Ruby on Railsとは?概要から学習方法を解説

Ruby on Railsとは?概要から学習方法を解説

Ruby on RailsはWeb開発に特化したフレームワークであり、多くのWebアプリがRuby on Railsによって作られています。この記事では、Ruby on Railsの基礎知識と併せて、できることや学習方法まで解説します。

近年は多くの便利なWebアプリが登場しており、利用している方も多いでしょう。そんななかで、自分でもWebアプリを作ってみたいと考える人も多いのではないでしょうか。そんな方におすすめなのが“Ruby on Rails”です。

Ruby on RailsはWeb開発に特化したフレームワークであり、多くのWebアプリがRuby on Railsによって作られています。この記事では、Ruby on Railsの基礎知識と併せて、できることや学習方法まで解説します。

Rubyについて詳しく知りたい方は、Rubyでできることとは?初心者におすすめの理由も解説をご覧ください。

Ruby on Railsとは?

Ruby on Railsとは?

はじめにRuby on Railsの基礎知識や、Rubyとの違いについて見ていきましょう。

Web開発向けのフレームワーク

Ruby on RailsはRubyを使用するWeb開発に向いているフレームワークです。フレームワークとは骨組みを表し、アプリケーション開発などで必要となる機能や基本的な仕組みがまとめられたものです。

フレームワークを利用することで、すべての機能を一から開発する必要がなくなり、効率的な開発が実現できます。Ruby on Railsでは、Web開発に欠かせないデータベース操作や、取り出したデータをWebページに表示する機能、投稿フォームを設置する機能のモジュールなどが利用できます。

Ruby on RailsはWeb開発をスタートしてから実際に動くまでが早いため、効率的かつ迅速なWeb開発を実現でき、扱いやすいフレームワークです。

Rubyとの違い

RubyとRuby on Railsは似ていますが明確に異なるものです。Rubyはプログラミング言語、Ruby on Railsはフレームワークという違いがあります。

Rubyは純国産のプログラミング言語であり、“ストレスなくプログラミングを楽しむ”ことを重視した設計思想で作られているため、扱いやすく人気の高いプログラミング言語です。

対して、Ruby on RailsはWeb開発に特化した機能などを事前に用意しているフレームワークであり、単体では動作しません。Rubyを使って効率的にWeb開発を行なうために利用するものがRuby on Railsです。

Rubyはさまざまなソフトウェア開発が行なえますが、Ruby on Railsと組み合わせることで効率的なWeb開発を実現できます。

Ruby on Railsの特徴、できること

Ruby on Railsの特徴、できること

ここからは、Ruby on Railsの特徴について解説し、併せてできることの例として代表的なWebアプリの事例を紹介します。

MVCアーキテクチャを採用し、効率的なWeb開発を実現

Ruby on RailsはMVCアーキテクチャに基づいて構築されています。MVCとは、Model・View・Controllerの略称であり、処理・描画・制御の役割を分割する考え方です。

役割 概要
View 描画 画面への表示を担当する機能。どのようにブラウザに描画するのかなどを定義する
Model 処理 システムの処理を担当する機能。データベースとのやり取りや、取り出したデータの処理などを定義する
Controller 制御 3者間の指示・制御を担当する機能。入力内容などをもとに、描画や処理を行なうための指示や制御を定義する

MVCを使ってそれぞれの役割を分担することで、高い保守性が確保できます。また、チームで開発する場合には、それぞれの部分の開発を分担することで効率的に開発を進めることも可能です。

