Zabbixで学ぶネットワーク監視基礎

  • tagオンライン
  • tagトレーニング

詳細

■講義内容■
このコースのゴールは、オープンソース統合監視ソフトウェアZabbixの初歩的な使い方、操作方法を学ぶことで、サーバーやネットワーク機器などの死活監視、パフォーマンス監視を行う上で必要な考え方とZabbixの基礎を身につけることです。

第2回の授業中でZabbix 3.0のインストールの手順をご案内しますが、インストールには時間がかかることが想定されるため、あらかじめZabbixサーバーをインストールしたLinuxサーバーを用意しておいていただくと、授業に合わせてご自身で実際に操作をいただくことが可能です(必須ではありません)。

Zabbixは下記ページからRPMまたはDebパッケージ、Zabbixアプライアンスをダウンロードいただけます。
Zabbixダウンロード
→https://www.zabbix.com/jp/download
Zabbix 3.0インストール手順→https://www.zabbix.com/documentation/3.0/manual/installation/install_from_packages/server_installation_with_mysql

第1回:システムの監視とは
第1回ではシステムの監視の必要性と概要、一般的なサーバー、ネットワーク機器の監視ポイントを学びます。

・システム監視とは
・なぜ監視をする必要があるのか
・サービスの監視とシステムの監視
・ネットワークの監視のポイント
・Linuxサーバーの監視のポイント
・Windowsサーバーの監視のポイント
・ミドルウェアの監視のポイント
・よく利用されている監視ソフトウェア
・Zabbixとは
・Zabbixの主な機能
・なぜZabbixなのか

第2回:インストールとテンプレートによる監視
第2回ではZabbixのインストールから、監視対象の登録、テンプレートを利用したサーバーの監視とグラフの表示までを学びます。

・Zabbixの動作環境とインストール要件
・Zabbixのバージョン
・ZabbixサーバーとWebインターフェースのインストール
・Zabbixエージェントのインストール
・Webインターフェースへログイン
・Webインターフェースの操作
・ホスト(監視対象)の登録とテンプレートの利用
・監視テンプレートの概要
・収集済みデータの確認
・グラフの表示

第3回:監視設定と障害通知、より高度な使い方
第3回では監視対象の登録、テンプレートを利用したサーバーの監視とグラフの表示の仕方などを学びます。

・アイテムとトリガー
・Pingによる死活監視設定
・プロセスの監視設定
・障害の検知
・イベントと障害通知
・カスタムグラフの表示と設定
・マップとスクリーンの表示
・ローレベルディスカバリの概要
・Web監視
・その他の高度な監視機能

第2回で利用した設定の詳細の解説から、監視設定の追加、障害の検知と通知、より高度な監視機能まで幅広く学んでいきます。

■PCについて■
本コースはschooのオンライン動画学習サービスでのご提供です。
PC環境は< こちら >よりご確認ください。

■注意事項■
■個人情報のご登録について
ご利用にあたり、schooアカウント作成に必要な情報(メールアドレス・氏名・住所・連絡先等を含む個人情報)をご登録させて頂きます。あらかじめご了承ください。


受講時間 全3回 各1時間
対象者 ・パソナテックから派遣社員・契約社員・プロフェッショナル社員・正社員として就業中の方

※下記の方にお勧めしてます。
インフラエンジニア(初級)
サーバーやネットワークの監視を始めようとしている方、Zabbixの導入を検討している方
定員数 提供数に制限がございます。順番をお待ちいただく場合もございますので、あらかじめご了承ください。
費用 無料
お問い合わせ ▪️派遣・契約社員の方
株式会社パソナテック スタッフィンググループ
sr@pasona.tech

▪️社員(OSB)・プロフェッショナル社員の方
株式会社パソナテック スキルアップ事務局
skill-up@pasona.tech

地図情報地図情報

なし

登録拠点登録拠点

パソナ

パソナテックは全国10拠点にて、転職相談・お仕事紹介・各種イベント・セミナーを実施しています。

ページトップ