AIエンジニアが高年収なのはなぜ?さらに年収アップを目指す方法

AIエンジニアが高年収なのはなぜ?

AIエンジニアの年収が高い理由や、日本における平均年収、また海外のAIエンジニアの平均年収について解説していきます。

近年、さまざまなシーンでAI技術の導入が進められています。それにともない、AI技術の進歩を担うAIエンジニアの存在にも注目が集まっています。このような背景から、AIエンジニアは、他のITエンジニアと比較しても高年収の傾向にあります。

この記事では、AIエンジニアの年収が高い理由や、日本における平均年収、また海外のAIエンジニアの平均年収について解説していきます。AIエンジニアとしてさらに年収アップを目指す方法についても触れるので、今後AIエンジニアへのキャリアアップを目指している方もぜひ最後までご覧ください。

AIエンジニアが高年収な理由

AIエンジニアが高年収な理由

AIエンジニアは一般的に、他のITエンジニアよりも年収が高い傾向にあります。なぜAIエンジニアは高年収なのでしょうか?

まずはAIエンジニアが高年収である理由について解説していきます。

AIエンジニアは不足している

近年、AIを活用したビジネスが注目されています。それにともないAI開発を担うAIエンジニアの需要が高まっていますが、AIエンジニアの存在はまだまだ少なく、慢性的な人材不足が起きています。

優秀な人材の獲得における企業間の競争は激しくなっており、より優秀な人材確保のために厚待遇での採用活動が行なわれています。またAIエンジニアを育成する機関も少なく、人材不足が今後も続くことが予想されています。

こうした人材の希少性の高さから、AIエンジニアは厚待遇・高収入での就職が可能となるのです。

高度なスキルが求められる

AIエンジニアは専門性の高い知識を求められる仕事です。そのためAIエンジニアは、大学や大学院などでAIを専門的に学んだ人材が中心となって活躍しています。

またAIエンジニアは、AIの知識だけでなく、データ解析やマネジメントなど、幅広い知識についても求められます。

一般的に、給与は知識や経験に応じて高くなります。そのためAIエンジニアのように、専門性が強く、就職時点で必要な知識を身に付けている場合、高収入が期待できるのです。

実務経験が重要視される

AIエンジニアは知識だけでなく、実務経験も非常に重要視されます。

多くの企業は、採用してからAIエンジニアを育成するだけの環境が整っていません。そのため即戦力となる人材を求める傾向にあります。

AIという特殊な分野の実務経験を積んでいる人材は、同時に高い学力を有しています。また経験を積んでいる人材となると、ある程度年齢も重ねていることになります。

AIエンジニアは、就職時点ですでにAI開発に関する専門知識があり、即戦力となれるだけの実務経験がある人材ということになるため、より高収入での採用となるのです。

AIエンジニアの仕事についてより詳しく知りたい方は、別の記事『AIエンジニアとは?仕事内容、必要なスキルや資格について解説』も併せてご覧ください。

日本のAIエンジニアの平均年収

このようにAIエンジニアの年収が高いことには理由があります。では実際に、日本国内におけるAIエンジニアの平均年収はどのくらいなのでしょうか?

平均年収は600万円前後

インターネットでの調査によると、日本のAIエンジニアの平均年収は、正社員で600万円前後であるとされています。これは月給に換算すると50万円程度であり、かなりの高収入といえるでしょう。

国税庁による調査では、日本人の平均年収は2019年時点で436万円となっています。このことから、AIエンジニアの平均年収は、日本の平均年収を大きく上回っていることがわかります。

ITエンジニアは年収が高い傾向にありますが、なかでもAIエンジニアの平均年収は高めとなっています。

※参考:令和元年分民間給与実態統計調査|国税庁

年収1000万円を超える企業もある

AIエンジニアの採用に注力している大手企業では、想定年収が1,000万円を上回るケースもあります。ただし年収の高さに比例して、求められる知識・スキルもより幅広く高度なものとなります。

年収1,000万円以上のAIエンジニアとなると、AIに関する深い知識と技術を有していることに加え、マネジメント能力なども求められます。

AIに関する知見を用いて会社の発展に貢献できるかどうかが、年収を大きく左右するといえるでしょう。

平均年収の高い求人は関東圏に多い

日本でAIエンジニアとして働く場合、その需要は全国にありますが、なかでも関東圏に高収入の求人が集中している傾向にあります。

ただし関東圏は最低賃金も高めであり、生活費もほかの地域に比べて高くなります。求人を探す際は、それらの点を加味したうえで、給与や待遇を確認するようにしましょう。

海外のAIエンジニアはさらに高年収!

