Pythonとは?特徴・メリット・できること・将来性まで徹底解説

Pythonとは?特徴・メリット・できること・将来性まで徹底解説

Pythonは、今現在様々な分野で大変注目を集めているプログラミング言語のひとつです。PythonはJavaなどのその他のメジャーなプログラミング言語と比較しても、プログラミングの初心者にとってややこしくなく、非常に勉強しやすいといった利点があります。

Pythonは、今現在様々な分野で大変注目を集めているプログラミング言語のひとつです。PythonはJavaなどのその他のメジャーなプログラミング言語と比較しても、プログラミングの初心者にとってややこしくなく、非常に勉強しやすいといった利点があります。

しかし、Pythonのポテンシャルは、単なる初心者向けの簡単なプログラミング言語といった程度のものにはとどまりません。その文法のわかりやすさ、人間にとっての読みやすさといった利便性から、現在様々な分野への応用がなされています。

特に最近では人工知能、いわゆるAIの開発などに用いられるケースも多くなっており、Pythonを使いこなす力が活かせるフィールドは日に日に広がっています。

では、そんなPythonとは一体どんなものなのでしょうか?

早速見ていくことにしましょう。

Pythonの特徴

プログラミング言語としてのPythonの特徴としては、まずその読みやすさが挙げられます。プログラミング言語は、コンピューターに指示を出すための言語であることから、人が日常的に用いる普通の言葉に比べると厳密である反面、人間にとっては論理の流れを追うのが難しくなりがちです。

そのなかでもPythonは文法が非常にシンプルであり、必要最低限の文法しか用意されていないこともあり、読みやすさも書きやすさも非常に優れています。

人間から見た場合の、プログラムの解読のしやすさは、「可読性」などとも言われます。Pythonの特徴は、この可読性の高いプログラムを作りやすいことだともいえます。

またPythonはオフサイドルールという字下げのルールが採用されている言語でもあります。これは非常に大雑把に説明すると、ひとまとまりのアイデアは同じ階層に(つまり、同じだけの字下げで)まとめて書かなければならないということです。

こうしたルールが採用されているために、複数人で作業を分担し合うような場合にも、プログラマーごとの書き方の「クセ」によるバラつきも小さくなり、全体として統一感のある作品が作りやすくなっています。

こうした「複数人での作業に向いている」「全体としての統一感を保ちやすい」といった特徴は、実は日々プログラミングを仕事としている人から見ると、非常に大きな魅力です。なぜなら、プログラミング言語を書いて様々な作品を作っていく実務は、非常に緻密で細やかな作業の連続だからです。だからこそ、多数の人がチームになって力を合わせて取り組むことも大切になるのです。

また、一度完成した作品も、完成してそこで終わりではなく、その後もアップデートやメンテナンスはずっと続くのが通常です。その際にも、プログラマーの「クセ」による書き方のバラつきが大きすぎるようでは、どこをいじるとどう変わるかが事後でわかりにくくなってしまい、業務が滞ってしまうという事態にもなりかねません。

こうしたアップデートのしやすさ・メンテナンスのしやすさは一言で、「保守性」などといわれることがあります。職業としてプログラミングに取り組む人にとっては、プログラムは「ただ動けば良い」というものではありません。保守性の高いプログラムを作ることも含めて実力のうちです。

Pythonというプログラミング言語が現在高く評価されている理由は、この「保守性」の高い作品づくりがやりやすく、多数の技術者を巻き込んだチーム開発に向いている点や、事後の仕様変更に強い作品作りに向いている点にもあります。

Pythonに限らず、プログラマーの仕事の品質が、「可読性」「保守性」といった点にあらわれるものだという点はよく理解しておくと良いでしょう。

Pythonを使ってできること

Pythonを使ってできること

ではそんなPythonですが、これを使ってできることにはなにがあるのでしょうか。

Pythonはプログラミング初心者であっても習得しやすい点、コードがシンプルで読みやすい点などから、複雑な計算処理を行うようなプログラムを組むのに適しています。加えて、Pythonは計算・統計処理で使用できるライブラリが豊富です。

