あなたに合う転職サイトはどれ?2018年エンジニアの転職サイト比較

あなたに合う転職サイトはどれ? 2018年エンジニアの転職サイト比較

転職を考え始めたけれど、専門性の高いエンジニア職の転職だから「どう進めたらいいのか自信がない」と思っていませんか?転職活動の第一歩は情報収集が大事。ここでは、エンジニア向けの転職サイトを一挙に紹介し、利用する際のポイントも合わせて解説します。

現在の会社に入社して何年か経ち、転職を考え始めたあなた。

「初めての転職活動で、どう進めたらいいのか自信がない」と思っていませんか?

専門性の高いエンジニア職の転職活動では、特に最初の一歩に戸惑うかもしれません。

よりよい転職を実現するためにも、まずは情報収集を。

今回は、エンジニアの転職のためのお役立ち情報として、転職パターンやエンジニア転職支援サービスを紹介します。

転職時に転職サイトやエージェントを使うメリットとは?

転職活動を始める時、まず誰でも行動に移しやすいのは、「転職サイト」や「転職エージェント」といった転職支援サービスに登録することです。

転職サイトは数多くの求人が掲載されているので、たくさんの候補の中から自分の条件に合致する企業を選んで応募することができます。

転職エージェントは、担当者が採用側の企業との間に入り仲介をします。

プロのサポートを受けられるので心強い点がメリットと言えます。

例えば「転職を考え始めた段階なので、まずはどんな求人があるのか見てみたい」「多くの求人から検討したい」といった場合は転職サイトを活用し、「効率的に進めたい」「初めての転職なので、プロに相談しながら進めたい」といった場合は転職エージェントを活用するのがおすすめです。

ITエンジニア向けの転職サイト・エージェント一挙公開!

ITエンジニア向けの転職サイト・エージェント一挙公開!

現在、とても数多くのエンジニア転職支援サービスが存在します。

ただ、数が多いからといって明確な選定基準を持たず「とりあえず大手だから」「耳にしたことのある名前だから」というふうに利用先を決めてしまうことはできれば避けたいところ。

そうというのも、転職支援サービスごとに得意な業種業界や特徴があるため、それを理解することで選択肢をぐっと狭めることができるからです。

それでは、エンジニア向けの転職サイトやエージェントを、それぞれの特徴をおさえながらご紹介していきます。

多くの求人から選ぶことのできる「転職サイト」

多くの求人から選ぶことのできる「転職サイト」

(※五十音順に掲載)

Fabank

・Web、ゲーム、広告業界に特化した求人・転職サイト
・エンジニア・クリエイターの求人が豊富で、正社員・契約社員・派遣・フリーランスといった様々な働き方の求人を掲載

EN:TRY

・未経験向けコーディング転職サイト
・「これからエンジニアを目指したい!」「もっと開発経験を積みたい!」という若手向け

Green

・IT/Web業界のエンジニア、デザイナー、営業、マーケターなどの求人・採用情報を扱う転職サイト
・求人掲載数が豊富で、スタートアップやベンチャー企業だけでなく、上場企業、外資系企業まで幅広い求人を取り扱う

TECHSTARS

・IT/Web/ゲーム業界に特化した転職サイト
・マッチング機能や診断機能の結果に基づいた求人を見つけることが可能
・プロフィールや診断結果を見た企業からのスカウトサービスもあり

paiza転職

・コードを書いて書類選考なしで面接・カジュアル面談に進めるという、IT/WEBエンジニアのための全く新しいカタチのコーディング転職サービス

ビズリーチ

・ハイクラス求人中心の転職サイト、スカウトサービス
・企業やヘッドハンターからのスカウト式のため、自分のキャリアの市場価値がわかる

Forkwell Jobs

・IT/Web業界への転職を考えるエンジニアのための転職・求人サイト
・9割以上が Web系・スタートアップ系求人
・スカウトサービスもあり

hello world

・転職エージェントワークポートが運営する、ITエンジニア・プログラマー専門の転職サイト
・求人探しのサポートをして欲しい場合は、ワークポートの転職エージェントサービスを利用可能

