SAPとSAPを扱うエンジニア - 仕事内容・必要スキル・将来性について解説

SAPとSAPを扱うエンジニア - 仕事内容・必要スキル・将来性について解説

SAPについての概要と、SAPエンジニアの仕事内容について解説していきます。SAPエンジニアの将来性や必要スキルにも触れていくので、SAPエンジニアに興味のある方はぜひ参考にしてください。

世界トップシェアを誇るERPパッケージの「SAP」を導入する企業が増えています。SAPは企業が業務効率化を図るうえで有効なシステムであり、SAPを専門に扱うSAPエンジニアの需要も近年高まっています。

SAPエンジニアの仕事とは、具体的にどのようなものなのでしょうか?

この記事では、SAPについての概要と、SAPエンジニアの仕事内容について解説していきます。SAPエンジニアの将来性や必要スキルにも触れていくので、SAPエンジニアに興味のある方はぜひ参考にしてください。

SAPとは?

「SAP」は、ヨーロッパトップクラスのソフトウェア会社である「SAP SE社」が提供するERP製品です。

ERP(Enterprise Resource Planning)とは、社内の基幹業務を一元管理するシステムのことを指します。企業が自社の基幹情報を統合的に管理するためには、会社全体のシステムを一つにまとめる必要があります。そのシステムを効率的に開発するために提供されているのがERP製品です。

SAPは「会計」「ロジスティック」「人事」「その他」の4つのモジュールで構成されており、業務に合わせて必要なモジュールを導入することができます。

SAPを導入することで、企業は自社の基幹情報をリアルタイムで処理することができるようになり、戦略上の意思決定がスムーズにできるというメリットがあります。

SAPについて詳しく知りたい方は、「SAPを導入!メリットやデメリットおよび成功のポイントを解説」も併せてご覧ください。

SAPエンジニアとは?

SAPエンジニアとは?

SAPエンジニアとは、その名のとおり「SAP社のERP製品に特化したエンジニア」のことを指します。

SAPの導入では、システムをその企業に合わせてカスタマイズする必要があります。SAPエンジニアは、おもにSAPシステムの設定・カスタマイズを担当します。

ERPは業務効率化に欠かせないシステムであり、SAPは世界トップクラスのシェアを誇るERPパッケージのため、SAPを扱えるエンジニアを求める企業は年々増えています。しかしSAPシステムの導入を目指す企業が増えている一方で、SAPエンジニアは慢性的な人材不足の状態です。

SAPエンジニアは人材の供給が追い付いていない状態です。そのためSAPエンジニアとしてのスキルを身に付けることで、希少価値の高いエンジニアになることができるでしょう。

なお、ERPについては、こちらの記事も併せてご確認ください。
ERPを導入!長期運用を実現するポイントと注意点とは

SAPエンジニアのおもな仕事内容

SAPエンジニアのおもな仕事内容

SAPエンジニアは、SAPシステム導入時の「パラメータ設定」と「アドオン開発」のほか、「コンサルティング」も担うことがあります。

この章では、それぞれの業務について詳しくみていきましょう。

パラメータ設定

SAPのパラメータを企業に合わせて設定・カスタマイズする作業です。

SAPにはさまざまな設定項目が用意されており、企業の要件に合わせてパラメータを設定していきます。

SAPのパラメータ設定では膨大な項目を扱います。パラメータを正確に設定するためには、SAPに関する専門知識が必要となるのです。

アドオン開発

SAPの標準機能だけではその企業の要件を満たせないこともあります。そのような場合は、独自に機能を追加していきます。

SAPシステムのアドオン開発には、プログラミング言語「ABAP」を用いて行ないます。ABAPはSAPの独自言語であり、習得している人材が少ない言語といわれています。ABAPを扱えるエンジニアが少ないことも、SAPエンジニアが必要とされる理由の一つといえるでしょう。

コンサルティング

SAPエンジニアは、SAPシステムの設計・導入までのマネジメントを担当することもあります。コンサルティングに特化したSAPエンジニアのことを、「SAPコンサルタント」と呼びます。

コンサルティングでは、クライアントの要件を満たすにはどのような機能が必要かを、提案・設計していきます。そのため、SAPシステムについてより深い知見と応用力が求められる業務です。

SAPエンジニアの将来性

SAPエンジニアの将来性

SAPは世界トップクラスのシェアを誇るERPパッケージです。そのため、今後企業のグローバル化にともない、日本国内でもSAPを導入する企業は増えることが予想されます。

SAPの導入を検討する企業が増加する一方で、SAP開発の独自言語であるABAPを使いこなせる人材はまだまだ少ないのが現状です。SAP導入の知識・経験や、ABAP でのコーディングスキルのあるエンジニアは、今後も重宝されることでしょう。

近年はクラウドをビジネスに活用する企業が増えています。SAPエンジニアもネットワークに関する知識を身に付けておくことで、より市場価値を高め、活躍シーンを広げることが可能です。

近年、中小企業でもSAPの導入が進みつつあります。SAPエンジニアは今後も高い需要が見込める将来性のある職業といえるでしょう。

SAPエンジニアに求められるスキル

SAPエンジニアの仕事に必要なスキルや役立つ資格について解説していきます。

プログラミング言語「ABAP」の知識

SAPエンジニアには、プログラミング言語「ABAP」に関する知識が求められます。

ABAPはSAPシステムの開発でのみ使用されるため、習得している人材が非常に少ない言語です。

SAPの標準機能だけではクライアントの要件を満たせない場合、アドオン開発が必要になります。アドオン開発はABAPを用いて行なうため、SAPエンジニアにとってABAPでのコーディング能力は必須スキルといえるでしょう。

前述したように、ABAPはJavaなどに比べるとマイナーな言語といわれています。そのためABAPの知識・コーディングスキルを身に付けることで、希少価値の高いエンジニアを目指すことも可能といえます。

SAPに関する資格

SAPエンジニアになるための必須資格というものはありません。

しかし、もし何か資格を取得したいという場合、SAPエンジニアとして働くうえで役立つ「SAP認定コンサルタント資格」の取得がおすすめです。

SAP認定コンサルタント資格には、製品・バージョンに併せて多くの試験があります。試験情報は常に更新されていくため、最新の試験情報については公式サイトを確認するようにしましょう。

またSAPエンジニアの募集では、システム開発の経験を求められることが少なくありません。面接で質問される可能性も高いので、事前にこれまでの開発経験についてまとめておくとよいでしょう。

SAPエンジニアは希少価値の高い将来性ある仕事

SAPは全世界で扱われている、信頼性の高いEPRパッケージです。企業のグローバル化にともない、SAPの国内での導入数も増えることが予想されます。

業務効率をいかに向上させるかは、どの企業も抱える大きな課題の一つです。よりスピード感のある判断ができるということは、変化の激しい市場で生き残るための大きな武器となります。SAPを導入しシステムを一元化することで、企業の意思決定をスムーズできるようになることは、こうした課題解決のための有効な手段といえるでしょう。

SAPの需要が高まるなか、SAPを専門に扱うSAPエンジニアは人材不足が続いています。SAPエンジニアは製品に依存する仕事のため将来性を心配する声もありますが、当面の間は高い需要が見込めるでしょう。

より広いステージでの活躍を目指す場合は、SAP導入の計画・設計などのスキルを身に付け、SAPコンサルタントを目指す道もあります。

掲載日:2021/12/28

登録拠点登録拠点

パソナ

パソナテックは全国9拠点にて、転職相談・お仕事紹介・各種イベント・セミナーを実施しています。

ページトップ