ライブラリとはごく大雑把にいえば、すべてのものを自力で作るような手間をかけずに済ませるための、出来合いの「部品」のようなものだと思っておけば良いでしょう。

こうした言語としての特徴から、大量の計算を要する人工知能分野などでの活用が盛んに行われてきたという経緯があります。また、データ分析などの領域とも高い親和性を持っています。

ほかにも、プログラミング言語としての完成度の高さから、Web系の開発や、組み込み系のプログラムの開発などに用いられることも多いです。そのため、メジャーなプログラミング言語の用途については基本的にほぼすべてカバーしています。YouTubeやEvernoteなどをはじめとして、有名なWebアプリでPythonが開発に用いられた例は少なくありません。

Pythonは初心者にとって学習しやすく馴染みやすいプログラミング言語であるだけでなく、世界で活躍するエンジニアたちの作品づくりでも愛用されているのです。プログラミング言語としての敷居は低くとも、Pythonを用いて行うプログラマーの実務にはそれだけの奥深さがあるのです。

Pythonのメリット

Pythonのメリット

Pythonを用いた開発のメリットは、ほかにも以下のようなものがあります。

メジャーなOSなら種類を問わず実行可能

Windows、Mac、Linuxなど、メジャーなOSであればPythonで書かれたコードはそのまま使うことができます。一度書いたソースコードが、一切書き換えなしにほかの環境でも使えるという点は、技術者にとって非常に大きな魅力です。

ライブラリが豊富である

計算・統計処理に適したライブラリが特に豊富であることは先述の通りですが、ほかにも画像処理・音声処理・動画処理や、自然言語処理、データベースなどに関するライブラリなどが多数用意されています。ウェブ開発のためのフレームワークなどもあり、様々な用途に対応しています。

オープンソースであり、誰でも無料で使える

また、Pythonは開発に必要な環境を無償で整えることができる点も大きなメリットです。誰もが無料で自由に道具としてモノづくりに使うことができ、作った作品の配布や商用利用なども自由に行うことができます。簡単にいうと、自分のパソコンとインターネットにつながる環境さえあれば、誰でもPythonを使って作品づくりを始められるということです。

Pythonの将来性

Pythonは比較的新しい言語であり、若い人を中心に高い注目を集めている言語ではあるものの、アメリカなどと比較して日本ではそこまで普及しているとは言い難い状況もあります。しかし新しい言語であるということは、裏返すとPythonで豊富な実績を持つ技術者も数として少なくなりがちだということでもあります。そのためPythonを得意とする技術者の希少価値は高いものがあります。

今後、AI市場の拡大などに伴って、Pythonを得意とする技術者の希少価値はますます高まっていくことになるでしょう。

もしPythonが得意なエンジニアとしてキャリアを伸ばしていきたいと考えるのであれば、さらに追加で統計学や線形代数、加えてSQLを始めとしたデータベースに関連する知識も習得すると良いでしょう。

Pythonを用いた実務の多くは、人工知能すなわちAI関連の実務と結びついた実務が多い傾向があります。加えてこれらは社会的な需要も高く、人手不足な傾向もあり、知見を持った技術者は市場で高く評価される可能性があります。

機械学習の仕組みなどに関する知識も持っておけば、こうした先端的な分野で上流工程の実務にかかわり、規模の大きな仕事で大きな実績を残せるようなチャンスもぐっと掴みやすくなります。

直近でPythonを扱い、こうした領域での実務に携わる機会がたとえなくても、Pythonエンジニアとしてキャリアを伸ばしていくなら、こうした領域でも何らかの知見を持っていることが周囲からも期待される可能性は大いにあります。

そうした期待を自分のキャリアアップのチャンスに変えていくためにも、機械学習やAIに関連する知見にもアンテナを張っておいて損はないでしょう。

まとめ

Pythonはプログラミング初心者であっても学習がしやすい点が大きな魅力ですが、その学習のしやすさから、Pythonを使いこなす技術を活かせる場は今後ますます広がっていくと考えられます。これからプログラミングができるようになりたい人にとっても、Pythonは特に勉強する価値の高い言語だと言えるでしょう。

登録拠点登録拠点

パソナ

パソナテックは全国10拠点にて、転職相談・お仕事紹介・各種イベント・セミナーを実施しています。

ページトップ