デジタルマーケティングの仕事内容や必要なスキルを解説

デジタルマーケティングの仕事内容や必要なスキルを解説

デジタルマーケターを目指す方、Webマーケターからのスキルアップを考えている方に向けて、デジタルマーケティングの仕事内容や必要なスキルを解説していきます。

デジタルマーケターを目指す方、Webマーケターからのスキルアップを考えている方に向けて、デジタルマーケティングの仕事内容や必要なスキルを解説していきます。

デジタルマーケティングとは

デジタルマーケティングとは、インターネットや電子デバイス、IT技術など、デジタルを利用して得られるあらゆるデータを活用してマーケティングを行い、商品やサービスが売れる仕組みを作ることです。

デジタルマーケティングの具体的手法としては、以下のようなものがあります。

Web集客戦略(SEO、コンテンツマーケティング、SNSマーケティング)

Web広告(クリック課金型広告、ディスプレイ広告、アフィリエイト広告)

マーケティングオートメーション

Eメールマーケティング

デジタルマーケティングが必要とされる背景

近年のインターネットの発達により、新聞や雑誌広告、テレビコマーシャルなど、不特定多数に対するマーケティングの効果が薄れてきました。

スマートフォンやタブレットの普及により、消費者自身が情報を選び、購入・利用をし、口コミサイトやSNSで自ら情報発信をする時代になってきているのです。

消費者が常にインターネットに繋がっている現代では、見込み顧客一人ひとりの行動を分析し、ニーズや購買履歴に基づいて最適なアプローチを行う必要があります。

また、AIによって、複雑化する消費者行動をさらに分析できるようになっており、隠れたトレンドまで考慮するデジタルマーケティングが行われています。

特にAI技術はディープラーニングにより、複雑化する消費者行動の分析が自動化、高度化していき、利益率を向上させることができると予想されます。

デジタルマーケティングの主な仕事内容

デジタルマーケティングの主な仕事内容

デジタルデータの分析と分析結果に基づく企画の立案

デジタルデータの分析と分析結果からの施策立案、そして施策を実行して商品やサービスの販売促進を行うのがデジタルマーケターの主な仕事です。

Webページの閲覧数やページに掲載されている広告のアクセス数、Eメールの開封率、SNSの拡散率や自社サイトへの誘導率などを分析しています。場合によっては実店舗での販売データも分析し、施策を立案し、実行・検証していくことが必要になります。

SEOやWeb広告、エントリーフォーム最適化などの対策、実店舗であればレイアウトの変更など、コストを抑えつつクライアントのイメージに沿い、分析の結果を反映した企画立案が重要です。

データを眺めるだけでなく最終的な成果=コンバージョンへの意識が重要

デジタルマーケティングにおける成果の指標をコンバージョンと言いますが、コンバージョンの測定も重要です。

コンバージョンポイントは目的にもよりますが、サービスの申込みや問い合わせなど売上に近い指標を置くと良いでしょう。

低コストで高いコンバージョン率を獲得するのが理想ですが、コストを抑えることに注力するあまり、指標の設定を誤って肝心のコンバージョン率まで低下してしまうことがありますので、注意しましょう。

Webマーケティングとの違い

デジタルマーケティングと似た分野に、Webマーケティングがあります。

Webマーケティングとは

Webマーケティングとは、Webサイト内に限定したマーケティングのことを指します。Webマーケティングに必要なのは、Webサイトのコンテンツを充実させて顧客を流入させ、いかに購買やサービス利用へのアクションに繋げていくのかを考え、動線を設計することです。

検索エンジンで上位に来るためのSEOや、潜在顧客に見つけてもらうためのコンテンツマーケティング、Web広告による認知度アップ、アクセス解析によるWebサイトの改善などを行います。

Webを中心に施策を行い、一定の期間経過後にWebで取得可能な情報を使って効果測定をして、そのデータをもとに新しい施策を実行して、Webサイトへの流入増加や売上アップを目指します。

デジタルマーケティングはWebマーケティングよりも広い概念

対してデジタルマーケティングは、多様化している様々なチャネルを包括的に取り込みます。

自社Webサイトだけでなく、SNSや口コミサイトといったユーザー側からの発信データも重要ですし、ダイレクトメールなどのEメールマーケティングや、デジタルのポイントカードやクーポンの配布、それらの利用によるフィードバックを分析する必要もあります。

ネットと実店舗を連携させ販売データや顧客のデータも分析し、実際の商品販売の広報や陳列に活用していくことも含まれます。

デジタルマーケティングに必要なスキル・資格

デジタルマーケティングに必要なスキル・資格

必要なスキル1. 情報察知能力

デジタルマーケターに求められるスキルの1つ目が、情報察知能力です。デジタルマーケティング業界では常に情報が更新されており、最新の情報を察知しておく必要があるからです。

最善の手法として実践していても、すぐにより良い手法が世に出ることもままあるのです。

Googeアラートによるキーワードの更新情報のチェックや業界のリーダーの動向チェック、最新の海外事例のチェック、セミナー参加など、最先端のマーケティングに関する情報を即時に仕入れられる状態を作っておくべきでしょう。

必要なスキル2. コミュニケーション力

2つ目に求められるスキルは、コミュニケーション力です。クライアントの求める予算や希望に沿った最適な提案をしなくてはならないため、コミュニケーションを取りながら、クライアントの求める内容をしっかりと理解することが大切です。

また、分析やクライアントへの販売手法の提案だけでなく、他部署との連携が必要になってくる場面もあります。共有事項の報告や相談のためにも、スムーズにコミュニケーションを図る能力が必要です。

必要なスキル3. 創造性

また、デジタルマーケターには創造性も求められています。デジタルマーケティングはまだ開発途中の手法であるため、今後も新しい分析方法や戦略を考え、マーケティングに活かしていくことが求められます。新しい手法を提案し、クライアントごとに最適な戦略手法を考えられる力が必要です。

必要なスキル4. AIやIoTを活用する能力

もちろん、AIやIoTを活用するため、機械学習やデータベースを実装するためのコーディングスキルも求められます。

デジタルマーケティング関連のおすすめの資格

資格を保持していることも、知識やスキルの客観的な証明になります。以下に、代表的な資格を2つ、ご紹介します。

<マーケティング検定>

公益社団法人日本マーケティング協会主催の、マーケティング能力を測定するための試験。

できたばかりの資格で2019年現在では3級のみですが、2020年4月に2級試験、2021年春には1級試験がスタートする予定です。

<ファンダメンタルマーケター資格>

ダイレクトマーケティングについての体系的な知識と実務で使えるノウハウが得られます。デジタルメディア、分析といった、デジタルマーケティングの領域もカバーできるため、デジタルマーケターを目指す方に最適です。10のカリキュラム受講後、修了テストに合格することで資格を取得できます。

まとめ

デジタルマーケティングは、最先端技術やインターネットを使い、売上を増やすための仕組みを作るマーケティング手法です。

主な仕事内容は、インターネット上の各種データや実店舗販売結果に関するデータを取得・分析し、効果的な販売手法をクライアントに提案することです。

Webマーケティングに比べ幅広い情報を扱うため、求められるスキルや知識も多くなりますが、会社の中核を担う非常に重要なポジションです。

今後もよりニーズは高まっていくため、デジタルマーケターの将来性は高いと言えます。

登録拠点登録拠点

パソナ

パソナテックは全国10拠点にて、転職相談・お仕事紹介・各種イベント・セミナーを実施しています。

ページトップ