ネットワークエンジニアに将来性はあるのか?ネットワークエンジニアの現状と今後の展望を解説

ネットワークエンジニアに将来性はあるのか?ネットワークエンジニアの現状と今後の展望を解説

ネットワークエンジニアとして働いているが今後のキャリアパスに不安を持っている方や、ネットワークエンジニアへの転職を考えている方を対象に、ネットワークエンジニアの現状や将来性、今後の展望を解説していきます。

IoTで様々なものがインターネットで繋がるようになりましたが、その繋がる環境を支えるのがネットワークエンジニアです。ここでは、ネットワークエンジニアとして働いているが今後のキャリアパスに不安を持っている方や、ネットワークエンジニアへの転職を考えている方を対象に、ネットワークエンジニアの現状や将来性、今後の展望を解説していきます。

ネットワークエンジニアとは?

コンピューターネットワークに特化したエンジニア

ネットワークエンジニアとは、通常のシステムエンジニアとは専門分野が少し異なります。コンピューターネットワークに特化したエンジニアであり、プログラムを書いてソフトウェアを作るエンジニアとは業務内容が違います。

仕事は主に、ネットワークの設計、構築、監視・運用の3段階に分かれ、それぞれの段階で必要となるスキルがあります。設計時には利便性とセキュリティの両面のバランスをとりながら、最適なポイントを探る必要があります。構築は手順がいくつにも分かれ、順番にテストしつつ作る必要があるので、しっかり段取りを立てられる人が重宝されます。

無事稼働した後も、完全に手から離れるわけではありません。設計時に想定されていなかった事態が発生すれば、改めて運用方法を考えることもあります。セキュリティ上の侵入など、異常がないかどうかの確認も含まれます。

ネットワーク以外にも幅広い知識が必要

幅広い知識が必要なのは、どの段階でも変わりません。ネットワークの知識以外にも、Webサーバ、アプリケーションサーバ、DNS、メールなどに関する知識を保有している必要があります。ネットワークに繋がらないトラブルの問い合わせは、全てネットワークエンジニアに来てしまうため、各担当者と協力して原因究明にあたる立場になります。

案件の規模によっては設計から構築〜運用まで1人で行うこともある

小規模案件になるとネットワークエンジニア一人で設計から構築、その後の運用まで行うこともあります。他にネットワークに詳しい人がいなければ、自分で情報を集めて調査や検証をしながら案件を進めていくこともあります。

関連記事:

ネットワークエンジニアとはどのような職業なのか?仕事内容・年収・資格について

ネットワークエンジニアの仕事内容とは?やりがいについても解説

ネットワークエンジニアの現状は?

ネットワークエンジニアの現状は?

オンプレミスのサーバに必要なインフラはだいたいの企業がネットワーク構築を終えており、どちらかと言えば保守運用のニーズが高まっています。ネットワークが切れると全ての業務が止まってしまうことになるので、常に正常に稼働していることが必須の要件となります。特に機器の警告は見逃さずに手を打つ必要があります。

重ねて、最近では不正アクセスの防止や通信量増大によるネットワークトラフィックの解消など、運用中に発生する障害に素早く対応できるネットワークエンジニアが求められています。サイトが繋がらなくなったり不正アクセスで情報が流出したりすると、企業の信用問題にもかかわるので責務も重大です。

企業内の端末も無線LANで繋がっていることが多いです。工場内の端末など、IoEが進めば進むほど、全ての端末が無線LANで繋がっていきます。建物の構造によって無線LANが繋がらないこともあり、無線の特性を理解して、顧客要望をくみ取れるエンジニアの人気が高まっています。

ネットワークエンジニアの将来性は?

