ネットワークエンジニアとはどのような職業なのか?仕事内容・年収・資格について

ネットワークエンジニアとはどのような職業なのか?仕事内容・年収・資格について

ネットワークエンジニアの仕事内容や年収、取得しておきたい資格などについて、ネットワークエンジニアへの転職を考える方々と一緒に不明点を解消していきます。

ネットワークエンジニアの仕事は具体的にどのような職業であるのか、少しイメージしにくい側面もあります。

そこでここでは、ネットワークエンジニアの仕事内容や年収、取得しておきたい資格などについて、ネットワークエンジニアへの転職を考える方々と一緒に不明点を解消していきます。

ネットワークエンジニアとは?

ネットワークエンジニアとは、コンピュータネットワークの保守運用や構築をおこなう技術者です。安定した需要のあるこの職業には、実力や経験により大きく収入アップを目指せる魅力があります。

現場で評価・信頼の高いネットワークエンジニアとして活躍するには、後述するさまざまなスキルや知識の習得が必要です。

ネットワークエンジニアの主な仕事内容・年収は?

ネットワークエンジニアの主な仕事内容・年収は?

まず、ネットワークエンジニアにおける20代の平均年収は、約370万円です。これが30代になると、約550万円まで平均年収がアップします。

各個人の経験や技術によって年収が大きく変わるネットワークエンジニアで高収入を目指すには、次のように幅広い業務を担当しながら、勉強やスキル向上に励む必要があると考えられます。

また、求人サイトにも出てくる主な仕事内容は、ネットワークエンジニアを志す上で必ずチェックしておきたい情報であると捉えてください。

要件定義

このフェーズでは、洗い出した顧客の要望や問題点を解決する目的でネットワークシステム全体の構想を考え、要件定義書の作成をおこないます。

要件定義をするネットワークエンジニアには、CCNPもしくはCCIE、TCP/IPなどの専門知識の他に、当然のことながらお客様とのコミュニケーション能力も求められます。

設計

ネットワークエンジニアが携わる設計には、基本設計・詳細設計・運用設計の3つがあります。顧客の要望に沿ったネットワークを考えるためには、サーバや各種OS、セキュリティなどの知識が必要となります。

また、設計段階で社内外の打ち合わせや調整の多いこの職業では、提案力やヒアリング力、プロジェクト推進力も必要不可欠です。

構築

設計内容にもとづき、ネットワーク機器をラック上に配置したり、機器同士を専用ケーブルで接続するといった作業全般を構築と呼びます。

コンピュータルームの床下にケーブル敷設などもおこなうネットワークエンジニアは、狭い場所での手先の器用さも求められる職業です。

機器の設置や接続が終わった後は、ネットワークシステムが設計書どおりに動くかどうかのテストや確認も必要となります。

保守

ネットワークシステムの障害や故障の発生時に、復旧対応をするフェーズです。必要に応じて設置機器の交換をすることもあります。

経験の浅いネットワークエンジニアの中には、保守や監視の業務を通して、ネットワーク構成や機器全般の知識を学ぶ人も多いです。

しかしながら迅速なトラブル対応が求められる保守は、特に豊富な経験と知識、判断力が必要な業務であるとも考えられています。

監視・運用

監視や運用は、構築されたネットワークの正常通信に欠かせない維持管理の仕事です。専用ソフトを用いた監視は、24時間365日の交代制で複数人のエンジニアが従事するのが一般的となっています。

一方で運用には、パソコンの増減に合わせたネットワーク構成の変更や、ユーザアカウントの管理、機器のアップデートといった非常に多彩な業務があります。

また、機器の再構築やリプレイスなどにも携わるネットワークエンジニアの場合、提案・設計などの上流工程だけでなく、トラブル対応やコールセンターに近い仕事を兼務するケースも少なくありません。

ネットワークエンジニアになるために必要な知識とは?

ネットワークエンジニアとして活躍するためには、ネットワーク以外にもIT分野における多彩な知識が必要です。まず、コンピュータシステムとの連携が不可欠となるネットワーク通信では、アプリケーションサーバやWebサーバ、メールサーバ、DNSサーバといった非常に幅広い知識が求められます。

また、これからの時代に活躍できるネットワークエンジニアを目指すためには、仮想化やクラウドの知識も欠かせません。

ネットワークエンジニアになるために資格は必要なのか?

ネットワークエンジニアになるために資格は必要なのか?

ネットワークエンジニアは、資格取得をしなくても従事できる職業です。しかしながら次のような専門資格を保有する技術者の場合、当然のことながら社内評価がアップしたり、希望の会社に転職したりしやすくなる実情があります。

ネットワークスペシャリスト

ネットワークスペシャリストは、経済産業省により国内実施されているネットワーク関連試験の中で最難関のスキルレベルの内容です。

この資格を取得すれば、ネットワークの構築から管理、運用、保守まで全て担える一人前のネットワークエンジニアであることを、面接などでアピールしやすくなります。

CCNA

世界最大手のネットワーク機器メーカー・シスコシステムズの民間資格です。CCNAを保有する人は、同社のスイッチやルーターなどを取り扱う技術や知識があることの証明ができます。

また世界共通の資格であるCCNAは、就職・転職時に多くの企業で高く評価されています。

ITパスポート試験

経済産業省所管の独立行政法人IPAが認定するITパスポートは、ITに関する基本的な知識があることを証明する国家資格のひとつです。

普段の暮らしの中でIT活用をする全ての人を対象としているこの試験は、将来的にネットワークエンジニアを目指す人の入門資格としてもおすすめとなります。

基本情報技術者試験

ITエンジニアの登竜門と呼ばれる、IPA認定の国家試験です。この業界で活躍する技術者全般を対象としたこの資格は、ネットワークエンジニアに特化したものではありません。

しかしながら、情報戦略に関する分析や予測、評価のできる人材であることの証明になる基本情報技術者試験は、ネットワークエンジニアを目指しステップアップする上で取得して損のない資格です。

ネットワークエンジニアのキャリアパスとは?

ネットワークエンジニアのキャリアパスには、大きく分けて2つの道があります。

・プロジェクトの統括管理をする「ゼネラリスト」

・技術を極める「スペシャリスト」

ゼネラリストとして活躍できる、ITコンサルタントやプロジェクトマネージャーなどの職種を目指す際には、プレゼンテーション力や調整力、コミュニケーション力といった高い対人スキルが求められます。

一方でネットワークのスペシャリストを志す場合は、現場で多くの実務経験を積みながら、幅広い知識の習得とスキルの向上に努める必要があります。

一般的に高評価を得られやすいのは、上位工程を担当するゼネラリストです。しかしながら、圧倒的に卓越した知識やスキルを持つスペシャリストの場合、現場における評価・信頼は上流担当よりも遥かに高くなる実情があります。

まとめ

コンピュータネットワークの構築や保守運用をおこなうネットワークエンジニアは、資格取得をしなければ従事できない職業ではありません。しかしながら、就職・転職のしやすさや現場で得られる評価を考えると、なるべく取得するのが望ましいと考えられます。

またこの職業には、プロジェクト管理をおこなうゼネラリストと、技術を極めるスペシャリストという2つの道があります。

IT業界や技術者の転職に特化したパソナテックでは、ネットワークエンジニアの求人を数多くご用意しています。この仕事に興味があり、将来的にネットワークエンジニアを目指す方はぜひ登録をしてみてください。

パソナテックのIT求人情報の詳細をチェック

登録拠点登録拠点

パソナ

パソナテックは全国10拠点にて、転職相談・お仕事紹介・各種イベント・セミナーを実施しています。

ページトップ