Pythonでできること8選!仕事への活用方法から学習方法まで解説

Pythonでできること8選!仕事への活用方法から学習方法まで解説

『Pythonを触ったことがない初心者の方』でも理解できるように、Pythonを使ってできること、作成されたサービス・事例、使用する仕事、学習方法、これらの内容を徹底解説していきます!

近年Pythonというプログラミング言語を「触ったことがなくても耳にしたことはある」という方が増えてきたのではないでしょうか?

また、「AIに使われている」ということで大きく話題になっていても、具体的にPythonはどんなことまでできるのか実際にイメージできない方も多いと思います。

今回は『Pythonを触ったことがない初心者の方』でも理解できるように、

・Pythonを使ってできること

・Pythonの言語を使用して作成されたサービス・事例

・Pythonを使用する仕事

・Pythonの学習方法

これらの内容を徹底解説していきます!

Pythonを使ってできること8選

Pythonは1991年に開発されたスクリプト言語です。元々は限定的な処理しかおこなえない言語でしたが、現在はあらゆるシステムやアプリを開発できる汎用的な言語となっています。

具体的に一覧すると、下記のような開発がPythonを使っておこなえます。

AI(機械学習・深層学習)

Pythonを使うと流行りの人工知能や機械学習の開発が可能なことで有名です。

独自のアルゴリズムを生み出すだけではなく、画像認識や音声認識などより具体性のあるアプリケーションを作ることができます。

Webサイト作成

Pythonはシステム寄りの言語と思われがちですが、Webサイトを作成することが可能です。

素のHTML/CSSを使うよりもはるかに高機能かつ保守性の高いサイトを作れます。

ゲーム制作

Pythonを使うと、2Dのレトロゲームから3Dのゲーム開発まで可能となります。

実用的なUnityなどのフレームワークに比べると導入している企業は少ないですが、個人開発者では、Githubでも人気のPyxeなど技術選択に採用されるケースも珍しくありません。

スマホアプリ制作

Pythonのみを用いて、iOS/Android両方に対応したスマホアプリを作ることができます。

SwiftやJavaなどのネイティブ言語と違い使用できない機能の制限もありますが、モダンなデザインが整備された複数のライブラリが存在しています。

デスクトップアプリ制作

Pythonを使うと、Windows/Mac/iPadに対応したデスクトップアプリをクロスプラットフォームに開発することができます。パソコンのカメラ機能と電話機能を用いてスカイプのような会議アプリを制作したり、メモ帳を開発したりできます。

ブロックチェーン開発

Pythonはブロックチェーンのようなフィンテック業界の基幹技術にも用いられています。主要ライブラリであるhashibというハッシュ関数を備えている点、HTTPリクエストを操作できる点、数値計算ライブラリが豊富である点という3つの理由からPythonが用いられることが多いです。

Web上の情報収集ツール

「クローリング」「スクレイピング」という技術を用いて、例えば日経情報の最新値を自動定期的に収集するなどの操作がPythonは可能です。有名な技術としてSeeniumというライブラリがあり、これを用いることで情報収集やブラウザ操作やテキスト入力が可能になります。

データ処理・分析・解析

Pythonの最たる強みとして、数値計算能力と連携可能なシステムの多さが挙げられます。

例えば大量にあるデータベースのデータを内部計算して読みやすい行列表に計算したり、膨大なエクセルのデータを開かないで目的のデータのみ抽出して別アプリにコピーしたりする柔軟なデータ処理が可能です。

データ処理・分析・解析

Pythonを使って作成されたサービス・実例

Pythonの強みがわかったところで、実社会ではどんなサービスで用いられているのか気になりますよね。実際にPythonを用いているサービスを一覧化しました。

・機械学習分野

Pepper(ソフトバンクロボティクスが開発したヒト型ロボット)

・Webアプリケーション

Youtube(世界最大の動画視聴プラットフォーム)

Dropbox(オンラインストレージサービス)

