Webサーバー運用のためのLinux実践

  • tagオンライン
  • tagトレーニング

開催日

全8回 各1時間 (いつでも受講可)

開催地

東京

対象者tag

就業者

費用

無料

tag対象者 … どなたでも : 興味のある方 マイページ会員 : 会員登録されている方 面談済み会員:来社・面談済み会員の方 就業者 : パソナテックから就業中の方

詳細

【就業中の方限定】On-Line TRAINING
On-Line TRAININGは、パソナテックから派遣社員・契約社員・プロフェッショナル社員・正社員として就業中の皆さんのスキルアップ支援として開催しております。
ご自身のキャリアプランに必要な研修が無料で参加いただけます。

申込みページでご希望のコース名をお伺いしますので、メモなどをお取りいただき、準備ください。同時に3コースまでお申込みいただく事が可能です。

----------------------------------------------------
On-Line TRAINING
Webサーバー運用のためのLinux実践
----------------------------------------------------

■講義内容■
本コースは、全8回を通じて、Linuxの実践的な技術を身に付け、システムに障害等の異常が発生したときの対処方法や適切にWebサーバーを運用するための必要知識とノウハウを習得していく授業です。

第1回:Webサーバー運用のためのLinux実践 -1回目-
1回目は、Linux(CentOS7)の起動が完了し、ユーザーがシステムにログインするまでにシステム内でいったい何が行われているのか?そのブートシーケンスを机上で学習し、実習では、ブートシーケンスをイメージしながら実際にシステムメンテナンスモードに切り替える方法を学習します。

当該内容を学習することで、システムメンテナンスの切り替えができるようになります。

第2回:Webサーバー運用のためのLinux実践 -2回目-
2回目は、Linuxシステムのrootユーザーパスワードを忘れてしまった状況を想定して、systemdによるサービス制御前の、initramfsを利用した一時的なrootfsマウントの状態を保った上でパスワードリセットトラブルシューティング方法を学習します。

当該内容を学習することで、仮にrootパスワードが忘れることによるシステム変更不可の問題を独力で解決できるようになります。

※2回目の授業は、1回目の授業の続編に位置していますので、事前に1回目の授業の受講を推奨します。

第3回:Webサーバー運用のためのLinux実践 -3回目-
3回目は、OSをブートするために必要なrootファイルシステムが見つからないことによるマウントエラーのためにOSがブートしない不具合を想定して、代理ブートからのシステム復旧トラブルシューティング方法を学習します。

当該内容を学習することで、OSがブートしない状況においても適切に代理ブートができるようになり、OSがブートしない問題を独力で解決できるようになります。

※3回目の授業は、1回目の授業の続編に位置していますので、事前に1回目の授業の受講を推奨します。

※授業開始時までにミラーサイトからインストールしているCentOS7と同じバージョンのISOイメージファイルのダウンロードとLinuxシステムへのマウントの実施を済ませておくとスムーズに受講することができます。

【参考URL】
CentOS 公式サイト <外部リンク>

第4回:Webサーバー運用のためのLinux実践 -4回目-
4回目は、稼働しているハードディスクのデータ領域とSWAP領域の稼働状況を把握するために必要な知識と確認コマンドを学習します。

当該内容を学習することで、稼働しているハードディスクの状態を把握し、対処が必要なのかどうなのかの判断を独力で行うことができるようになります。

第5回:Webサーバー運用のためのLinux実践 -5回目-
5回目は、物理ハードディスク増設を想定して、ハードディスクを増設した後に実施しなければならない幾つもの作業を知り、ハードディスク増設から利用までの一連の流れを机上で学習します。

当該内容を学習することで増設した物理ハードディスクを独力で追加して利用できるようになります。

※5回目の授業は、4回目の授業の続編に位置していますので、事前に4回目の授業の受講を推奨します。

第6回:Webサーバー運用のためのLinux実践 -6回目-
6回目は、物理ハードディスク利用のデメリットを吸収したハードディスク仮想化技術である「LVM」を学習し、ハードディスク仮想化のメリットを学習します。

当該内容を学習することで仮想ハードディスクの作成から利用までの作業を独力で行うことができるようになります。

※6回目の授業は、5回目の授業の続編に位置していますので、事前に5回目の授業の受講を推奨します。

第7回:Webサーバー運用のためのLinux実践 -7回目-
7回目は、ハードディスクのInput/Output(以下、Disk I/O)のパフォーマンスについて学習します。インターネットを通じてクライアントに情報を伝達する上で必要なパフォーマンスについて学習します。

当該内容を学習することでDisk I/Oにボトルネックがある場合であっても独力で解決することができるようになります。

第8回:Webサーバー運用のためのLinux実践 -8回目-
8回目は、Webサーバシステムの要塞化について学習します。日々の運用では、常に外部からも攻撃にさらされることも少なくありません。
攻撃にさらされたとしても運用しているWebサーバーを守るための一つの手法を学習します。

当該内容を学習することでサーバの要塞化に関する知識を習得することができます。

■PCについて■
本コースはschooのオンライン動画学習サービスでのご提供です。
PC環境は< こちら >よりご確認ください。

■注意事項■
■個人情報のご登録について
ご利用にあたり、schooアカウント作成に必要な情報(メールアドレス・氏名・住所・連絡先等を含む個人情報)をご登録させて頂きます。あらかじめご了承ください。

■キャンセルについて
トレーニングをキャンセルされる場合は、トレーニング事務局までご連絡ください。

■受講について
ご提供期間中、受講を完了されなかった方は、今後のOn-Line TRAININGのご利用をお断りさせていただく場合がございますので、ご了承ください。


開催日時 全8回 各1時間 (いつでも受講可)
申込締切 随時
会場 オンラインにて受講 
対象者 パソナテックから派遣社員・契約社員・プロフェッショナル社員・正社員として就業中の方

※下記の方にお薦めしてます。
・インフラエンジニア(中級)
・Linuxの応用技術を身に付けたい方
定員数 提供数に制限がございます。順番をお待ちいただく場合もございますので、あらかじめご了承ください。
費用 schooのオンライン動画学習サービスが無料で受講いただけます。
お問い合わせ 株式会社パソナテック
エンジニアマネジメント トレーニング事務局
engineer@pasonatech.co.jp

地図情報地図情報

なし

登録拠点登録拠点

パソナ

パソナテックは全国10拠点にて、転職相談・お仕事紹介・各種イベント・セミナーを実施しています。

ページトップ