AWSクラウドデザインパターン

  • tagオンライン
  • tagトレーニング

開催日

全5回 各45分 (いつでも受講可)

開催地

東京

対象者tag

就業者

費用

無料

tag対象者 … どなたでも : 興味のある方 マイページ会員 : 会員登録されている方 面談済み会員:来社・面談済み会員の方 就業者 : パソナテックから就業中の方

詳細

【就業中の方限定】On-Line TRAINING
On-Line TRAININGは、パソナテックから派遣社員・契約社員・プロフェッショナル社員・正社員として就業中の皆さんのスキルアップ支援として開催しております。
ご自身のキャリアプランに必要な研修が無料で参加いただけます。

申込みページでご希望のコース名をお伺いしますので、メモなどをお取りいただき、準備ください。同時に3コースまでお申込みいただく事が可能です。

----------------------------------------------------
On-Line TRAINING
AWSクラウドデザインパターン
----------------------------------------------------

■講義内容■
Amazon Web Service (AWS)におけるクラウドデザインパターンを学習します。

クラウドとは、ネットワーク越しに別の場所にあるコンピュータ資源をサービスとして提供する形式で、現在さまざまなサービスに活用されています。AWSのようなクラウドは、いつでも好きなときにサーバーの性能を上げたり、台数を増やしたりすることができます。また、ストレージサーバーやデータベースサーバーなども提供されており、自身でサーバーをインストールしたり運用をしなくても使用できるサービスもあります。

必要なものは自分ですべて用意する従来のサーバーシステムと性質が大きく違い、運用や設計の考え方が違ってきます。

「AWSクラウドデザインパターン」は、AWSクラウドならではの設計考え方やノウハウをまとめたものです。
このコースでは、クラウドデザインパターンを理解することでクラウドならではの良い運用や設計方法を学びます。

▪︎1回目の見どころ
1回目では、クラウドとオンプレミスの違いから、AWSの主なサービスのおさらい、今までのオンプレミスの常識が通用しないクラウド設計の基本的な考え方や、”AWSクラウドデザインパターン”とはという基本を勉強していきます。
特に、講義中盤で説明されるAWSのそれぞれのサービスのアイコン(AWSシンプルアイコン)は2回目以降でも登場しますので、ぜひ復習として確認することをオススメします。

▪︎2回目の見どころ
2回目では、いよいよパターンについて説明が始まります。まずは、全57種類あるAWSパターンの9つの分類について説明。また授業後半では、そのうちのEC2(AWSにおける仮想サーバー)に関するパターンについて説明していきます。中盤で、 EC2の基礎についても説明がありますので、EC2についてわからない方も安心です。
抽象的なプログラミングのパターンと比べCDP(クラウドデザインパターン)は実際に使えるものが多いのでとても理解しやすいことも特徴です。パターンの紹介はこのあとも続いていきますので、3回目以降の生放送もお楽しみに。

▪︎3回目の見どころ
3回目は静的コンテンツ処理とデータをアップロードするパターンを学んでいきます。
授業冒頭では、ストレージサービスであるS3をサーバーとして利用する際のメリット、デメリットを紹介、中盤では高速化するために必要なキャッシュサーバーCloudFrontについて学んでいきます。後半は各パターンの紹介になります。

▪︎4回目の見どころ
4回目は動的コンテンツのパターンを中心に学んでいきます。
授業冒頭では、『そもそも動的コンテンツとは』というところから、『動的コンテンツ配信に必要なものは何か』について学んでいきます。
そして中盤から、動的コンテンツパターンについて学んでいきます。仮想サーバーであるEC2と、ストレージサービスであるS3を組み合わせて配信する方法や、時間によってEC2インスタンスを増減させるパターンを紹介します。授業後半は、リレーショナルデータベースのパターンと、非同期処理・バッチ処理のパターンについても学んでいきます。

▪︎5回目の見どころ
5回目は運用保守とネットワークのパターンについて学んでいきます。
冒頭では、運用保守の基本について、中盤から運用保守のパターンについて学んでいいます。運用保守のパターンは、構築の自動化、構成の自動化、アクセスログの集約、障害時のサーバー復旧についてのそれぞれのパターンについて紹介します。授業最後は、ネットワークのパターンについて。ファイアーウォールと負荷分散のパターンについて学んでいきます。


第1回:AWSクラウドデザインパターン -概要-
1. AWSとオンプレミス違うところ
2. AWSの主なサービス
3. クラウド設計の考え方
4. ノウハウをあつめたクラウドデザインパターン
5.新サービスの登場でデザインパターンは進化する

第2回:AWSクラウドデザインパターン -EC2の基本-
1. 57種類のパターンと分類
2. 基本パターン
3. 可用性向上のパターン

第3回:AWSクラウドデザインパターン -コンテンツ処理-
1. 静的コンテンツの処理パターン
2. データアップロードのパターン

第4回:AWSクラウドデザインパターン -動的コンテンツ処理-
1. 動的コンテンツの処理パターン
2. リレーショナルデータベースのパターン
3. 非同期処理、バッチ処理のパターン

第5回:AWSクラウドデザインパターン -運用とインフラ-
1.運用保守のパターン
2.ネットワークのパターン

■PCについて■
本コースはschooのオンライン動画学習サービスでのご提供です。
PC環境は< こちら >よりご確認ください。

■注意事項■
■個人情報のご登録について
ご利用にあたり、schooアカウント作成に必要な情報(メールアドレス・氏名・住所・連絡先等を含む個人情報)をご登録させて頂きます。あらかじめご了承ください。

■キャンセルについて
トレーニングをキャンセルされる場合は、トレーニング事務局までご連絡ください。

■受講について
ご提供期間中、受講を完了されなかった方は、今後のOn-Line TRAININGのご利用をお断りさせていただく場合がございますので、ご了承ください。


開催日時 全5回 各45分 (いつでも受講可)
申込締切 随時
会場 オンラインにて受講 
対象者 パソナテックから派遣社員・契約社員・プロフェッショナル社員・正社員として就業中の方

※下記の方にお薦めしてます。
・インフラエンジニア(初級)
・AWSクラウドデザインパターンの基礎を学びたいプログラミング経験者
・AWSクラウドデザインパターンの基礎を改めて学びたいインフラエンジニアの方
定員数 提供数に制限がございます。順番をお待ちいただく場合もございますので、あらかじめご了承ください。
費用 schooのオンライン動画学習サービスが無料で受講いただけます。
お問い合わせ 株式会社パソナテック
エンジニアマネジメント トレーニング事務局
engineer@pasonatech.co.jp

地図情報地図情報

なし

登録拠点登録拠点

パソナ

パソナテックは全国10拠点にて、転職相談・お仕事紹介・各種イベント・セミナーを実施しています。

ページトップ