システム設計のエンジニアとはどんな仕事?仕事内容やスキルを徹底解説

システム設計のエンジニアとはどんな仕事?

システム設計エンジニアを目指す方に向けて、具体的な仕事内容や必要なスキル・資格などを解説します。

システム開発プロジェクトで活躍する設計エンジニアは「こんな機能が欲しい」「この画面を改善してほしい」といったクライアントからの要望をヒアリングし、システム機能に落としこむ仕事です。チームメンバーとともにシステム機能を検討し、必要な設計書を作り上げていきます。

この記事ではシステム設計エンジニアを目指す方に向けて、具体的な仕事内容や必要なスキル・資格などを解説します。

システム設計エンジニアの仕事内容とは

システム設計エンジニアの仕事内容とは

システム設計エンジニアはプロジェクト開発工程における「基本設計」「詳細設計」を主に担当するシステムエンジニアのことです。クライアントからの要望事項やシステム要件定義の結果をもとに、どのようにシステムを構築するのかを検討していきます。

まずは、設計エンジニアの主要業務である「基本設計」「詳細設計」について解説します。

基本設計

基本設計はシステム開発プロジェクトにおける工程の一つで、画面(UI)や入出力ファイル、帳票などの仕様決めや、裏側の処理、データベース設計などを行います。例えば画面の設計をする場合は「対象の画面は何をする画面なのか」「どのようなレイアウトなのか」「何の情報を表示させるのか」などを明らかにします。

基本設計では開発システムの大枠・アウトラインを決定することが目的です。システム利用者の目に見える部分を設計していくため外部設計・概要設計ともよばれ、システムの使い勝手を左右する重要な工程です。

詳細設計

基本設計で定義した内容をもとにプログラミングができるレベルに詳細化・具体化する工程です。具体的には各機能の処理内容・フローを明らかにする機能設計書や、画面・帳票の項目定義書、データベーステーブルのカラム名やデータ型・桁数などの定義書を起こします。

基本設計ではクライアント・システム利用者の視点から検討しますが、詳細設計では開発者(プログラマー)の視点でシステムを設計します。詳細設計の後続工程となる製造・試験工程のインプット資料となるため、技術的に実現可能なシステム設計を意識することが重要です。

システム設計エンジニアに求められる3つのスキル

システム設計エンジニアに求められる3つのスキル

シ家を建てる工程に例えられることが多いステム開発ですが、システムの骨格となる構成や仕様を決定していく設計エンジニアはまさに「建築士」のような存在です。建築士がお客様や工事業者とともに仕事を進めるのと同じように、設計エンジニアも多くのクライアント・開発メンバーとともに仕事を進めていきます。そのため、多くの関係者を納得させ、動かすための能力が不可欠です。

もちろん「システム設計」そのもののスキルも求められますが、それ以外にも求められるスキルがあります。ここからは設計エンジニアとなり、現場で活躍するために重要なスキルを3つ紹介します。

スキル1 - IT全般の知識スキル

まずは設計に必要となるIT全般の知識スキルです。プログラマーにプログラミングを依頼するためにはデータベースやネットワーク、アーキテクチャなどの知識を理解し使いこなせる必要があります。また、クライアントは全員がIT知識に精通しているわけではないため、システムの仕組みや動きを分かりやすく伝える技術も必要です。

担当する工程やシステム特性などによって必要となる知識は異なります。プロジェクトや担当する業務内容に合わせて幅広く知識習得をしておくと良いでしょう。また、使い慣れた技術だけでなくAI(人工知能)やRPAなど最新技術への関心・感度の高さも重要です。

スキル2 - コミュニケーション能力

プロジェクト開発ではクライアントやチームメンバーなど多くの関係者とともに仕事を進めていきます。そのため、プロジェクトを円滑に進めるためには関係者とのコミュニケーションを密にとっていくことが重要です。

例えばクライアントとのレビューを実施する際、相手の伝えたいことを正確に汲みとるための傾聴スキルが必要です。また、プログラマーに設計内容を説明するためには、こちらの意見・提案を筋道立てて表現するための能力が求められます。他者とスムーズに意思疎通するためにもコミュニケーション能力は欠かせません。

スキル3 - プロジェクト管理能力

設計エンジニアは単純にシステム設計さえ出来ればいいわけではありません。予定通りの品質・予算・納期を遵守するためにはプロジェクトマネジメントの知識スキルが必要です。管理不足により設計工程で遅れが発生してしまえば、製造や試験などの下流工程でのスケジュール遅延や品質課題など大きな影響を発生させる可能性があります。また、予算の見積もりが甘いと、追加開発や想定外の開発で見込んでいたコストを超過することもあるでしょう。

プロジェクトマネジメントを日々実践しながらトラブルを未然に防ぐとともに、問題発生時はクライアントへの状況説明や現場のエンジニアとの進行調整を行うなど臨機応変な対応が重要です。

システム設計エンジニアになるのに資格は必要?

結論からお伝えすると設計エンジニアになるための資格はありません。一部の資格は官公庁や金融系企業のプロジェクトでは入札要件になっている場合もありますが、一般的に資格がなくてもシステム設計エンジニアになることは可能です。

ただし、知識を体系立てて理解できたり、知識スキル・専門性をアピールできたりと、資格を保有するメリットは多くあります。現場で求められる知識体系や、目指すべきキャリア像などを参考に資格取得を目指すのは効果的です。

そこで次に、いくつかおすすめの資格について紹介します。

おすすめの資格

まずは基本情報技術者試験・応用情報技術者試験といった総合的なITスキルを身に付ける資格(試験)がおすすめです。企業によってはこれらの試験合格を推奨していたり、昇給・昇格の条件としている場合もあります。幅広い知識を一通り網羅しているので、設計エンジニアとして業務をするのなら勉強しておいて損はありません。

仕事に慣れてきたらより専門性を高めるのが良いでしょう。前述した基本情報技術者試験などを運営するIPA(独立行政法人 情報処理推進機構)では、データベースやネットワーク、プロジェクトマネジメントなどより高度な知識を問う国家試験も用意されています。

また、世界中で高いシェアをもつOracle(オラクル)の資格である「ORACLE MASTER」も、データベースに関する知識を客観的に証明できるのでおすすめです。

上記のようなスキルや知識の下地を持ったうえで、さらに目指す場合、システムアーキテクト試験がおすすめです。要件定義やアーキテクチャの設計など、システム設計を担当する人に必要な知識がたくさん含まれた資格です。

なお、システムアーキテクトについては、以下の記事も併せてご確認ください。
システムアーキテクト(SA)とは?メリットやエンジニアとの違い、業務内容、年収についても解説

システム設計エンジニアは未経験でも挑戦可能!

システム設計のエンジニアは多くの関係者とともに、自分のアイデアを形にできる充実感・達成感の大きい仕事です。また、一般的に製造工程などの下流工程を担当するプログラマーよりも平均年収が高く、ベテランともなれば報酬面でも魅力的な職種です。

システム設計エンジニアになるために特別な資格は必要なく、未経験でも十分に挑戦できます。少しでも興味があれば、まずはITに関する知識スキルの学習を進めてみてはいかがでしょうか。

登録拠点登録拠点

パソナ

パソナテックは全国9拠点にて、転職相談・お仕事紹介・各種イベント・セミナーを実施しています。

ページトップ