日本国内のAIエンジニアの年収は日本人の平均年収を大きく上回っていますが、海外ではより高収入での採用も行なわれています。

海外におけるAIエンジニアの平均年収は国によってさまざまですが、なかでもAI先進国であるアメリカでは想定年収が1,000万円を超えるケースもあります。

アメリカでは、博士号を取得したAIエンジニアの平均年収は3,300万円~5,500万円と、かなりの高収入となっています。また中国の先進企業が、AIエンジニアの新卒社員に対して最高年収3,000万円を提示したことも話題となりました。

これらの例から、世界規模でAIエンジニアの需要が高まっていることがわかります。

AIエンジニアとして年収アップを目指すには?

AIエンジニアとして年収アップを目指すには?

このように、AIエンジニアの平均年収は高めといわれていますが、個人単位でみるともちろん年収の高い人、低い人と差があります。

では、AIエンジニアとしてさらに年収アップを目指すためには、どうすれば良いのでしょうか?

新しいプログラミング言語を身に付ける

新しいプログラミング言語は使いこなせる人材が少なく、希少価値が高いため、習得することで評価向上に役立ちます。

AIというとPythonが主流ですが、例えばエッジAIのためのC系言語を学ぶという選択肢もあります。また機械学習で多く使われるRなどもあります。Python以外にC系言語やRも使えるというのは、大きなアドバンテージといえます。

開発現場で成果をあげることができれば、企業に評価されるため、結果として収入がアップすることが期待できます。

AIエンジニアの仕事を突き詰めていく

AIシステムの開発では、より効率良くAIを成長させるためにはどうすれば良いかを考え、実行できるスキルが求められます。

AI開発は決まったマニュアルがあるわけではなく、AI開発の効率化に関してはAIエンジニア個人のスキルが大きく関係します。そのためAIの学習方法を常に研究し突き詰めることで、企業にとって重要な人材だと判断されるのです。

企業は優秀な人材が他社へ流出することを防ぐため、給与や手当の見直しを行なうことも珍しくありません。

自分の市場価値を高める努力をする

プログラミング言語以外にも、常に新しい技術や知識を身に付けるよう努めることも重要です。向上心を持って自身の価値を高めることで、企業にとってより必要とされる人材になることができるのです。

例えば、AIに関連してデータサイエンティストに近い業務ができるようになる、エッジAIなど、今後さらに求められるであろうスキルを手に入れる、ビッグデータを扱うスキルを伸ばす、などが挙げられます。

IT業界は技術の進歩が非常に早いため、常に新しいことを勉強し、身に付けていく必要があります。最先端の技術を身に付け、自身の市場価値を高めることで、より良い条件で働くことが可能となるのです。

AIエンジニアとして年収アップを目指そう!

AIエンジニアの平均年収は高く、日本人の平均年収を大きく上回っています。他のITエンジニアと比較しても高収入の傾向にありますが、その分求められるスキルは幅広く、実務経験も重要視されます。

AI開発未経験での採用を行なっている企業もありますが、その場合もITの基礎知識を有していたり、何らかのシステム開発に携わっていたことが条件となるのが一般的です。

AIエンジニアは難易度の高い職種ですが、将来性があり、高年収も期待できる仕事です。ITエンジニアとしてキャリアアップを考えている方は、AIエンジニアも選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。

登録拠点登録拠点

パソナ

パソナテックは全国9拠点にて、転職相談・お仕事紹介・各種イベント・セミナーを実施しています。

ページトップ