FOSTER CAREER

・ITエンジニア専門の転職情報を掲載
・エンジニアの市場価値を高めるための無料の各種支援あり
・自分を客観的に知りキャリアパス選択に役立てられるよう、社会人向け適正検査「PASS」が用意されている

マイナビ転職エンジニア求人サーチ

・国内最大級の転職支援実績をもつマイナビが提供するITエンジニア求人専門の転職サイト
・求人数が8,000件以上と豊富で全国圏をカバー

Ruby転職ナビ

・Ruby分野(Webエンジニア、アプリエンジニア、プログラマ)に特化した転職サイト
・自分で応募できる求人だけでなく、Ruby分野に詳しい専門担当者がつく転職サポートサービスもあり

プロの仲介で進めたい時は「転職エージェント」

プロの仲介で進めたい時は「転職エージェント」

(※五十音順に掲載)

アールストーン

・20代、30代のIT・WEB・ゲーム業界に強い転職支援サービス
・80%の方が100万円以上の年収UPを実現

WEBCAMP Career

・ITエンジニアに特化した転職エージェントで、3000名のサポート実績あり
・理論年収の5%のお支払いに合わせて、10万円分のプログラミング講座を受講することが可能、という特典あり

GEEKLY

・エンジニアやクリエイターを中心にIT/WEB/ゲーム業界の転職を支援
・6,000件以上の非公開求人を取り扱う

TechClipsエージェント

・ITエンジニア専門の転職エージェント
・首都圏(東京・神奈川・埼玉・千葉)限定
・高年収&高待遇求人の紹介が強み

TechAcademyキャリア

・プログラミングやアプリ開発を学べるオンラインスクール「TechAcademy」が提供する転職スカウトサービス
・利用は受講者限定で、企業やコーディネーターからスカウトが届く仕組み

Forkwell Agent

・既出のForkwell jobsと連携したITエンジニアに特化した転職エージェントサービス
・入社実績の80%以上がWeb系およびスタートアップ企業

マイナビエージェント

・国内最大級の転職支援実績をもつマイナビが提供する、ITエンジニア向け転職サポートサービス
・IT業界専任のコーディネーターがサポート

レバテックキャリア

・IT/WEB業界のエンジニア・クリエイター専門の転職エージェント
・技術や業界を熟知したコーディネーターのサポートを受けられるほか、現役エンジニアからの職務経歴書の添削を受けることも可能

リクルートエージェント

・業界最大級。転職エージェント専業で30年以上の実績
・IT/WEBエンジニアの転職支援実績は2万6000名以上。求人件数は常時6,000件以上

ワークポート

・総合転職エージェントで業界や職種に応じて専門サイトを用意
・IT業界・エンジニアの転職においても常時1万件以上の豊富な求人を扱う

働き方から選びたい時 ①「派遣」

働き方から選びたい時 ①「派遣」

(※五十音順に掲載)

ITスタッフィング

・IT・エンジニア職に特化した派遣のお仕事紹介サービス
・大手企業を中心としたエンジニア派遣。3,000以上※の案件数あり
(※非公開求人含み2月22日時点約3,200件保有)

パーソルテクノロジースタッフ

・エンジニアに特化した派遣会社でITエンジニアのほか、機電エンジニアの求人を掲載。求人件数は3,000件超
・地域は関東・東海・関西

パソナテック

・東証一部上場パソナグループ。IT・ものづくり業界に特化したエンジニア専門企業
・専門のコーディネーターが一緒になり、これから目指すキャリアの整理・目標立てが可能
・充実の福利厚生でエンジニアライフをサポート

働き方から選びたい時 ②「独立/フリーランス」

働き方から選びたい時 ②「独立/フリーランス」

(※五十音順に掲載)

engineer factory

・業務システム・制御システム・汎用機・インフラ系から、WEB、IoT、ロボットなどの急成長市場の求人案件も掲載
・若手からベテランまでのキャリアをサポート。また、フリーランスから正社員、正社員からフリーランスといった、キャリアチェンジの相談が可能

