VPN/VLAN入門

  • tagオンライン
  • tagトレーニング

開催日

全3回 各45分 (いつでも受講可)

開催地

東京

対象者tag

就業者

費用

無料

tag対象者 … どなたでも : 興味のある方 マイページ会員 : 会員登録されている方 面談済み会員:来社・面談済み会員の方 就業者 : パソナテックから就業中の方

詳細

【就業中の方限定】On-Line TRAINING
On-Line TRAININGは、パソナテックから派遣社員・契約社員・プロフェッショナル社員・正社員として就業中の皆さんのスキルアップ支援として開催しております。
ご自身のキャリアプランに必要な研修が無料で参加いただけます。

申込みページでご希望のコース名をお伺いしますので、メモなどをお取りいただき、準備ください。同時に3コースまでお申込みいただく事が可能です。

----------------------------------------------------
On-Line TRAINING
VPN/VLAN入門
----------------------------------------------------

■講義内容■
インターネット上で暗号化して安全な通信をするためのものが、VPN(Virtual Private Network)です。正しく運用すれば、インターネット回線を使って支社間を接続したり、自宅から社内に接続したりできるようになります。

同じく暗号化して通信するものにVLAN(Virtual Local Area Network)があります。こちらは社内LANなどでLAN回線を仮想化してグループに分けることで、無駄な通信を省いて高速化したり、データが覗き見られないように暗号化したりするものです。

この授業では、VPNとVLANの基礎から使いどころまでを説明します。

第1回:VPN/VLAN入門 -概要-
第1回は、ネットワークやLAN(専用線) を暗号化していくVPNやVLANの概念、使いどころを学習していきます。最近は大学でも導入され、家にいながら大学のネットワークに接続するという事例もあるそうです。
まず授業冒頭では、通信網の中にさらに仮想の通信網を作ることや、データを暗号化するということはどういうことなのか、 イラストを用いた図や、模型を見ながらわかりやすく解説いただきます。また、VPNの使い方の例として、支社同士のネットワークをインターネットを介して接続していく例をイラストを用いて解説いただいた後は、VPNとVLANのメリット、デメリットについて学習していきます。

次のセクションは、それぞれの使いどころについて。VPNは、会社の支社同士をインターネットを介してつなぐつきや、リモートワークなど自宅からインターネットを介して会社のネットワークに接続するなど、拠点同士を接続するときに使います。
そしてVLANは、LANを仮想的に構築していくときに使っていきます。例えば、通常、部署ごとでLANを分けるときにファイアウォールで分けて構築するのですが、VLAN対応のハブを使う場合は1台のハブで、ポートごとに接続できる先を分けることで部署同士で接続できないようにすることが可能になります。授業ではイラストを用いて、わかりやすく解説していただきます。

最後のセクションは、それぞれ、どの階層で暗号化するのか、について。大澤先生に以前担当いただいた「TCP/IPプロトコル入門」でも出てきましたが、7つの階層について詳しく解説いただきます。ここは、VPNとVLANの概要を理解する上で重要なパートになりますので、ぜひ実際の授業を見ながら一緒に学んでいきましょう。
■VPNとVLAN
・VPNとは
・VLANとは
■VPNとVLANの使いどころ
・VPNが必要な場面
・VLANが必要な場面
■拠点間アクセスとリモートアクセス
・拠点をインターネットで接続する
・自宅などから社内LANに接続して使う
■どのレイヤーで暗号化するのかを理解する
・OSI参照モデルとVPN、VLANプロトコルとの関係


