システム開発でオープンソースを活用するメリット・デメリットは?

システム開発でオープンソースを活用するメリット・デメリットは?

エンジニアの仕事では、必ずしもすべての素材を0から自作する必要はありません。誰もが自由に使用可能なソフトウェアであるオープンソースはその良い例です。この記事では以下の流れに沿って紹介していきます。

エンジニアの仕事では、必ずしもすべての素材を0から自作する必要はありません。すでにある素材を活かし、極力工数を減らすことも実力のうちです。誰もが自由に使用可能なソフトウェアであるオープンソースはその良い例です。この記事では以下の流れに沿って紹介していきます。

・よく聞くオープンソースってなに?

・オープンソースをシステム開発に役立てるメリットは?

・オープンソースを使用する際の注意点やデメリットは?

オープンソースは正しく使えばシステム開発に大変役立ちます。正確な理解を踏まえて、システム開発の実務にどう役立てていくのかを考えていきましょう。

オープンソースソフトウェア(OSS)とは?わかりやすく説明

オープンソースとは、無償で誰にでも利用が許可されているソースコードをいいます。そもそもプログラムやソースコードも法律上は著作物であり、製作者の権利は著作権法によって保護されます。そのため、権利者の許可なく複製や再配布などをおこなえば、著作権侵害として、法律上の問題に発展する場合もあります。

しかしオープンソースの場合、その権利者によって幅広く誰にでも利用が許可されています。これにより、複製や再配布などを自由におこなうことができ、誰もが自分の作品作りに役立てられるのです。

なお、ソースコードへのアクセスや改変が制限されているソフトウェアは、プロプライエタリ・ソフトウェアといわれることもあります。

オープンソースの代表には、多くの企業のサーバーサイドのOSとして活用されているLinuxがあります。ほかにもPythonやJava、PHPなどのプログラミング言語を動かすのに使うソフトウェアも基本的にはオープンソースです。またデータベースとして近年普及しているMySQLもオープンソースです。

オープンソースとフリーソフトの違い

オープンソースとフリーソフトの違い

オープンソースについてより正確な知識を得るためにも、まずフリーソフトとの違いを意識しておきましょう。

オープンソースはソースコードに着目した、著作権法上の概念である

オープンソースとよく似た言葉に、フリーソフトという言葉があります。両者の意味はよく似ていますが、フリーソフトという場合、一般にソフトウェアの利用がフリー(無償)であることを意味します。

一方、オープンソースという場合、著作物としてのソースコードがオープン、つまり不特定多数にソースコードが開示され、包括的に利用が許可されていることになります。

そもそも著作権とは法律上の概念であり、著作権者の許諾なしに著作物の利用(例えば複製や再配布)をおこなえば、著作権侵害となりえます。利用の許諾を得たい場合は、ライセンス契約という合意文書の締結をすることになるでしょう。

この利用許諾を不特定多数にむけて一括で行うのが、オープンソースライセンスです。「オープンソースは著作権を気にせず利用ができる」などとよく言われる理由もここにあります。

オープンソースは定義上、ソースコードの改変や再配布も利用者に認められます。しかし、単にフリーソフトという場合には、そこまでの意味は含んでいないこともあります。

なお、フリーソフトもオープンソースも結局は無償という点に着目すれば、重なり合う概念だといえます。しかし、フリーソフトはソースコードが必ずしも開示されているわけではないため、両者は似て非なるものといえるでしょう。

ソースコードの開示がもたらすオープンソースの本質的特徴とは

オープンソースは、ソースコードの改変や再配布が自由におこなえることもあり、世界中の開発者の間で情報共有が進んでいく傾向があります。そのため、オープンソースは壮大なコミュニティを形成していく場合もあるのです。

世界中の開発技術者の間で情報共有がなされ、ソースコードのアレンジが進められていることもあり、オープンソースは資源効率の高いプロダクトを作るのにも適しています。また、脆弱性に対する対応も、それだけスピーディである場合があります。