Midworks

・ITエンジニアの独立支援
・エンジニアと企業をマッチング。求人件数は3,000件以上

レバテックフリーランス

・業務委託・常駐フリーランス専門エージェント
・登録者数36,700人。業界最大級の案件数を用意

WORKSHIP

・フリーランス向けの案件マッチングサイト
・紹介案件はプロジェクト単位で、週2~3日案件や土日稼働案件など、フリーランスの自由な働き方を支援
・定期的なセミナーや勉強会への招待などスキルアップ面のサポートあり

ものづくりエンジニア向け転職サイト・エージェント

(※五十音順に掲載)

テクノプロ・キャリア

・機械・電気・電子、IT分野のエンジニアを中心としたエージェント
・国内最大級の技術系人材サービスを展開する「テクノプロ・グループ」のネットワークを活用し、全国の業界動向や求人ニーズを把握

ENGINEER PIT

・ものづくりエンジニアのお仕事情報サイト
・運営会社フォーラムエンジニアリングの正社員となることが前提で、「働きたい案件」を探してエントリーできる仕組み

メイテックネクスト

・ものづくりエンジニアに特化した転職サイト。求人は常時10,000件以上
・キャリアコンサルティングの時間が取りづらいという方には、土・日・祝日でも対応可能

リツアンSTC

・ものづくりエンジニア向けの派遣サービス
・自動車・バイク部品( 車体、内装設計、エンジンなど) から家電製品、精密機器、設備まで、幅広い分野の案件を抱える
・エンジニアの就業環境、待遇の改善やキャリアアップに繋がるよう、個々に合わせた働き方を提案

知らなきゃ損!転職サイトを使う際に知っておきたいポイント

知らなきゃ損!転職サイトを使う際に知っておきたいポイント

ここまで転職サイトやエージェントをご紹介しましたが、次は円滑に転職活動を進めるために知っておきたいポイントをご紹介します。

無料で受けることのできるサービスは十分に活用する

基本のポイントですが、転職サイトやエージェントは、ほとんどの場合転職者側は無料で利用できます。(中には一部有料のサービスもあるので、注意が必要です)

例えば職務経歴書の添削や面接練習といったサポートがある場合は、どんどん活用しましょう。

他人から職務経歴書や面接の改善点を指摘されるのは、最初は気が乗らないかもしれませんが、「選考通過率を上げるための対策」と思って、ぜひ活用してもらいたいサポートです。

中には、登録者に向けたスキルアップセミナーを用意しているサービスもあります。

「非公開求人」を要チェック

情報収集をしていると「公開求人」や「非公開求人」という言葉を目にすることがあるかと思います。

「非公開求人」は、企業側の採用事情で一般には公開されていないもので、転職エージェントに登録することで紹介してもらえます。

実は8~9割が非公開求人であると言われており、登録して自分に合った求人や希望条件に合致する求人を紹介してもらうことで、選択肢がぐんと広がります。

複数の転職サイトやエージェントから同じ求人に応募はしない

どれだけ志望度の高い求人があったとしても、複数の窓口から応募することは避けましょう。

熱意よりも不信感を企業の採用担当者に与えることになります。

番外編:そのほかの転職パターン

ここまで、転職サイトやエージェントを紹介してきましたが、そのほかの転職活動方法を紹介します。

転職サイトや転職エージェント以外には、

  • 友人・知人からの紹介
  • 転職イベント
  • 企業へ直接応募

といった方法があります。

それぞれメリット、デメリットを持ち合わせています。

メリット、デメリット

転職サイトに登録しながらも並行して友人や知人から話を聞いてみる、転職イベントに参加する、気になる企業の採用情報をチェックする、といったように、それぞれの良いところを活かして情報収集することもよいでしょう。

さいごに

さいごに

いかがでしたか?

今回はエンジニア転職に強いサイトをご紹介しました。

数多くありますが、最初から1社に絞る必要はありません。

まずは数社登録をして、使いながら見極めて本命を絞っていく進め方がおすすめです。

情報収集をしっかり行い、信頼できる転職支援企業を見つけて、転職活動を成功させましょう。

※紹介している各サイトは2018年5月21日時点の情報です

登録拠点登録拠点

パソナ

パソナテックは全国11拠点にて、転職相談・お仕事紹介・各種イベント・セミナーを実施しています。

ページトップ