IT?G???W?j?A???N???G?C?^?[?????????h???E?]?E?E???l?????T?C?g

トップページてくらぼ中山記男のWebサービス列伝お互いの得意な言語で文章を添削し合う語学学習サービス Lang-8

中山記男のWebサービス列伝お互いの得意な言語で文章を添削し合う
語学学習サービス Lang-8

2011.01.13

世界200の国と地域に21万人のユーザを持つ!

日本発のサービスというと、利用者は日本人が中心でほとんどのインターフェイスも日本語もしくは英語のみ、世界と戦うにはこれから多くの問題をクリアして…なんてイメージがあります。しかしそんな中にも、世界200の国と地域に存在する21万人のユーザのうち7割ほどが日本語以外の母国語を使う!という、まさに「世界に通用する(している)」日本のサービスがあるのをご存じですか?そのサービスこそ、語学学習にソーシャルの要素をからめたサイト「Lang-8(ランゲート)」なのです。

今回は先日記事にさせていただいた「Twitcasting」開発者の赤松さんよりご紹介いただき、このLang-8をご紹介します。

助け合いの精神を語学学習に導入

Lang-8の仕組みはとても単純明快ながらユニークなものです。利用者は、自分が学習したいと思っている言語で文章を書きます。すると、その言語を母国語とする別のユーザがみんなで添削をしてくれるのです。もちろん自分が日本人なら、海外の方が日本語で書いた文章を添削します。Lang-8では、こうしてソーシャルな助け合いをしながら語学能力を磨いていくのです。

Lang-8のトップページ

Lang-8 TOPページからして15カ国語で作られているという超国際的サービス

添削画面

ユーザは自分の学習したい言語(この場合スペイン語)で文章を書き、ネイティブからの添削を待つ。この写真の場合は母国語でも文章を併記することで、文章の意図を知らせている

自分の体験を元にサービスを創造する

この日本では珍しいくらいのグローバルなサービスは、運営者の喜洋洋さん(27)の実体験が元になっているようです。

中国で生まれながらも4歳から日本で暮らし育った喜さんは、かねてより中国語を学習したいと思っていました。そんな中大学時代に留学した中国にて、現地人の友人に中国語で書いた日記を添削してもらい、その代わりに自分が日本語を教えるという言語交換学習をしたところ「これはかなりいい学習法だ」と手応えを感じ、その体験がそのままLang-8のスタートへとつながったそうです。実体験による喜びや感動体験がそのままサービスに導入されるというのは、シンプルながらも力強い開発動機ですよね。

運営の苦労も吹き飛ぶ感謝の言葉

そんなLang-8もサービス運営に関する悩みは尽きないとか。というのも、喜さんはそもそもプログラマではなかったため、開発者というパートナーが必要でした。幸いにも大学の同級生である松本一輝さんが開発を担当してくれ、サービスインすることができたそうです。いまだサービス運営のための資金繰りも厳しい状態が続いるそうですが、それでもLang-8を続けるのは、喜さんのもとにユーザからの励ましの声が多数届いているから。

「こんなのが欲しかった、有難う!」「Lang-8のお陰で試験に合格した!」「海外に興味が持てた」「海外の友達が出来た」といった感謝のコメントや手紙が送られてきたり、中にはワインや食料を送ってくれたりしたユーザまでもがいたそうです。喜さん曰く「泣きそうになった」とか。サービス運営者としてこれ以上の喜びは無いかもしれませんね。人と人をつなぐLang-8は喜さん自身が人と繋がることで構築されてきたんだとわかる良いエピソードです。

今後も「世界最高の語学学習サービスを目指しているので、出来るところから1歩ずつやって参ります」という喜さん。世界を舞台に戦うサービスは、個人的にも応援していきたいところです。

みなさんも、ぜひユーザ登録をしてLang-8の世界を体感してみてください。最初は誰かの日本語を直してあげるだけでもいいんです。新しいコミュニケーションの世界に胸が躍ること間違い無しですよ。

喜洋洋さんのプロフィール

現在27歳。中国生まれ。4歳から日本に住んでいて、日本で育つ。
京都大学工学部電気電子工学科卒業。京都大学大学院情報学研究科中退。学部卒業後に起業。
好きなアーティストはB'z。最近はTwitterに住んでいる。

Twitter:@yang8

Lang-8

  • 前回の記事

このレポートに関するご意見・ご感想は下記までお願いします。
project@cs.pasonatech.co.jp

中山記男プロフィール

中山記男

総合研究大学院大学(国立情報学研究所)博士課程単位取得退学。在学中の専門は情報検索。その後トライアックス株式会社に入社、現在は独立して合同会社オラニエ[http://o.ran.je/]にてWeb制作、コンサル、企画支援などを専門にこなす。

インターネット黎明期より幅広い方面にて活動、エアロプレイン[http://airoplane.net/] を中心にサポティスタ[http://supportista.jp]、Blogs.com[http://jp.blogs.com/]など数多くのメディアで活躍する。
特にネトラン誌(休刊)ではWebサイト、サービスのアワードで特別審査員をつとめるなど、サービスの評価に定評がある。

新着案件情報