オープンソースを利用するメリット

オープンソースを利用するメリット

ではオープンソースをシステム開発で利用するメリットを詳しく見ていきましょう。

1. 無料でソースコードを利用できる

オープンソースを利用するメリットの一つは、著作権に基づくライセンス料が発生せず、無料でソースコードが利用できることです。コストを抑えて開発をしたい場合にはオープンソースの利用にはメリットがあります。

2. 不都合があっても、ソースコードを修正して対応できる

金銭的な面以外でも、オープンソースの利用にはメリットがあります。それは著作権の問題を気にせず、自由にソースコードを修正することができることです。既存のソースコードをもとに、オーダーメイドのプロダクトを完成させることができます。

3. 高品質で資源効率の高いプログラムが多い

バグなどがあるプログラムのソースコード修正を誰もが自由に行えるので、オープンソースには資源効率が高く洗練されたプログラムが多いです。無料とはいえ、オープンソースは非常に完成度の高いものが多く出回っています。

4. 倒産や吸収合併によるプロダクトの消滅がない

権利を有する企業がアフターサポートを提供しているような場合と異なり、提供元の事業者の倒産や吸収合併などの影響を受けることなく、コミュニティによってプロダクトの信頼が担保されている場合が多いのもオープンソースの特徴です。

オープンソースを利用するデメリット

しかし、オープンソースを利用する際にも、注意しておくべき点はあります。

1. サポート体制には注意が必要

ライセンス料で収益をあげる企業の場合、通常その対価としてサポート体制を充実させています。しかし利益を得ないオープンソースは、企業によるサポート体制が十分でない場合も少なくありません。そのため、企業によるカスタマーサポートだけでなく、技術者同士の情報共有も重要になります。

ただ、オープンソース自体にサポート体制がない場合でも、オープンソースのサポートを代行する企業は存在します。導入支援から年間サポートまで幅広いサービスを受けることが可能です。

また、オープンソースはソースコードを世界中に普及させる意図で、英語で情報提供されている場合が多いのも特徴です。日本語で手に入る情報は少なかったり、古い情報であったりすることがあります。

2. オープンソースにも一定の制約がある

オープンソースは基本的に、「自由に無償で利用」できますが、それにも著作権者が存在します。あくまで著作権者の意思のもと、オープンソースとしてのライセンスが付与されているにすぎないので、一定の制約が課される場合もあります。

例えばオープンソースに付与されるライセンスには、よくコピーレフト条項と呼ばれる条項が付与されています。

この条項が付与されているオープンソースを利用した場合、それによって新たに作られたプロダクトも元のプロダクトと同条件にすることが義務づけられます。コピーレフト条項が付与されているオープンソースライセンスで代表的なものはGPLライセンスです。GPLライセンスが付与されたソフトウェアの代表には、Webサイトの開設でよく用いられるWordPressがあります。

ほかにも商用利用を禁じているオープンソースもあります。一口にオープンソースといっても、ライセンスごとにさまざまな制約があるのです。

「オープンソース=自由で無料で、好きなように使って良い」といったイメージではなく、ライセンスを踏まえた正確な理解が重要だといえるでしょう。

まとめ

オープンソースは改変や再配布などを自由におこなえる便利さから、さまざまな領域で普及が進んでいます。無償とはいっても、必ずしも有償のソフトウェアに劣るわけではありません。むしろ、世界中の開発者によって高品質なプロダクトが絶えず生産されているため、高品質なオープンソースも数多く存在します。

オープンソースの利用にあたっては、サポート体制やライセンスについての理解も求められます。これらの理解を踏まえたうえで、オープンソースを開発に役立てていきましょう。

登録拠点登録拠点

パソナ

パソナテックは全国10拠点にて、転職相談・お仕事紹介・各種イベント・セミナーを実施しています。

ページトップ