ネットワークエンジニアの仕事内容とは?やりがいについても解説

ネットワークエンジニアの仕事内容とは?やりがいについても解説

ネットワークエンジニアと聞くと、故障にいつでも対応する必要がある、過酷な仕事のイメージが先行してしまっています。システムのインフラとなる部分を司る分、大変な仕事にはなりますが、その分やりがいのある魅力的な仕事です。

ネットワークエンジニアと聞くと、故障にいつでも対応する必要がある、過酷な仕事のイメージが先行してしまっています。システムのインフラとなる部分を司る分、大変な仕事にはなりますが、その分やりがいのある魅力的な仕事です。

ここでは、ネットワークエンジニアの仕事内容や、やりがいについて解説していきます。

ネットワークエンジニアの仕事内容とは?

ネットワークを構築して運用する仕事

ネットワークエンジニアとは、ネットワークを構築して運用することに特化したエンジニアのことです。サーバと端末、サーバ同士を繋ぐネットワークの構築・運用・保守を行います。

システムエンジニアとは違い、ルーターやスイッチなど物理的な機械に触ることも多いのが特徴です。ケーブルを誰かが引っ掛けて抜くような事態を起こさないように、配線方法などまで考えなければなりません。

トラブルが発生した際には迅速な対応が求められる

万が一、ネットワークが繋がらないトラブルが発生した場合は、迅速な対応が求められます。一般消費者向けに提供しているサービス、ホームページの場合は、それだけで会社を揺るがす事態にもなりかねません。当番制など、体制はきちんと考えられていますが、いざというときは緊急で出社して対応することになります。

運用保守の経験を積んでから設計・構築を担当することが多い

ネットワークエンジニアの仕事内容は、以下のような領域に分かれています。

・要件定義

・設計

・構築

・保守

・監視・運用

最初は運用保守から始まり、スキルや経験を積んだ後に要件定義や設計・構築部分も担当していくことが多いです。トラブル対応のためにネットワーク環境を把握することは、次の設計・構築を担当する際に必ず役に立ちます。

ネットワークエンジニアの仕事内容については、以下の記事でも触れていますのでぜひチェックしてみてください。

関連記事:ネットワークエンジニアとはどのような職業なのか?仕事内容・年収・資格について

ネットワークエンジニアのやりがいとは?

ネットワークエンジニアのやりがいとは?

ネットワークエンジニアはシステムに関する広範囲の知識が必要であり、十分なスキルを持った人はいつでも取り合いの状態です。クラウドサービスによって接続方法の仕様が異なるなど、固有の知識がないと対応できない部分もあります。反対にそのスキルがあれば、それを武器にして高収入を目指すことができます。

構築していく上では苦労が多いネットワークですが、無事に繋がったときの達成感はひとしおです。

実機を使っての検証作業も多く、検証段階であれば、気になることは納得が行くまで試すことができます。

また、ネットワーク障害が起きた際に、指揮を執るのもネットワークエンジニアの仕事です。ネットワークが復旧した後、各システムが正常に動くかはそれぞれのシステム担当が確認します。データの流れに沿って順番に検証を行うプロセスを進めるにあたり、頼れる存在になります。

ネットワークエンジニアの仕事の大変さとは?

システムを開発する方や、システムを使う方からしてみれば、ネットワークは繋がって当たり前のものです。反対に繋がらないだけで大きな問題になります。

万が一運用中の環境でネットワーク障害が発生した場合、すべての業務をストップしてでも、ネットワークの復旧が最優先になります。たとえそれが深夜でも修理作業のために駆けつけることになります。最悪の場合にはなりますが、短時間で復旧しないとなると徹夜してでも復旧作業を完遂しなければならないのが最も大変な部分です。

ネットワークの構築段階であっても、システムの稼働に影響を出さないように、他システムが動いていない土日や時間外に作業を行うことが多いです。もちろん代休が用意されており、作業した分の残業代は出ますが、連休中に作業が集中してしまうと少し辛い部分でもあります。

稼働しているシステムや、構築しているシステムに影響を出すわけにはいかないので、決められた期間でやりきる必要もあります。予定していた作業が時間内に終わらない場合、残業になってしまうので、参画するプロジェクトによっては一時的に残業時間が増えてしまうことも予想されます。

ネットワークエンジニアに向いているのはどんな人?

ネットワークエンジニアに向いているのはどんな人?

緊急事態の対応力に注目されがちなネットワークエンジニアのスキルですが、構築時にはまた違ったスキルが必要になります。ネットワークエンジニアに向いている人は以下のような人です。

実機を触るのが好きな人

ルーターやスイッチ、LANケーブルなど実機を実際に繋ぐことが多いため、実機を触ることに抵抗がない人が向いています。引っ掛けないように配線できることや、限られた電源やポートをうまく使うことも大事なスキルです。

新しい技術を貪欲に吸収する意欲がある人

ネットワーク技術は常に進化を続けており、その情報を自分で収集できる力が必要になります。得た知識を活用できるだけのスキルも必要です。特にセキュリティの分野ではいたちごっこが続いているので、新しい事象が確認された場合、迅速に対応しなければなりません。

忍耐力と遂行力がある人

ネットワークの作業は、無事に繋がるかどうかの1点に集約されます。途中で中断できるケースは稀です。構築時はもちろん、特に障害発生時は、復旧して繋がるまで作業を完遂する必要があります。他のトラブルが誘発されたとしても、冷静に対応できる人が求められます。

土日作業や深夜作業が苦にならない人

ネットワークの構築作業は、業務に影響が少なく、他の方が作業していない土日や深夜になることが多いです。プロジェクトが切羽詰まってくると毎週末、作業が発生することもあり得ます。代わりのお休みはきちんともらえますが、プロジェクトに関わっている時期は家族や友人とお休みを合わせにくい状態になります。

新しい知識を吸収するために積極的な人

小さなプロジェクトに関わると、ネットワークメインのエンジニアが自分一人といったこともあり得ます。作業自体は手伝ってもらえても、最新情報は自分で持ってこなければ誰も教えてくれません。アンテナを高くして常に最新の情報が得られる状況を作りましょう。

コミュニケーション能力がある人

特に構築時は、現状業務の把握などの必要から、サーバサイドのエンジニアやエンドユーザーとしっかりコミュニケーションを取る必要があります。後から、繋がるべきところが繋がらないとなると、取り戻すのは大変です。また、社内のネットワークは会社によって構築の仕方が異なります。その会社独自の方法を学ぶためにも、知らないことは先輩に積極的に確認しましょう。

まとめ

ネットワークエンジニアは、ネットワークを構築、運用保守する仕事のため、システムエンジニアよりも専門性の高い仕事となります。その分、自分でスキルアップしていくこともできる上に、それによって高収入を目指すこともできる魅力のある仕事です。繋がったときの達成感は他の仕事では味わえません。

土日作業や深夜作業が多いことや、障害時には最優先で対応が必要なことは間違いありません。それでもインフラを担う一人として頼られるやりがいのある仕事です。

パソナテックにはネットワークエンジニアの求人がたくさんあります。やりがいのある仕事に興味を持った方は、まずはパソナテックに登録して情報を集めましょう。

パソナテックのネットワークエンジニアの求人の詳細をチェック

登録拠点登録拠点

パソナ

パソナテックは全国10拠点にて、転職相談・お仕事紹介・各種イベント・セミナーを実施しています。

ページトップ