エンジニアのキャリアプラン!開発系とインフラ系のキャリアパスを徹底調査

エンジニアのキャリアプラン!開発系とインフラ系のキャリアパスを徹底調査

開発系を代表するシステムエンジニアと、インフラ系のネットワークエンジニアの具体例を挙げながら、IT技術者にどんなキャリアパスがあるのかを解説していきます。

将来性重視で転職をする場合、採用後のキャリアプランによって、目指す職種を変えることもあるのではないかと思います。自らの努力でスキルを高められるエンジニアは、キャリアアップを通して自分の人生を切り開きやすい職業です。

今回は、開発系を代表するシステムエンジニアと、インフラ系のネットワークエンジニアの具体例を挙げながら、IT技術者にどんなキャリアパスがあるのかを解説していきます。

【開発系エンジニア】システムエンジニアの代表的なキャリアプラン例

【開発系エンジニア】システムエンジニアの代表的なキャリアプラン例

システムエンジニア(SE)とは、業務分析や要件定義、システム設計といった上流工程を中心に、システム開発における一連の業務を担う職種です。プロジェクトの人員や進捗によってはプログラミングを担当することもあるSEは、プログラマーからキャリアアップしてくるのが一般的です。システムエンジニアにおけるキャリアプランは、大きく分けて次の2つとなります。

マネジメント職を目指す

SEのキャリアで最も多いのが、プロジェクトマネージャー(PM)と呼ばれるマネジメント職になる道です。プロジェクトマネージャーになるために、必要資格はありません。ですが、現場で信頼されるプロジェクトマネージャーを目指すなら、システム開発の現場で多くの経験を積み上げながら、自ら進んで資格取得の勉強をしていくのが理想です。

システムエンジニアのキャリアアップにおすすめの資格は、基本情報技術者試験やITストラテジスト試験、プロジェクトマネージャ試験などです。これらの資格があると、転職でも有利になります。

スペシャリストを目指す

エンジニアの場合、管理者ではなく開発現場にずっといたい人向けに、スペシャリストという道もあります。スペシャリストとは、どちらかと言えば職種ではなく、優れた能力や技術、経験のある人に与えられるポジションです。システム開発の業界では、SEのスペシャリストに対して次のような役職や職種を設ける会社があります。

・シニアエンジニア

・チーフエンジニア

・開発責任技術者

・高度専門技術者

大手企業の中には、課長待遇でありながら管理権限のないスペシャリスト職を設ける会社もあります。こちらの道を目指すには、幅広い開発現場で経験を積み重ね、先輩や同僚よりも遥かに高いスキルを持つ人材になる必要があります。

【インフラ系エンジニア】ネットワークエンジニアの代表的なキャリアプラン例

【インフラ系エンジニア】ネットワークエンジニアの代表的なキャリアプラン例

ネットワークエンジニアとは、パソコンやソフトウェアなどが動くうえで欠かせないネットワークシステムの要件定義や設計、構築、保守運用を担う職種です。高い技術力を持つネットワークエンジニアには、SI企業やBPO企業での常駐のほかに、データセンターを持つ大企業でも高い需要があります。

まずは上流工程を担当できるようになる

ネットワークを中心とするインフラ系のエンジニアは、まず保守運用などの下流工程から仕事を覚えていきます。こうした業務を通して徐々に経験を積み、要件定義や設計、構築といった上流工程の仕事ができるネットワークエンジニアへとキャリアアップしていくのが一般的です。

スペシャリストを目指す

多くのネットワークエンジニアが目指すキャリアパスは、たくさんの知識や技術を習得し、大規模システムやデータセンターなども担当できるスペシャリストになることです。スペシャリストの場合、高収入も期待できます。大きなプロジェクト内で多彩な技術者と仕事をする場合、スキルのほかにリーダー職以上の能力も求められます。

コンサルタントを目指す

企業のネットワーク診断や改善提案をおこなうコンサルタントも、ネットワークエンジニアが目指せるキャリアパスです。この職種に就いた場合、ネットワーク案件のプロジェクトマネジメントを担当することもあります。

ネットワークエンジニアがコンサルタント系の仕事をする場合、QCD(Quality:品質、Cost:コスト、Delivery:納期)などのプロジェクト管理能力や診断、提案といった、IT技術以外のスキルも求められます。

