デジタルマーケティングとは?重要性ややりがい・年収など紹介!

デジタルマーケティングとは?重要性ややりがい・年収など紹介!

デジタルマーケティングを目指している方に向けて、ここでは、デジタルマーケティングの重要性ややりがい、年収の目安をご紹介します。

デジタルマーケティングを目指している方に向けて、ここでは、デジタルマーケティングの重要性ややりがい、年収の目安をご紹介します。デジタルマーケティングは、業務遂行の難易度は高いですが、成長が実感でき、達成感や働きがいのある仕事です。

デジタルマーケティングとは

デジタルマーケティングとは、インターネットやデジタルデバイスを活用したあらゆるマーケティングを指す総称です。Webマーケティングと混同されがちですが、Webマーケティングもデジタルマーケティングの中の一つで、Webサイトに特化したマーケティング手法です。

一方で、デジタルマーケティングはあらゆるデジタルデバイスを横断し、スマートフォンなどの端末情報から商品のIoT情報、リアルのイベント反響、来店データ、販売履歴などの様々な活動データを集約して分析し、マーケティングに活かします。

既存顧客の囲い込みや潜在顧客の顕在化、見込み層の掘り起こし手段として、検索エンジン最適化(SEO)やSNS、メールマガジンなどのデジタルチャネルを活用します。いまや多くの企業が行っているマーケティング手法であり、インターネット時代にはなくてはならない手法です。

デジタルマーケティングの詳しい仕事内容については、以下の記事をチェックしてみてください。
デジタルマーケティングの仕事内容や必要なスキルを解説

デジタルマーケティングの重要性

デジタルマーケティングの重要性

現代ではスマートフォンの普及やメディア・コンテンツの多様化にともない、Webマーケティングだけでは大きなビジネス効果が期待できなくなりつつあります。

経営課題や事業課題の解決のためにも重要

Webマーケティングが登場した頃と比較して、現在使用されているデジタルデバイスは非常に多岐にわたり、スマートフォンを通して消費者の様々な行動に関する情報を取得しやすくなりました。

また、IoTの普及により、今まで見えなかった物流と消費のデータも可視化されています。顕在化した経営課題や事業の持つ潜在的な課題を解決するためにも、デジタルマーケティングはなくてはならない存在となっています。

Webマーケティングだけでは潜在顧客を獲得しづらくなってきた

消費者が情報を受け取るメディアやコンテンツも多様化し、商品やサービスの購入ルートも複雑化しているため、従来のようなWeb上におけるSEOやコンテンツマーケティング施策だけでは、潜在顧客を獲得しづらくなっているのです。

一人ひとりの消費者は、商品やサービスの購入を決めるタイミングや感情が異なるため、個人のライフスタイルやバイオリズムにまで合わせた、きめ細やかなマーケティングが求められています。

以前はこのような細かなマーケティングは顧客一人ひとりに営業担当が付くことで対応していましたが、ネットワークと技術の発達によって、蓄積された個々人のデータを解析しやすくなりました。それをマーケティングに活かすことで、アプローチしやすくなっています。

デジタルマーケティングは、様々な個性や趣味嗜好を個々人が持ち、かつテクノロジーが発展したからこそ、必要とされるようになったマーケティング手法だといえるでしょう。

デジタルマーケティングの収入とやりがい

デジタルマーケティングの収入とやりがい

このように経営課題や事業課題と紐付けられ、重要な要素を占めるデジタルマーケティングですが、業界における仕事のやりがいや収入はどうなっているのでしょうか。

デジタルマーケティングの仕事のやりがい

デジタルマーケティングが日本に登場したのは1997年と、IT業界の中でもまだ20余年程度の新しい産業です。そのため、企業規模を問わずベンチャー然とした空気があり、人材の平均年齢も若いのが特徴です。仕事に対するモチベーションが高い若手人材が多く、同世代と切磋琢磨しながら働き、業界と共に成長していけます。

また、要求される業務遂行の難易度は高いものの、社内外の多くの関係者と連携しながら業務を進め、仮説からPDCAを回し、目まぐるしく変わる業界動向のトレンドに対応していくことで、成長を実感できます。

同時に、成長市場であるデジタルマーケティングは社会的にもニーズが高いです。世界最大規模の広告費を有するクライアントの多くが、インターネット広告への広告宣伝費を高く振り分けているため、社会的な需要が高まる業界で働くことそのものが、やりがいにつながるともいえます。

デジタルマーケティング業界は同時に、横のつながりが盛んです。多くのコミュニティーが存在し、勉強会が開催されています。長く在籍すると、一つの企業の中の価値観や仕事の範囲に視野が固まりがちですが、豊富な対人ネットワークによって同業他社やクライアントとのつながりを持つことで、新たな出会いの機会を得られる業界でもあるのです。

そして何より、デジタルマーケティングは仕事の成果が数字で可視化されるため、提案した施策がどれくらいの成果を上げたのか、どれくらい売上に影響を与えたのかが、目で見て実感できる達成感があります。

デジタルマーケティングの収入の目安

収入はあくまでも、就職する企業によります。また、経験や実績が年収に影響するため、キャリア1~3年目程度では一般的に400万円程度が相場です。

新卒からデジタルマーケティングをやるということは非常に稀で、まずはWebマーケティングやマス広告のマーケティングに触れ、知識を習得しながら担当顧客を増やし、ランクアップしていきます。

キャリアが伸びて5~8年目くらいになると、扱うデータの範囲や案件の規模が大きくなり、クライアントごとの予算も高くなっていく傾向にあります。予算規模が大きくなることによって複雑さが増していく分、やりがいや面白さも感じられるようになります。

自身でプロジェクトを進めながらチームを運用するプレイングマネージャーになると、平均年収は550万円ほどになります。クライアントからの信頼を得ることで予算は大きくなり、月に数千万円から時に数億円の予算が動く大規模なプロジェクトを手掛けるようになります。変わりに、規模が大きくなる分、担当クライアントの数は少なくなります。3社~5社程度と、狭く深く向き合っていくことになるでしょう。

また、役員クラスになると年収700万円を超える人も少なくありません。現場から離れることになりますが、まだ新しいデジタルマーケティングの分野で市場と若手を育成していくことになります。

現場に残ってデジタルマーケティングを深く手掛けたいという人は、社会的需要に対して人材の少なさから転職市場の需要が高いので、収入や待遇が好条件の他社へ移るのも良いでしょう。ヘッドハントを受け、1,000万円以上の年収を提示されることも少なくありません。

まとめ

デジタルマーケティングとはあらゆるデジタルツールを活用したマーケティング手法であり、今後の企業活動にとって、なくてはならないものです。

スマートフォンの普及やメディア・コンテンツの多様化にともない、人それぞれに合わせたマーケティングが求められている時代に即しており、今後も大きなニーズがある分野です。業務遂行の難易度は高い分、自分の成長を実感できる仕事でもあります。

収入面もあくまで各企業によりますが、人材が少ないためキャリアアップを目指していくことで1,000万円以上の年収を獲得することも可能です。

登録拠点登録拠点

パソナ

パソナテックは全国10拠点にて、転職相談・お仕事紹介・各種イベント・セミナーを実施しています。

ページトップ