SE(システムエンジニア)とは?年収・仕事内容・プログラマとの違いについて

SE(システムエンジニア)とは?年収・仕事内容・プログラマとの違いについて

SE(システムエンジニア)の仕事内容や年収、プログラマとの違いについて解説していきます。

「SE(システムエンジニア)は具体的にどんな仕事をしているのか?」

「SE(システムエンジニア)とプログラマは、なにが違うのか?」

このような疑問に答えるために、ここではSE(システムエンジニア)の仕事内容や年収、プログラマとの違いについて解説していきます。

SE(システムエンジニア)とは?プログラマとの違い

SE(システムエンジニア)とは?プログラマとの違い

システムエンジニアとプログラマの大きな違いは、担当する工程です。担当する工程はプロジェクトや環境によっても変わりますが、一般的にシステムエンジニアは上流工程を担当し、プログラマは下流工程を担当します。

システムエンジニアが担当する上流工程では、システムの企画・提案から設計が主な仕事です。場合によっては、開発やテストに携わり、テスト結果を検収する役割を担います。

上流工程と下流工程の大きな違いは、顧客とのやり取りを行うかどうかにあります。システムエンジニアが担当するシステムの企画・提案では、顧客のニーズをヒアリングし、ニーズにマッチするシステムを提案しなければなりません。

システムエンジニアは顧客とプログラマの間に立ち、システム開発プロジェクトを成功に導く職業です。

SE(システムエンジニア)の仕事内容・年収

システムエンジニアの仕事内容について、もう少し深掘りしてみましょう。

SE(システムエンジニア)の仕事内容

SE(システムエンジニア)の仕事内容

システム開発の流れの例をもとに、システムエンジニアの仕事内容を解説します。

システムエンジニアが主に担当する仕事は次の通りです。

要求分析

要件定義

基本設計

詳細設計

テスト

要求分析・要件定義では、顧客と打ち合わせを行います。顧客が望むシステムをヒアリングし、ニーズに応えることができるシステムの提案を行う工程です。

要求分析・要件定義で顧客との合意を得られたあと、基本設計・詳細設計を行います。基本設計では、システム全体の基本方針を設計し、システムとしてどのようなものを作るのかを設計する工程です。

詳細設計では、基本設計をもとに実際にシステムを開発するための設計書を作成します。機能ごとに開発(プログラミング)するためのパラメータや入出力結果を詳細に書き記したものです。

テスト工程は下流工程に位置し、実際にテストを行うのはシステムエンジニアだけではありません。プログラマやテスターがテストを行い、システムエンジニアは設計書通りに動作しているかを確認することが多いでしょう。

また、納品後の運用・保守を担当することもあります。基本的には、システムの運用・監視はオペレーターが行うことが多いのですが、障害が発生した際に、システムエンジニアはオペレーターから連絡を受けて対応します。

システムの不具合やハードウェアの故障による障害など、種類はさまざまですが、障害対応はシステムの全体を知るシステムエンジニアが担当する場合がほとんどです。

SE(システムエンジニア)の平均年収

システムエンジニアの平均年収に関しては、厚生労働省の「賃金構造基本統計調査」にデータがあります。平成30年賃金構造基本統計調査によると、システムエンジニアの平均年収は551.19万円です。

また、同じ資料によればプログラマの平均年収は418.32万円であり、プログラマよりもシステムエンジニアは年収が高い傾向にあることがわかります。

日本人の平均年収は、国税庁の「民間給与実態統計調査(平成29年分)」によると平均年収432万円であり、システムエンジニアは日本人の平均年収を上回ります。

あくまでも平均年収であり、システムのプロジェクトや会社規模、業務種別によっても前後しますが、システムエンジニアは業務内容が幅広く、深い知識を求められることから年収が高い傾向にあることがわかります。

SE(システムエンジニア)に求められるスキル

SE(システムエンジニア)に求められるスキル

システムエンジニアは幅広い業務を担当します。そんなシステムエンジニアに求められるスキルについて、解説します。

コミュニケーション能力

システムエンジニアはパソコンを使って一人で業務を行うものと思われがちですが、顧客との打ち合わせの中で、要求分析や要件定義を行います。そのため、顧客のニーズを読み取り、問題解決の案(システム提案)をわかりやすく伝えるためのコミュニケーション能力が必要です。

会話以外でも、設計書や提案書を作成することが多い職業ですので、わかりやすい文章を書く力も求められます。

マネジメント能力

システムエンジニアは上流工程を担当するため、下流工程を担当するプログラマのスケジュール管理や進捗管理など、プロジェクトをマネジメントする能力が必要です。

システム開発は一部の遅れが全体の進捗に影響することもあります。システム開発を数十人規模で行うことも多く、全体的なスケジュールや進捗の管理は、プロジェクトの成功に大きく関わるものです。

