今買うならこれ!毎日を便利にするおすすめのIoT家電8選

今買うならこれ!毎日を便利にするおすすめのIoT家電8選

最近話題のIoT家電。様々なメーカーからIoT家電が登場していますが、そもそも普通の家電と何が違うのか、ご存知ですか?本記事では、IoT家電の概要やおすすめの商品を紹介します。IoT家電に興味のある方、買おうか迷っている方は必見です!

便利な家電はたくさんありますが、最近話題になっているIoT家電に興味ある方も少なくないのではないでしょうか?

IoT技術が普及したことで各家電メーカーからIoT家電が多数登場しており、身近な存在となってきました。

そもそもIoT家電は他の家電と何が違うかご存じですか?

IoT家電の概要や注意点と共に、生活を便利にするおすすめIoT家電をご紹介します。

IoT家電とは?

IoT家電とは?

IoTは「Internet of Things(モノのインターネット)」を略した言葉で、「インターネットとモノをつなぐ」という意味があります。

モノとインターネットを接続させることで、双方の利便性をより高めようというコンセプトで開発が進むネットワーク技術です。

そのIoT技術を用いた電化製品をIoT家電と呼びます。

エアコンやオーブンレンジ、冷蔵庫、照明器具、カメラなど、身近な製品に搭載された商品が増えつつあります。

IoT家電でこんなことができる!

IoT家電でこんなことができる!

IoT家電は電化製品とインターネットを接続した家電ですが、具体的にどんなことができるか分からない方もいらっしゃるでしょう。

例えば、IoTが搭載されたエアコンなら、スマートフォンをリモコン代わりに操作することができ、外出中でも電源を入れたり、切ったり、温度調節をすることが可能です。

これなら帰宅前に電源を入れておけば、帰宅後に付けて快適な温度になるまで待つ必要がありません。

また、スマホやタブレットで外からでも操作可能なので、外出する際に消し忘れてしまい一日付けっぱなしになっていたという失敗も防げます。

IoT家電はインターネットを通じて操作するだけではなく、情報収集を行ってそのデータを活用することも可能です。

エアコンなら部屋の温度を感知して、自動で温度調節や自動運転させることができますし、ヘルスメーターであれば体重や血圧など健康状態をスマホのアプリに記録することが可能です。

他にもエネルギーの使用量をグラフなどで視覚化できるため、使用量や削減量をリアルタイムで知ることができます。

電気の使用量・削減量が目に見えて分かると、省エネ意識も高まるので節電にもつながるでしょう。

通信した情報はデータ化して蓄積されるため、過去のデータと現在の状況に大きな違いがある場合はアラートで警告する機能も存在します。

例えば冷蔵庫自体が食材の管理を行なってくれたり、冷蔵庫の画面を使ってネットスーパーにアクセスし買い物ができたりするような、便利機能が搭載される可能性もあるようです。

これだけは要注意!IoT家電の問題点

これだけは要注意!IoT家電の問題点

IoT家電はインターネットを介する家電であるため、ハッキングやサイバー攻撃を受ける可能性があるとして、セキュリティ面の問題が指摘されています。

2020年までにIoTデバイスは全世界で約304億個に増えると予想されており、実際に問題が生じれば大規模な被害を招く恐れもあります。

例えばIoT家電にハッキングされてしまうと、ネットワークの使用状況などを相手に把握されてしまい個人情報流出につながってしまうことや、自動車・医療機器などのIoT機器がサイバー攻撃を受けてしまった場合、操作できない状況となり、最悪の場合命に関わる危険性も出てきます。

そのため、セキュリティ対策やサポートが充実している商品を購入するのが望ましいです。

また、パスワードは初期設定のままで使用せず、単純な文字列や他のパスワードと使い回さないように設定することでハッキング被害を回避できます。

使用しない時はコンセントや乾電池を外し、処分する際は個人情報の流出を避けるためにデータを完全に消去する、といった対策も大切です。

こんなに便利!おすすめのIoT家電8選

こんなに便利!おすすめのIoT家電8選

ここまでIoT家電の特徴やメリット、気を付けたい点などをご紹介してきましたが、いよいよおすすめのIoT家電についてご紹介していきたいと思います。

買い替えや新居での使用におすすめのIoT家電をライフスタイル別にご紹介するので、IoT家電選びに悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてください。

家事を楽にするIoT家電

ウォーターオーブンヘルシオAX-XW400(SHARP)


価格:80,000円~(2018/3現在:価格.com参照)

ヘルシオは過熱水蒸気のみで調理するので、酸化や細胞破壊を防ぎ、ヘルシーで美味しい調理が可能です。

ヘルシオは人工知能とIoTを組み合わせており、献立の提案をしてくれる機能が搭載されています。

食材や調理時間など条件を指定することでインターネットに接続し、ぴったりな献立を提案してくれるのです。

好きな食べ物や調理履歴をAIが学ぶので、何を作るか迷った時もお任せで提案してもらうことも可能ですし、主菜に合う副菜や調理のアドバイスもしてくれます。

他にも「天ぷらをあたためたい」と話しかければ、どの機能を使えば良いか機能を紹介してくれるので、操作に迷った時も安心です。

(ウォーターオーブンヘルシオAX-XW400 公式サイト)