一般的には、設計や構築のできる上流工程の役割をマスターしてから、スペシャリストからコンサルタントにキャリアアップしていくのが主流です。この方向で目標設定するときには、ネットワーク系の資格だけにこだわらず、PMPやプロジェクトマネージャなどの取得も目指してみてください。

セキュリティエンジニアを目指す

ネットワークやサーバなどのインフラ系は、セキュリティエンジニアとの融和性も高い職種です。セキュリティ分野の知識やスキルは、ネットワークエンジニアの仕事にも十分役立ちます。

このキャリアパスを目指すときには、今の仕事を通して知識や技術を向上させながら、シスコ技術者認定や情報セキュリティスペシャリスト試験、CompTIA Security+などの資格を取得してみてください。セキュリティ系とネットワーク系の資格が両方あると、好条件の求人に応募しやすくなります。

製品系エンジニアを目指す

ネットワークエンジニアには、ネットワーク機器メーカーに特化した技術者の道もあります。例えばCisco(シスコ)の場合、この会社の資格をたくさん取得することでキャリア形成が可能です。こうした資格を持っていると、Ciscoネットワークエンジニアの求人にも応募できます。

このほかに、製品系エンジニアには、スキルに合わせてCCNA、CCNP、CCIEと順に取得する方法や、CCNPの全資格を取得する道もあります。

エンジニアにおける管理職というキャリアパス

会社勤めをするサラリーマンエンジニアの場合、一般企業と同じ係長や課長、部長といった管理職になるキャリアパスもあります。

管理職とは?エンジニアのマネジメント職と何が違うの?

管理職とは、企業の組織管理や運営にあたる役職の総称です。こうした肩書きは、人事評価や社員教育の基準としても用いられます。これに対して、システム開発などの現場で活躍するプロジェクトマネージャー(PM)は、そのプロジェクトだけの管理や調整をする職種です。

「管理をする仕事」としては共通点のある管理職とプロジェクトマネージャーですが、本来の目的や管理するメンバー数などに大きな違いがあります。

エンジニアの役職や肩書きについては、『エンジニアが目指せる2つの役職と肩書き!職種や役割との違いを徹底解説』の記事で詳しく解説しています。こちらもぜひチェックしてみてください。

エンジニアが管理職になると何が変わるの?

課長や部長になった場合、現場を離れて管理の仕事にまわる可能性が高いです。この場合、次のような業務に専念するのが一般的です。

・部内における人員調整

・評価面談

・稟議書や届出書の承認

・経営資料作成

・幹部会議への出席

管理職が飽和状態になっている企業などでは、プロジェクトマネージャーの役割を兼ねるプロジェクト担当課長などを設けることもあります。

エンジニアにおける管理職までのキャリアパスとは?

管理職に出世するには、キャリアアップと同様に現場の仕事で成果を出し、上司や人事担当者から高評価を受ける必要があります。「仕事を頑張る」という意味では、他のキャリアパスと管理職に大きな違いはありません。

ただし、大きな組織の管理運営や企業経営に携わる管理職の場合、コミュニケーション力やリーダーシップ、協調性といった能力も求められます。また、課長や部長になるには、現場作業ばかりに専念するのではなく、社内でより良い人間関係を築く心がけを持つようにしてください。

まとめ

エンジニアには、開発系・インフラ系ともに多くのキャリアパスが用意されています。上位職種のプロジェクトマネージャーやコンサルタントなどを目指すときには、必要な資格を早めに取得するのが理想です。

自分のなりたいキャリアプランが見つからない人には、キャリアコンサルタントの国家資格を持つ担当者がたくさん在籍する、パソナテックでエンジニアとして活躍する道もおすすめです。パソナテックには独自のキャリアアップ「PT-ITSS」も用意されています。パソナテックがITプロフェッショナルのために体系化した独自のフレームワークですので、気になる方はぜひ登録をしてみてください。

エンジニアのキャリアアップ|パソナテック

登録拠点登録拠点

パソナ

パソナテックは全国10拠点にて、転職相談・お仕事紹介・各種イベント・セミナーを実施しています。

ページトップ