なサービス提供が可能です。

Withコロナ、Afterコロナを見据え、オンサイト対応からリモートサポートへの切り替えを行なうことで、安心してご利用いただける環境が確保できるでしょう。

お問い合わせはこちら

特徴1 - Azureも含めたヘルプデスクの構築

企業によっては、事業部門に対するヘルプデスクや、クラウド領域を含む情報システム部門のサービスが不在という課題を抱えているでしょう。

※サービス内容

・ユーザー管理/サービス管理・監査/ログ管理・監査/セキュリティ

Microsoft 365管理センター Microsoft 365管理全般 ユーザーアカウントの作成、変更、削除/サービスの管理、監査/ログの管理、監査/情報セキュリティ
課金情報管理 課金プロファイル管理(請求通知の送付先、請求管理)
Azure ATP MS Defender, Cloud App Security
Azure Active Directory Azure Active Directory admin center
コンプライアンス Microsoft 365 コンプライアンス センター
エンドポイント マネージャー Microsoft Endpoint Manager admin center
Exchange サービス管理
Power Automate サービス管理
Office の構成 Apps Admin Center
Search & intelligence 検索クエリなど検索利用状況の分析→利用促進やセキュリティ/コンプライアンス
Stream サービス管理
OneDrive サービス管理
Power Apps サービス管理
Power BI サービス管理
セキュリティ セキュリティ/コンプライアンスセンー
SharePoint サービス管理
Teams サービス管理
Yammer サービス管理
365関連 ログ管理・バックアップ
シングルサインオン

・オフィス関連操作サポート/トラブルシューティング

スイート(Word,Excel,PPF…) 操作サポート (例)Excelのセルが飛んでしまう
トラブルシューティング (例)メールが送受信できない
Tips/活用法

Microsoft Xsolutionリモートヘルプデスクでは、Azureなどのクラウドを含めた専門サポートも、追加オプションとしてご用意しております。

事業部門での利活用に関するお問い合わせのみならず、情報システム部門向けのクラウド領域を含めたサポートが可能です。そのため、ヘルプデスクの不在やサポート体制が不十分な企業でも、オンプレミスネットワークとクラウドサービスの利活用を実現します。

特徴2 - 予算を抑えての活用が可能

Microsoft Xsolutionリモートヘルプデスクでは、チケット制のサポートを採用しており、最小限の予算によるトラブルシューティングが可能です。

※ Microsoft 365・Power Platformに関するチケット料金

人数 月額利用料(単位:円、税抜)
基本料金:利用者10人/1社 \500,000
利用者10人~以上1人追加につき +\50,000 例:50人=250万/月額
例:100人=500万/月額
利用者100人~以上1人追加につき +\20,000 例:200人=700万/月額
例:300人=900万/月額

特徴3 - スピード導入が可能

Microsoft Xsolutionリモートヘルプデスクは、リモート対応サービスのため、お問い合わせの受付体制を素早く構築し、スピード導入を実現します。

サポート対象が広く、場所や端末の制限に縛られないサービスの提供を可能にし、モバイル端末やオンプレミスなど、さまざまな環境に対するサポートが可能です。

幅広い利活用に貢献し、企業の発展を効率的にサポートします。

クリックして拡大

ヘルプデスクを導入して、Power Platformを有効活用しよう!

Power Platformの導入により、企業の発展につながるシステムの開発や業務効率化、生産性の向上を力強くサポートするでしょう。

しかし、Power Platformを導入するだけでは、ツールの利活用が不十分になる場面も見受けられるため、専門知識を持った担当者の存在が不可欠です。問題が発生した際の迅速な対応により、ビジネスチャンスを的確に見極めます。

Power Platformの導入を機に、さまざまな状況に対応できるMicrosoft Xsolutionリモートヘルプデスクの利用を検討してみてはいかがでしょうか。

お問い合わせはこちら

登録拠点登録拠点

パソナ

パソナテックは全国9拠点にて、転職相談・お仕事紹介・各種イベント・セミナーを実施しています。

ページトップ