システムの提案から行い、システムの全容を把握することができるシステムエンジニアだからこそ、マネジメント能力は必要となるスキルです。

論理的思考能力

論理的思考能力とは、物事を論理的に読み解いて考えていく能力です。

コンピュータの動作は論理的なものであるため、コンピュータを用いて作成するシステムを開発するためには、論理的思考能力が求められます。

また、システムエンジニアは顧客やプログラマに説明をすることが多い職業であるため、物事を的確かつ簡潔にまとめて伝える必要があり、論理的思考能力は必要不可欠です。

システム、プログラムに対する知識

システムを提案・設計する立場にあるシステムエンジニアは、当然ですがシステムやプログラムに対する深い知識が求められます。そうでなければ、顧客のニーズに応えるために必要となるシステム、プログラムを提案できません。

システム設計に関しても、スケーラビリティ(システムの拡張性)や障害時の対応方法など、知識や経験がなければ適切な設計を行うことができません。

SE(システムエンジニア)に向いている人の特徴

SE(システムエンジニア)に向いている人の特徴

コミュニケーション能力とリーダーシップがある

顧客とプログラマの間に立つシステムエンジニアは、顧客やプロジェクトメンバーとコミュニケーションを多く取る必要があります。

顧客のニーズを引き出し、わかりやすく提案するためには、コミュニケーション能力が求められます。顧客やプロジェクトメンバーとの間で、交渉や調整をしなければならない場面も多いです。

また、プロジェクトの進行方向はシステムエンジニアが決めます。多くの人が関わるプロジェクトを、全員が納得できる形で進めていくためには、リーダーシップも求められます。

プロジェクトを俯瞰で見ることができる

システムエンジニアはプロジェクトの全体を管理する立場でもあります。プロジェクトの進捗管理には、プロジェクト全体を俯瞰的に見る力が求められます。

システムエンジニアの業務は幅広く、常に全体を意識して業務を行わなければなりません。システムの設計一つとっても、システムの全容が把握できていないと設計することはできません。

ITに関する好奇心が強く、向上心が高い

IT業界は日進月歩の世界であるため、次々に登場する新しい知識や技術を取り入れ続ける必要があります。システムエンジニアはさまざまな企業に合わせて開発を行うため、システム設計の内容もそのつど変わります。

常に新しい知識や技術を身に付ける必要があるため、向上心と好奇心を持って対応できる人はシステムエンジニアに適しているでしょう。

SE(システムエンジニア)になる方法は?

SE(システムエンジニア)になる方法は?

独学する

システムエンジニアは、プログラマからのキャリアアップによってなることが一般的です。プログラマからのキャリアアップを目指す場合、業務時間外に独学することで、知識とスキルを向上させましょう。システムエンジニアには幅広い知識が求められることから、自ら学習する意欲が必要です。

仕事の合間や通勤途中の電車内などで、少しずつでも学習を続けると良いでしょう。システム開発に関わる参考書籍は数多く出版されていますので、知識は身に付けることができます。

ただし、独学では顧客への要求分析や要件定義といった知識やスキルを身に付けることは難しいと言えます。

資格を取得する

必須ではありませんが、資格は知識やスキルがあることを証明することができます。システムエンジニアとしての知識・スキルを証明するために、次の資格を取得することをおすすめします。

基本情報技術者試験

応用情報技術者試験

システムアーキテクト試験

ネットワークスペシャリスト試験

Orace(オラクル)、Cisco(シスコ)などのベンダー資格

派遣会社でSEとして働く

プログラマとして働きながら、システムエンジニアとして働く機会を得るためには、多くの時間が必要となります。システムエンジニアとして働くことを目的としているのであれば、派遣会社を通してシステムエンジニアとして働くことをおすすめします。

派遣会社に登録して、システムエンジニアとして派遣されれば、実務経験をすぐに得られるところが大きなメリットです。

パソナテックでは、無料の研修やトレーニング、キャリア形成のためのスキルアップサービスを提供しています。オンライントレーニングもご用意しており、時間や場所を選ばずにスキルアップが可能です。

まとめ

システムエンジニアは、システムの企画から担当する職業です。システムエンジニアとプログラマの大きな違いは、担当する工程の違いにあり、システムエンジニアは主に上流工程を担当し、プログラマは下流工程を担当します。

業務の幅広さや深い知識を求められることから、システムエンジニアの年収はプログラマに比べて高い傾向にあり、求められるスキルも異なります。

資格を取得したり、スキルアップをしたりすることで、システムエンジニアはプログラマからのキャリアアップによっても目指せる職業です。

システムエンジニアとして働くためには、実務経験を積むことが最も近道となります。パソナテックにはスキルアップ支援サービスがあり、実務経験を得るチャンスをご用意しています。私達と一緒に、あなたもシステムエンジニアを目指してみませんか?

パソナテックのスキル支援サービスの詳細をチェック

登録拠点登録拠点

パソナ

パソナテックは全国10拠点にて、転職相談・お仕事紹介・各種イベント・セミナーを実施しています。

ページトップ