Ruby on RailsがWeb開発において効率的かつ迅速に開発が進められるのは、MVCアーキテクチャを採用していることが大きいといえます。

Ruby on Railsによって作られてWebアプリの事例

Ruby on Railsでできることとしては、ECサイトやSNSの構築、スクレイピングなどのWebアプリの開発が挙げられます。

スクレイピングは、Webサイトから必要な情報を収集するための技術であり、例えば株価情報を定期的に収集し、処理して別のシステムで活用する、などの使い方が可能です。

Ruby on RailsはECサイトやSNS、Webアプリの開発で多く利用されており、誰もが知るWebサイトもRuby on Railsによって開発されています。例えば、レシピ共有サービス、人事採用サービス、グルメ系メディア、ニュース系メディアの、どれも最大手に近いものがRuby on Railsによって開発されたといわれています。

Ruby on Railsの学習方法

Ruby on Railsの学習方法

ここまでにRuby on Railsに興味を持った方も多いでしょう。次に気になることは学習方法ではないでしょうか。ここではRuby on Railsを学習するための方法を3つ紹介します。

オンライン学習サイトの活用

おすすめの学習方法はオンライン学習サイトの活用です。オンライン学習サイトは無料で利用できるものも多いため、まずはここからはじめましょう。

Ruby on Railsを習得するためには、実際に手を動かしながら学習をすすめることが重要です。オンライン学習サイトであれば、ブラウザで学習を進めながら実際に手を動かして動作も確認できます。

なお、オンラインで学べるものとしてはRuby on Railsチュートリアルが有名ですが、初めてプログラミング言語に触れる場合には難易度が高いため、オンライン学習サイトで基礎を学んでから進めるとよいでしょう。

書籍の活用

Ruby on Railsの基礎が学べたら、次により理解を深めるために書籍を活用した学習を取り入れましょう。オンライン学習サイトでは比較的簡単に基礎を学べますが、概念的な部分の学習は難しいものです。

実際にWebアプリ開発を行なう際には、Ruby on Railsの概念的な部分の理解が欠かせません。Ruby on Railsがどのような仕組みで、どのように機能を実現しているのか、などについて理解できれば、Webアプリ開発に大いに役立てられます。

書籍を活用した学習では、“Ruby on Rails 5 アプリケーションプログラミング”や“Ruby on Rails 5 速習実践ガイド”がおすすめです。ただし、バージョンが少し古いため、“Ruby on Rails 6 実践ガイド”や“パーフェクト Ruby on Rails”などの活用も検討するとよいでしょう。

本格的に学びたい場合はスクールも検討する

ここまでに紹介した方法は、独学での学習方法です。独学は自身のペースで進められ、コストも抑えられる点がメリットですが、わからないことを調べながら進めるため時間がかかる点がデメリットです。

より効率的かつ本格的にRuby on Railsを学びたい場合には、スクールに通うことも検討するとよいでしょう。プログラミングスクールであれば体系的に学習を進められ、わからないことも講師に質問できるためより深くRuby on Railsを学べます。さらに、同じ志を持った仲間を作ることも期待できます。

Ruby on Railsを扱うエンジニアとして就職や転職を考える場合には、特におすすめの学習方法です。スクールのなかには就職までサポートするサービスもあるため、本格的に学びたい場合にはスクールも検討するとよいでしょう。

Ruby on Railsは効率的で高速なWeb開発ができる

Ruby on RailsはRubyを使用したWeb開発に特化したフレームワークです。MVCアーキテクチャに基づいて構築されているため、効率的で高速なWeb開発を実現できます。

Ruby on Railsを利用すれば、ECサイトやSNS、スクレイピングなどのWeb開発が可能であり、実際に大手有名サービスもRuby on Railsによって開発されています。

これから学習をしたい場合には、オンライン学習サイトからはじめるとよいでしょう。より本格的に学びたい場合には、書籍やスクールを活用することをおすすめします。

RubyやRuby on Railsはこれから学習する方にとって扱いやすいフレームワークとなります。Webアプリを開発したいと考えている場合には、一度利用してみてはいかがでしょうか。

掲載日:2021/12/28

登録拠点登録拠点

パソナ

パソナテックは全国9拠点にて、転職相談・お仕事紹介・各種イベント・セミナーを実施しています。

ページトップ