IT?G???W?j?A???N???G?C?^?[?????????h???E?]?E?E???l?????T?C?g

トップページてくらぼ今すぐ役立つ!ITサービス&ツールズ> 複数PC間のデータを同期できるクラウドサービス「Dropbox」

今すぐ役立つ!ITサービス&ツールズ
複数PC間のデータを同期できるクラウドサービス「Dropbox」

2010.06.10
このエントリーを含むブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録 この記事をChoix!

「Dropbox」は、複数のPCのフォルダ内を同期するクラウドサービスだ。指定のフォルダの中にあるフォルダもしくはファイルを追加・更新すると自動的にクラウドにアップロードされ、ほかのPC内のフォルダと同期してくれる。自宅と会社、職場用とモバイル用など、複数の環境でデータを共有したい場合に適している。

複数のPCでデータを共有するにはさまざまな方法があるが、PCやNAS上にファイルを置いて共有するのに比べ、Dropboxで共有しているファイルはローカルドライブ上に置かれることから、ネットにつながっていなくとも読み書きが行えるのが特徴だ。出張先でファイルを参照しようとしたところ、圏外だったのでアクセスできませんでした、では話にならない。クラウド経由でデータを同期しつつも、参照・編集はローカル上のファイルを用いるDropboxは、モバイル環境や電波の入りが悪い場所でも、きわめて信頼性の高いサービスだと言える。

一方、あくまでローカルドライブを同期するサービスなので、Dropboxを利用してもハードディスクの容量が増えるわけではない。Dropboxは無料で2GB利用できるが、これはクラウド上の2GBぶんのスペースを使ってローカルドライブにある2GBぶんのデータを同期できるというだけで、自由に使えるディスク容量が増えるわけではない。容量増を目的にオンラインストレージを探しているのであれば、別のサービスを使った方がよいことになる。

Dropboxのもうひとつの特徴として、インターネットにつながりさえすれば、どこからでもデータを同期できることが挙げられる。自宅と会社、会社と出張先など、家庭内LANや企業内LANの枠を超えて、インターネットにつながりさえすればよいというのは大きなメリットだ。またプラットフォームについても、Window、Mac、Linuxに対応しているほか、iPhone、iPad、Androidにもアプリが用意されるなど、さまざまなデバイスとのデータ同期が行える。

「Dropbox」の利用にあたっては、同期の対象となるPCにクライアントソフトをインストールする必要がある。手順を見ていこう。

Dropboxのサイトのダウンロード画面

まずはDropboxのサイトにアクセスし、「Download Dropbox」をクリックしてクライアントソフトをダウンロードする。Windows、Macのほか、Linuxにも対応するのがDropboxの特徴だ。

インストール画面

インストールを行う。すべて英語だが、特に難しい項目はない。

アカウントの有無を選択

インストールが終わるとアカウントの有無を聞かれる。初めて使う場合は「I'm new to Dropbox」を選んで次に進む。ちなみにアカウント取得済みの場合は下の「I already have a Dropbox account」を選べばログイン画面に遷移する。

アカウントの登録画面

アカウントの登録画面。「Display」欄には、複数のPCを登録した際に見分けが付くようにPCの名前を登録する。

容量選択の画面

容量選択の画面。無料で使えるのは2GBまでなので、ここではとりあえず「2GB」を選択して先に進む。このあといくつか使い方紹介の画面を挟んでインストールは完了。

  • 前回の記事
  • <<
  • 1
  • 2
  • >>

このレポートに関するご意見・ご感想は下記までお願いします。
project@cs.pasonatech.co.jp

バックナンバー一覧へ

山口真弘プロフィール

テクニカルライター。PC周辺機器メーカー2社を経てコンサルティング会社でユーザビリティ改善業務に携わった経験から、ユーザ視点による製品やサービスの使い勝手の評価が専門分野。Impress Watch、ITmediaなどのWeb媒体を中心に活動中。
ブログはこちら

新着案件情報

 ページトップ


IT派遣・エンジニア派遣の【パソナテック】HOMEへ

© 2006-2013 Pasona Tech,inc.All Rights Reserved.