第2回:VPN/VLAN入門 -VPN-
第2回は、拠点間の接続時に利用できるVPNについて学習していきます。VPNの接続方法には、拠点間接続とリモート接続がありますが、今回はそれぞれの接続方法の概要と、その代表的なプロトコルについて学習していきます。
授業冒頭は、それぞれの接続方法について改めて先生に説明いただきます。
中盤は、拠点間接続に使用することの多いIPsecという代表的なプロトコルについて。第1回でも学習しましたが、通信するレイヤーは「ネットワーク層」になります。次は、IPsecを構成する3つの仕様の組み合わせについて学習していきますが、あえて暗号化しない方法もあるとのことで、詳細はぜひ授業をご受講ください。またIPsecには「トンネルモード」と「トランスポートモード」があります。それぞれのモードの特徴を、授業ではイラストを使って詳しく説明いただきます。
最後のセクションは、リモート接続の代表的なプロトコルであるPPTPやL2TPについて。昔は電話回線でアクセスしPPPというプロトコルで接続していましたが、現在はPPPの仕組みをそのままインターネット化したPPPoEを使用してます。次は、リモート接続の代表的な方式である3つのプロトコルについて。さらに授業では、各端末からの接続についてや、ユーザー認証について詳しく解説いただきます。
■拠点間接続の仕組み
■拠点間接続の代表IPSec
■IPSecを使うには
・IPSec対応ルータ
・2つのモード
■リモートアクセスの仕組み
■L2TP、PPTP、L2F
■認証サーバの仕組み


第3回:VPN/VLAN入門 -SSL-VPNとVLAN-
第3回では、まずVPNを実現する主要な方法である「SSL- VPN」について学習していきます。
SSL-VPNが他のプロトコルと違う大きな特徴として、Webブラウザ上でログインし操作できるということと、ファイアウォールを通ることができるということ。SSL- VPNには3つのタイプがあります。詳しくは授業をぜひご受講ください。
次のセクションは、VLANの概要について。まずは、第1回でも学習した基本的な概念を復習していきます。VLANを使用する目的は、ハブの削減だけではありません。例えば、階をまたいでさまざまな部署が存在する場合や、部署移動があった際に、臨機応変に接続することが可能になります。
最後のセクションは、VLANの切り替えについて学習していきます。割り当てを決める方法は、最初から管理者が割り当てを決めてしまう「スタティックVLAN」と“誰が接続するか”によって変わる「ダイナミックVLAN」と大きく分けて2つあります。ダイナミックVLANは、さらに3つの種類に分かれます。イラストを用いてわかりやすく解説いただきますので、詳しくは授業をご受講ください。
■ファイアウォールを抜けられるSSLVPN
■モバイル向け、海外旅行に便利なVPNサービス
■LANの仕組み
Ethernetとハブ
■セグメントの分離
■VLANで仮想的に分割する
■レイアウト・拠点が自在になる
■総まとめ

■PCについて■
本コースはschooのオンライン動画学習サービスでのご提供です。
PC環境は< こちら >よりご確認ください。

■注意事項■
■個人情報のご登録について
ご利用にあたり、schooアカウント作成に必要な情報(メールアドレス・氏名・住所・連絡先等を含む個人情報)をご登録させて頂きます。あらかじめご了承ください。

■キャンセルについて
トレーニングをキャンセルされる場合は、トレーニング事務局までご連絡ください。

■受講について
ご提供期間中、受講を完了されなかった方は、今後のOn-Line TRAININGのご利用をお断りさせていただく場合がございますので、ご了承ください。


開催日時 全3回 各45分 (いつでも受講可)
申込締切 随時
会場 オンラインにて受講 
対象者 パソナテックから派遣社員・契約社員・プロフェッショナル社員・正社員として就業中の方

※下記の方にお薦めしてます。
・VPNとVLANの仕組みから導⼊事例を改めて学びたいインフラエンジニアの方

<前提>
・TCP/IPプロトコル入門 受講済み、または同等の知識をお持ちの方
定員数 提供数に制限がございます。順番をお待ちいただく場合もございますので、あらかじめご了承ください。
費用 schooのオンライン動画学習サービスが無料で受講いただけます。

お問い合わせ 株式会社パソナテック
エンジニアマネジメント トレーニング事務局
engineer@pasonatech.co.jp

地図情報地図情報

なし

登録拠点登録拠点

パソナ

パソナテックは全国11拠点にて、転職相談・お仕事紹介・各種イベント・セミナーを実施しています。

ページトップ