RULO MC-RS800(Panasonic)

RULO MC-RS800(Panasonic)

(公式サイトより引用)

価格:102,714円~(2018/3現在:価格.com参照)

ロボット掃除機のRULOは、レーザーセンサー、超音波センサー、赤外線センサーを搭載しており、障害物やゴミを感知しながら部屋の隅々まで自動できれいにしてくれます。

ほこりが溜まりやすい家具の脚周りや部屋の隅、壁際もブラシで丁寧に掃き、見えないハウスダストや花粉なども逃しません。

MC-RS800には専用アプリが用意されており、外出中もスマートフォンを通じて遠隔操作ができ、さらに掃除の記録の確認も可能です。

(RULO MC-RS800 公式サイト)

IoT冷蔵庫 SJ-GX55D/GX50D(SHARP)


価格:212,106円~(2018/3現在:価格.com参照)

シャープのSJ-GX55D/GX50Dは無線LANを搭載しており、クラウドサービスを通じて献立の検索や提案を音声や画面表示で行ってくれます。

他にも保存方法や食材の最適な解答方法をアドバイスしてくれるナビが搭載されており、クイズ形式で保存方法を学べる楽しいシステムも搭載された冷蔵庫です。

家族の好みや利用状況を学習するのでパターンに応じて購入する食材を知らせたり、買い物リストをメモできたりと便利機能が充実しています。

(SHARP冷蔵庫 公式サイト)

生活をもっと便利にするIoT家電

SwitchBot

SwitchBot

(公式サイトより引用)

価格:4,900円(2018/3現在:Amazon参照)

パソコンやプリンター、照明スイッチ、コーヒーメーカーなどのスイッチ部分に貼り付け、スマートフォンから専用アプリを使用すると、インターネットやBluetoothを通じて電源のON/OFFができる商品です。

特別設定は不要であり、アプリをスマートフォンにインストールすれば自動でペアリングが完了です。

バッテリーは約600日間持続し、リチウムバッテリを交換すれば再び使用できます。

ペットを飼っているご家庭なら、自動給餌器に搭載すればペットのご飯も外出先から与えることが可能です。

(Switchbot 公式サイト)

Hue(Philips)

Hue(Philips)

(公式サイトより引用)

価格:13,063円~(2018/3現在:価格.com参照)

スマートフォンからコントロール可能なLEDライトです。

照明を付けたり消したりするだけではなく、好きな明るさや1600万色の中から色を替えることもできます。

スケジュールを設定できるので起床と就寝時に別々の明るさを指定し、快適な目覚めと入眠を実現できるでしょう。

状況に応じて明るさや色を替えれば、部屋のムードも変えられるでしょう。

(Hue(Philips) 公式サイト)

COCORO AIR(SHARP)


価格:12,400円~(2018/3現在:Amazon参照)

シャープの最新モデルのエアコンは無線LANが搭載されており、アプリを使って運転操作ができ、他にも地域に応じて季節や天気情報を受信し、その情報に応じて自動運転が行われます。

無線LANがないエアコンでも家電ワイヤレスアダプターを設置することで、クラウドサービスが使えるようになります。

(COCORO AIR 公式サイト)

毎日をもっと楽しくするIoT家電

LSPX-103E26(SONY)

LSPX-103E26(SONY)

(公式サイトより引用)

価格:21,997円~(2018/3現在:価格.com参照)

E26口のソケットに装着可能なLED電球で、ただの電球に思えますが、実は内部にスピーカーが内蔵されています。

Bluetooth通信によりスマートフォンでアプリを操作することで、高音質のサウンドで音楽を流すことが可能です。

タイマーでの電源操作や明るさの変更、1670万色から色を替えられる、サウンドに合わせて発行したり、色が変わったりするなど電球機能も充実しています。

光と音楽で楽しい室内空間を生み出せるでしょう。

(LSPX-103E26公式サイト)

ペット見守りカメラ SIP-350(SELEN)

ペット見守りカメラ SIP-350(SELEN)

(公式サイトより引用)

価格:50,000円(2018/3現在:メーカー希望小売価格)

外出先でもペットの様子を見られるカメラで、水平画角320°、垂直角度が120°のパンとチルトを搭載しているので、スマートフォンの操作で部屋の隅々まで見て、ペットの様子を確認できます。

無線LANなのでどこでも設置でき、アプリには最大4台のカメラを登録可能です。

スナップ機能もあるので、ペットのベストショットを押さえることができ、マイクやスピーカーを通じて話しかけて反応を見ることもできます。

空き巣の防犯対策にも活用できます。

(ペット見守りカメラ SIP-350 公式サイト)

さいごに

高品質で使い勝手の良いIoT家電がたくさん登場しており、導入することで近未来的で便利な暮らしを実現できます。

セキュリティ面には不安や課題がありますが、高性能でサポートが整ったメーカーの商品であれば基本的には安心して使うことができますし、個人でもできる対策はあります。

IoT家電のリスクを理解しつつ、ご紹介した家電を参考に、自分に合ったIoT家電を選んで快適な私生活を過ごしてみてはいかがでしょうか?

登録拠点登録拠点

パソナ

パソナテックは全国11拠点にて、転職相談・お仕事紹介・各種イベント・セミナーを実施しています。

ページトップ