Reddit(世界最大規模の掲示板サイト)

Instagram(写真共有型SNS)

・デスクトップアプリケーション

BitTorrent(P2Pプロトコルをベースにした情報コンテンツ流通プラットフォーム)

Bender(3DCG制作アプリ)

Anki(暗記型学習アプリ)

これだけ見ても皆さんがよく知っているサービスに用いられていることがわかりますね。

Pythonをよく使用する仕事4選

Pythonをよく使用する仕事4選

Pythonは、BIZREACHの2018年プログラミング別年収ランキングで3位に挙げられるほどに需要があり、求人数も近年増加の傾向があります。

年収のランキングに関しても全体の3位になるほど、キャリアにとって有利な言語であることがわかりますね。

Pythonを活用する仕事の種類としては下記の4種類が挙げられるでしょう。

・人工知能(AI)エンジニア(AI、機械学習の技術を利用したサービス開発など)

・WEBアプリケーションエンジニア(Webサービスメディアのシステム開発など)

・データサイエンティスト(Webサービスのデータ分析など)

・マーケティング(スクレイピング、画像解析、自動化などによる情報分析)

Python初心者から始める学習方法

Pythonは機械学習、数理系に強いということから難しそうなイメージを持たれる方もいるかもしれませんが、実は初心者でもわかりやすい言語仕様になっています。

Pythonを初心者から学習する方法としては「書籍で独学」「オンライン学習サイト」「スクール」の3種類があげられますが、この中でも特に「オンライン学習サイト」は最近無料で基本的な部分を学習できるサイトが増えているためおすすめです。

こういったオンライン学習サイトで概要をつかんでから、興味の出てきた分野について書籍を買ったり、足りない分野を学ぶためにスクールを使って学習したりする流れが最も初動コストがかからずに、かつ体系的にPythonを学ぶことができるでしょう。

Pythonを学ぶことができる学習サイトには、下記が挙げられます。

Progate

オンライン学習サイトとして最も有名なProgateでは、Pythonに関して基本的な内容を無料で学ぶことができます。プログラム自体初めての方でも、丁寧なフォローによって最後まで安心して学習することができるでしょう。

ドットインストール

老舗オンライン学習サイトであるドットインストールでは、動画を見ながら無料で学ぶことができます。もし仮に基本部分の受講が完了しても、有料にはなりますがより発展的な内容を受講できるので、言語選択にまだ悩んでいる方にとっておすすめと言えるでしょう。

PyQ

Python専門のサイトで、有料にはなりますがかなりの量のサンプルと課題を用意しています。

このサイトのみでWebアプリ開発、スクレイピング、機械学習などの主要なPythonの機能を全て学習できます。もし本気でPythonエンジニアになりたくて、できる限り広範囲かつ踏み込んだ内容まで学習したい人にとっておすすめのサイトと言えるでしょう。

Aidemy

プロや企業向けに、機械学習に特化した講義を公開しています。無料部分だけでも発展的な内容を学習できて、特に数値未来予測やIoT実装はかなり実務よりの内容となっています。もし機械学習エンジニアになりたいという人にとっては一番おすすめのサイトでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

昨今話題を集めているAI、機械学習やWebアプリ、スクレイピングやデータ処理・分析・解析などを筆頭に、さまざまな可能性を秘めた言語であることがお分かりいただけましたでしょうか?

あなたが普段使っているWebサービスもPythonで作られているものがあり、知らないうちに触れていると言っても過言ではないほどPythonは非常に人気なプログラミング言語です。これからAIやIoTが発達することが予想されるため、Pythonを扱えるようになっていると、今後のキャリアアップにつながります。

まずは、オンライン学習サイトで実際にPythonに触れてみてはいかがでしょうか?

登録拠点登録拠点

パソナ

パソナテックは全国10拠点にて、転職相談・お仕事紹介・各種イベント・セミナーを実施しています。

ページトップ