紹介予定派遣・正社員として働く

紹介予定派遣・正社員のちがいは?

紹介予定派遣・社員のちがいは?

“正社員”採用が特定の企業に対して入社時から正社員雇用であるのに対し、”紹介予定派遣”とは、一定期間派遣の雇用形態で企業に属し実務を経験、ご自身と企業双方の希望が一致した場合、その企業の正社員(もしくは契約社員)として直接雇用を開始する転職スタイルです。正式採用の前に実際の業務が経験できるだけでなく、求人票からでは見えない現場の雰囲気や社員の関係性なども知ることができるため、「いきなり正社員として就職するのが不安」「慎重に転職先を見極めたい」という方におすすめです。

紹介予定派遣・正社員(紹介)のしくみ

紹介予定派遣・正社員のしくみ

人材紹介は正社員で仕事を探している方と正社員採用を考えている企業とを結びつけるシステムで、派遣元(パソナテック)が雇用する「人材派遣」と異なり、求職者の方と企業が直接雇用契約を結びます。パソナテックでは登録された方の希望条件やスキルを丁寧にヒアリングし、きちんとマッチした企業をご提案できるよう努めています。求職者と企業、双方にとって実りのある転職となるよう、とことんサポートいたします。紹介予定派遣においても、採用までの流れに違いはあるものの、相関図的に大きな違いはありません。

紹介予定派遣・正社員までの流れ

紹介予定派遣・正社員までの流れ

パソナテックに登録されてから就業までの全体の流れです。正社員紹介の場合、「お仕事紹介」から「就業先決定」の間に書類選考や複数回の面接が発生します。紹介予定派遣の場合はここの流れに大きな違いがありますのでご注意ください。

紹介予定派遣の流れ

紹介予定派遣・正社員までの流れ

紹介予定派遣ではお仕事紹介後、就業予定先企業との面接を行います。問題ないと判断された場合、まずは派遣として企業先に就業し、最長6ヶ月の見極め期間を経験します。その後求職者・企業双方共に転職を希望した場合、めでたく正社員(もしくは契約社員)としての雇用が結ばれます。万が一見極め期間の間にどちらかが転職を希望しなかった場合、残念ながら不成立となり、別の企業をご紹介する流れとなります。

働き方に関連する記事

エンジニアの働き方に関連するインタビュー、コラムをご紹介します。

登録拠点登録拠点

パソナ

パソナテックは全国11拠点にて、転職相談・お仕事紹介・各種イベント・セミナーを実施しています。

ページトップ