IT?G???W?j?A???N???G?C?^?[?????????h???E?]?E?E???l?????T?C?g

トップページてくらぼ今すぐ役立つ!ITサービス&ツールズ> 盗難に遭ったノートPCから位置情報やスクリーンショットを取得する「Prey」

今すぐ役立つ!ITサービス&ツールズ
盗難に遭ったノートPCから位置情報やスクリーンショットを取得
する「Prey」

2010.05.13
このエントリーを含むブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録 この記事をChoix!

「Prey」は、盗難に遭ったノートPCから位置情報やスクリーンショットを取得し、追跡に役立てられるサービスだ。情報を取得する以外に盗難PCの画面上にメッセージを表示することにより、盗難・紛失したPCの利用者に届出や返却を促すといった機能もある。

「Prey」のTOP画面

PreyのクライアントソフトがインストールされたPCは、定期的にPreyのサイトにアクセスし、IPアドレスなどの情報を送信する。もしこのPCが紛失もしくは盗難に遭った場合は、サイトにアクセスして「Missing」=紛失スイッチをオンにする。これによって、一定間隔でスクリーンショットや位置情報、ウェブカムの画像を取得できるほか、PCに対してリモートでメッセージを表示することができるようになる。iPhoneなどで利用できる「MobileMe」に近いサービスだと言える。

以下、クライアントソフトのインストール手順と、実際に紛失・盗難が発生した時の対処方法に分けて紹介する。なお、設定画面数がそこそこ多いこともあり、手順は一部要約している場合がある。使用時のクライアントソフトのバージョンは0.3.7を使用している。

まずは紛失・盗難の対象となるPCにクライアントソフトをインストールする。「Prey」のサイトからダウンロードし、手順に従ってインストール作業を行う。作業そのものは1分程度で完了する。

「Prey」のダウンロード画面

インストールが完了すると、ひきつづいて各種設定作業を行う。「Configue Prey Setting(Recommended)」にチェックを入れて「Finish」をクリックし、設定画面を起動する。

「Finish」をクリックし設定画面を起動する

「Setup reporting method」を選択して「Next」をクリック。

「Setup reporting method」を選択

「Prey + Control Panel(Recommended)」を選択して「Next」をクリック。

「Prey + Control Panel(Recommended)」を選択

「New user」を選択して「Next」をクリック。

「New user」を選択

名前やメールアドレス、パスワードなどのアカウント情報を入力して「Next」をクリック。

アカウント情報を入力

アカウントの作成が完了した。追跡される側のPCの設定は以上で完了だ。PCを再起動すると、Preyのクライアントソフトがバックグラウンドに常駐するようになる。タスクトレイなどには特に表示されない。

PCの設定が完了

次のページでは、実際に紛失・盗難が発生した時の対処方法を見ていく。

  • 前回の記事
  • <<
  • 1
  • 2
  • >>

このレポートに関するご意見・ご感想は下記までお願いします。
project@cs.pasonatech.co.jp

バックナンバー一覧へ

山口真弘プロフィール

テクニカルライター。PC周辺機器メーカー2社を経てコンサルティング会社でユーザビリティ改善業務に携わった経験から、ユーザ視点による製品やサービスの使い勝手の評価が専門分野。Impress Watch、ITmediaなどのWeb媒体を中心に活動中。
ブログはこちら

新着案件情報