AWSとは?できることを簡単に説明します

AWSとは?できることを簡単に説明します

AWSのサービスの内容や、どのようなことができるのかについてイメージするのは少し難しいものです。そこで今回は、AWSについてわかりやすく解説します。AWSのメリットやできることについて理解して、活用法をイメージしていただけたら幸いです。

Webサーバーやストレージ、データサービスなどの機能について、クラウドサービスを活用する企業が増えています。その代表的なサービスが、Amazonが提供するAWSです。

しかし、実際に利用したことのない方にとってAWSのサービスの内容や、どのようなことができるのかについてイメージするのは少し難しいものです。

そこで今回は、AWSについてわかりやすく解説します。AWSのメリットやできることについて理解して、活用法をイメージしていただけたら幸いです。

AWSとは

AWSとは

まずは、AWSの概要や特徴をご紹介します。

AWSはAmazonが提供するクラウドサービス

AWS(Amazon Web Services)とは、Amazonが提供しているクラウドサービスです。サーバーやデータベース、ストレージなどのサービスがクラウド上で提供されており、ユーザーは必要なサービスを個別に利用できます。

AWSは、元々Amazonが自社のサービスを提供するために構築したシステムのノウハウを活用して、2006年に公開されました。

近年、自社にサーバーや機器を設置せずに、クラウドのサービスを利用する企業が増えています。

AWSのような企業や個人に対してオープンに開放されているクラウドサービスのことをパブリッククラウドといいますが、調査会社MM総研によるとパブリッククラウド市場は2018年から2019年の1年間で年率21.7%の伸びを見せています。

この傾向は今後も継続し、企業のネットワークやデータベースはクラウドサービスの利用者が主流になっていくものと予測されています。

クラウドサービスにおけるAWSの立ち位置

パブリッククラウドを提供している企業としては、AWS(Amazon)、Azure(Microsoft)、Google Cloud Platform(Google)、Bluemix(IBM)の4社で、多くのシェアを占めています。

中でもクラウドサービス黎明期からのリーダーであるAWSは、長くクラウドサービスのNo.1シェアを誇っており、確固たる地位を築いています。

AWSでできること

AWSでできること

企業のネットワークや情報システムの担当者が気になる点は、「AWSを導入した場合にどんなことができるのか?」ということだと思います。AWSでできることを、わかりやすくご紹介します。

AWSでは100種類以上のさまざまなサービスを提供

AWSでは、サーバーやネットワーク、データベース、ストレージ(データ保存)、バックアップなど、100種類以上ものサービスが提供されています。

そして、AWSは次々と新たなサービスが登場しています。例えば、IoTシステムの構築や機械学習、画像認識といった最新の機能まで提供されており、コンピューターを使ってできることの大半はAWSを利用すれば実行できます。

AWSの具体的なサービス

100以上あるAWSのサービスの中から、よく利用されているサービスの概要をご紹介します。

・AmazonEC2(Amazon Elastic Compute Cloud)

AmazonEC2は、AWSの仮想レンタルサーバーです。大きな特徴は、利用する容量やアクセス量によって料金が自動的に変化することです。

自社サーバーの場合、キャンペーンなどで一時的に自社Webサイトへのアクセスが急増するとサーバーがパンクしてしまいます。かといって、ピーク時に合わせて容量を多く設定すると、平常時にコストが高くついてしまいます

AmazonEC2は利用料に応じて流動的に料金が変化するため、余分なコストの発生を抑えることができます。

・RDS(Amazon Relational Database Service)

RDSはAWSのデータベースサービス(顧客リストや商品リスト、従業員名簿などの情報を効率的に管理できるサービス)です。

自社のPCにデータベースを構築する場合は、データベースのソフトやバックアップなどのセットアップが必要ですが、RDSは契約後すぐにデータベースの機能を利用できます。

・Amazon CloudFront

Amazon CloudFrontは、動画や画像などのコンテンツファイルを簡単に配信できるサービスです。EC2のように従量課金制をとっており、利用した分だけ費用が発生します。

・Amazon S3(Amazon Simple Storage Service)

Amazon S3はAWSのストレージサービスです。データをクラウド上に保管して、どこからでも閲覧や編集をおこなうことができます。複数のシステムにまたがって自動保存されているので、エラーや障害によりデータが消える可能性が極めて低いです。

ほかのサービスと連携させることで、データへの従業員ごとにアクセス権限を設定するなど、細かな設定も可能です。

AWSを利用するメリット・デメリット

AWSを利用するメリット・デメリットを解説します。

メリット

AWSを利用するメリットは以下の通りです。

1.コスト削減

AWSの多くのサービスは従量課金制なので、使用した分の料金しか発生しません。月々によって利用する容量が異なるケースなどでも余分なコストを支払う必要がありません。

また、自社にサーバーを構築する場合は機器の購入費用や工事・設定費用が掛かりますが、クラウドサービスの場合は月額のみで利用できる点もメリットです。

2.セキュリティ

最高レベルのセキュリティ強度を必要としている金融機関や政府機関が、サーバーをAWS上に設置しているという事実からわかる通り、強固なセキュリティレベルを誇っています。

サービスの個々にセキュリティ対策が徹底されているほか、アクセス権限の設定、ファイアウォールの構築などセキュリティレベルを高めるサービスも充実しています。

また、高度化・多様化するサイバー攻撃に対して、日々セキュリティ機能を増強している点もAWSのメリットです。

3.柔軟性と拡張性

企業が急成長する際や新たなサービスをスタートする際などに、データ容量が不足してしまったり、CPUの処理速度が追い付かなくなったりすることがあります。AWSは、クラウドサービスなので、設定を変更するだけで簡単に容量を追加できます。この柔軟性と拡張性もメリットです。

デメリット

AWSのデメリットは以下の通りです。

1.全体像の把握が難しい

AWSでは、100以上のサービスが提供されており、さまざまな機能が利用できますが、機能が多すぎることから使いこなすのが難しいかもしれません。AWSのサービスは一般的に複数のサービスを連携させることで利便性が向上しますが、どんなことができるのか、どのようなサービスが自社に合っているか、といった知識が必要です。

さらに、AWSは次々と新たなサービスが登場するので、最新のトレンドを知ることも大切です。

2.特有の概念がある

AWSには、従来の設置型のサーバーやデータベースなどとは異なる独特の概念があります。また、AWSのWebサイトを見ても、用語や文章の言い回しが独特で、慣れない方には内容の理解が困難であるケースもあります。

まとめ

近年、利用者が飛躍的に増えているAWSは、Amazonが提供するクラウドサービスです。

クラウド上にある仮想レンタルサーバーやデータベースといった基本サービスから、IoTシステムの構築や機械学習などの最新機能まで、100以上のサービスを利用できます。

AWSは、初期費用が抑えられることや、使用した分だけしか費用が発生しないこと、柔軟性や拡張性、可用性(災害が生じてもシステムが稼働すること)、セキュリティに優れているなど、多数のメリットがあります。

ただし、独自の概念や最新機能を理解しなければ使いこなせないこともあるため、利用する前にサービスの仕様についての確認や最新情報のキャッチが欠かせません。

登録拠点登録拠点

パソナ

パソナテックは全国10拠点にて、転職相談・お仕事紹介・各種イベント・セミナーを実施しています。

ページトップ