ネットワークエンジニアは慢性的な人手不足

ネットワークエンジニアは慢性的に人が足りない状態です。運用体制次第ですが、ネットワーク監視などで夜間対応が必要なこともあり、場合によっては3交替での勤務になります。もちろん体に負担がかからないように、シフトは管理してもらえますが、夜勤の苦手な方には敬遠されてしまう職業でもあります。またシステム開発の現場で、基盤となるネットワークができあがっていないと、開発スケジュールに支障をきたすことにもなりかねません。

ネットワークエンジニアの仕事はなくならない

よりセキュリティの高い、遅延の少ないネットワークインフラは社会がIT化する上では、必須のものとなっています。そのためネットワークエンジニアの仕事がなくなることはありません。5Gなど技術の進化についていくために、常に改善を検討するタスクが残ります。

重ねて、ネットワーク機器も保守期限があります。3年から4年程度が一サイクルになるのが一般的で、一つの機器を10年も使えることはまずありません。リプレース作業は必ず必要です。どの新しい機器を購入するかの選択や、購入した機器を使った設計や構築はネットワークエンジニアの仕事になります。

本社移転など、会社が建物を引っ越す場合は機器が変わらずとも、ネットワークの再構築が必要です。同じようにセキュリティ性の高いネットワークを構築しなければならないのはもちろんですが、電源の位置や、電波の飛び具合まで含めて、改めて検討する必要があります。

引っ越しや大掛かりな機器入れ替えなど、会社にとって大きなイベントの際はネットワークエンジニアの出番となり、仕事がなくなることはありません。新しい情報を常に仕入れながら仕事をしなければいけませんが、将来性のある仕事と言えるでしょう。

ネットワークエンジニアとして末永く活躍していくために必要なこととは?

ネットワークエンジニアとして末永く活躍していくために必要なこととは?

セキュリティを考慮したネットワークの設計や構築ができること

今のネットワークは特にセキュリティへの関心が高まっています。不正アクセスが原因の問題が、会社を揺るがす事態になりかねません。セキュリティをきちんと考慮したネットワークの設計や構築ができるエンジニアが求められます。悪意を持った攻撃も常に新しくなります。いたちごっこが続くところではありますが、最新情報をきちんと手に入れて適切に対処していく必要があります。

今後はクラウドへの対応が必須!クラウドに対しての知識があること

最近はサーバ自体が全てクラウド上にあることも多いです。オンプレミス形式の開発案件が減少していくことが予想されるので、従来通りのネットワークを構築するスキルだけでは足りなくなってきています。クラウドサーバを提供するサービスでも、ある程度のセキュリティは保証されていますが、自社でサービスを担保するには細かい設定まで調べて理解しなければいけません。サービス提供側の都合で変更がかかることもあり、常に情報収集が必要です。アメリカなど、英語圏のほうが情報の公開が早いこともあり、英語の記事も読める人が重宝されます。

ネットワークはもちろん、クラウドサーバ、セキュリティなど広い範囲の最前線の知識が必要になるのがネットワークエンジニアです。オンプレミスからクラウドにサーバを置き換えるなど、プロジェクトの規模も大きくなることが多いです。人数の多いチームをまとめて、プロジェクト自体を成功に導けるスキルがあると、さらに付加価値のあるネットワークエンジニアとして重宝されます。

まとめ

技術職となるシステムエンジニア系の仕事の中でも、特にネットワークエンジニアは最新情報に敏感になる必要があります。末永く活躍するために、常に最前線の知識を身につけておくことは必須事項となります。会社や仲間から受け身で情報をもらうのではなく、自分で情報を集められる情報源をきちんと確保できる人が向いています。

特にクラウドに関する情報やスキルは必須です。現状ではすぐに必要のない方でも、先にクラウドの知識を身につけておいて損はありません。基本の情報をある程度入れておくと、いざというときに最新情報も得やすくなります。

今の社会はコンピューターネットワークが不可欠になっています。その中で、ネットワークエンジニアは今後も需要が高く、将来性のある職業と言えます。パソナテックにはネットワークエンジニアの求人もたくさん掲載しているので、ぜひチェックしてください。

パソナテックのネットワークエンジニアの求人の詳細をチェック

登録拠点登録拠点

パソナ

パソナテックは全国10拠点にて、転職相談・お仕事紹介・各種イベント・セミナーを実施しています。

ページトップ