IT?G???W?j?A???N???G?C?^?[?????????h???E?]?E?E???l?????T?C?g

トップページてくらぼ今すぐ役立つ!ITサービス&ツールズ>海外サイトを日本語化する「Japanize」

今すぐ役立つ!ITサービス&ツールズ
海外サイトを日本語化する「Japanize」

2009.05.21
このエントリーを含むブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録 この記事をChoix!

「Japanize」は、日本語以外の言語でつくられたWebサイトを、日本語の表示にしてくれるサービスだ。海外サイトを閲覧する際に本サービスを利用してアクセスすれば、インターフェイスまわりを中心にページが日本語化されるため、サイトを閲覧する際の負荷が大幅に軽減されるというわけだ。

IT関連の技術動向など、最新のトレンドに触れたい場合、その発信源である海外サイトにアクセスしての直接の情報収集はなにかと欠かせない。しかし外国語にある程度精通していても、専門用語で書かれた外国語のサイトをすんなり理解するのは難しい。また、外国語のサイトといっても、英語だけというわけではないわけで、特定の言語にだけ習熟していればよいというわけではない。そんな時に役立つのがこの「Japanize」というわけである。

この「Japanize」は、サイト上の定められた文字列を用意された辞書に基づいて置換するという方式で翻訳を行う。Internet ExplorerもしくはFirefoxに拡張機能として組み込まれるため、いわゆるプロクシを通すのと異なり、利用のたびにいちいち切り替える必要はなく、読み込み速度の違いもほとんど感じられない。

また、サイト側のURLについても何らかの変数がつくといったことはなく、オリジナルのWebサイトと同一なので、リンク切れが発生したり、不正なリファラであるとのエラーが出ることもない。海外サイトを見ていない時などは、そのような拡張機能がブラウザにインストールされていることすら忘れてしまうほどだ。

前置きが長くなったが、インストールは非常に簡単。今回はアドオンとして組み込むFirefoxでのインストールの流れを紹介しよう。

「Japanizeのインストール開始」をクリック
※「Japanize」のサイト。右中央の「Japanizeのインストール開始」をクリックして先に進む。ちなみにこの画面にどのブラウザでアクセスするかによって、ダウンロード対象となるファイルが自動的に選択される
「次へ進む」をクリックする
※「Japanize拡張機能」にチェックが入っていることを確認し、「次へ進む」をクリックする
「今すぐインストール」をクリック
※Firefoxではアドオンとしてインストールされる。ウィンドウ内にJapanizeが表示されているのを確認したのち「今すぐインストール」をクリック
Firefoxを再起動する
※インストールが完了したらFirefoxを再起動する
本サービスを組み込んでいない状態

本サービスを組み込んでいる状態
※再起動後、対応サイトのひとつであるダイナミックDNSサービス「DynDNS」のサイトを表示させてみたところ(下)。本サービスを組み込んでいない状態での表示(上)と比較すると、メニュー周りを中心に日本語化されていることが分かる
翻訳データは有志により作成されている
※翻訳データは有志により作成されており、アカウントを登録することによって個人が参加することもできる
対応するサイトの一覧から自分がよく利用するサイトを探せる
※「Japanize」のサイトには、対応するサイトの一覧が掲載されているので、自分がよく利用するサイトをここから探そう

運営元のサイボウズラボでは有志によって作成された多数の翻訳データを公開しており、対応するサイトの数は実に1000近くに及ぶ。とくに技術系のサイトに強い特徴を持っているため、エンジニアにとっては助けとなるはずだ。インストールが完了したら、まずは対応サイトの一覧に含まれるリンクから各サイトを訪問し、効果のほどを確認してみるのがよいだろう。

注意したいのは、本サービスで翻訳されるのは、あくまでも定型句だけということだ。例えばニュースサイトで本文記事が日本語化して表示されるかというとそうではない。本文のテキストを読むためには、翻訳ツールを別途使う必要がある。

とはいえ、インターフェイスまわりの定型句、例えば「進む」「戻る」や、「ログイン」「送信」といったボタンのラベル、さらに「ようこそ」などの基本的な文言が日本語化されるだけでも、サイトがぐっととっつきやすくなるのだから不思議なものだ。海外サイトへのアレルギーが強いという人は、まずはこのJapanizeを補助輪の代わりにして、世界からの情報収集への第一歩を踏み出してみてはいかがだろう。

■サービス名 Japanize
http://japanize.31tools.com/

■提供元
サイボウズ・ラボ株式会社

■利用料
無料

  • 次回の記事

このレポートに関するご意見・ご感想は下記までお願いします。
project@cs.pasonatech.co.jp

バックナンバー一覧へ

山口真弘プロフィール

テクニカルライター。PC周辺機器メーカー2社を経てコンサルティング会社でユーザビリティ改善業務に携わった経験から、ユーザ視点による製品やサービスの使い勝手の評価が専門分野。Impress Watch、ITmediaなどのWeb媒体を中心に活動中。
ブログはこちら

新着案件情報