Ruby入門

  • tagオンライン
  • tagトレーニング

開催日

全10回 各1時間 (いつでも受講可)

開催地

東京

対象者tag

就業者

費用

無料

tag対象者 … どなたでも : 興味のある方 マイページ会員 : 会員登録されている方 面談済み会員:来社・面談済み会員の方 就業者 : パソナテックから就業中の方

詳細

【就業中の方限定】On-Line TRAINING
On-Line TRAININGは、パソナテックから派遣社員・契約社員・プロフェッショナル社員・正社員として就業中の皆さんのスキルアップ支援として開催しております。
ご自身のキャリアプランに必要な研修が無料で参加いただけます。 

申込みページでご希望のコース名をお伺いしますので、メモなどをお取りいただき、準備ください。同時に3コースまでお申込みいただく事が可能です。

----------------------------------------------------
On-Line TRAINING
Ruby入門
----------------------------------------------------

■講義内容■
この授業は、全10回の構成です。
受講することで、Rubyの基本文法を理解し、プログラムを記述し、Webアプリケーション開発を行うことができるCRUD処理を含むDB連携のWebアプリケーションを一人で作成できるようになります。
本授業はRubyの基本を学習する授業ですが、Webアプリケーションを扱うことから、HTMLの基礎的な知識をお持ちの方で
・初めてRubyの基礎を勉強するエンジニア初心者の方
・Rubyを改めて体系的に学習したいエンジニアの方
等、実務ではRubyに触れてこなかった方にお薦めです。
本授業では、Rubyの実行環境が必要です。
初心者の方には、手軽に用意できるクラウド開発環境を推奨しています。クラウド開発環境は、お使いの端末のOS(例:MacやWindowsなど)とは無関係に利用することができます。
クレジットカードが必要なものとそうではないものがあるため、参考情報に沿って事前にご準備をお願いいたします。
クレジットカードをお持ちの方
Cloud9で開発環境構築 → https://diveintocode.jp/diver/seminar_documents/rails00
クレジットカードをお持ちではない方
CodeAnywhereで開発環境構築 → https://diveintocode.jp/diver/seminar_documents/rails00_codeanywhere

なお、クラウド開発環境ではなく、ローカル開発環境を最初から構築したい方は、以下に沿って事前にご準備をお願いいたします。
Mac OS X 端末をお使いの方
開発環境の構築 -Mac編- → https://diveintocode.jp/diver/web_texts/local_mac
Windows 端末をお使いの方
開発環境の構築 -Windows編- → https://diveintocode.jp/diver/web_texts/local_windows

将来的にWebアプリケーションの開発が容易にできるよう、必要な方は、Ruby on RailsやDBMSのインストールもしておいてください。
※授業内で必須では使用いたしません
※上記の”開発環境の構築”ページでご案内しております

■授業で使用するファイル
第4回-3701_downloads.zip
第5回-3702_downloads.zip
第6回-3703_downloads.zip
第7回-3704_downloads.zip
第9回-3706_downloads.zip
※授業以外での利用は禁止します

第1回:Ruby入門 -開発環境と基礎知識-
開発環境の構築方法と構築後のRuby実行モードへの切り替えや作業方法を学習していきます。

・プログラミング言語Rubyと開発環境とは
・開発環境の構築
・Ruby実行環境の起動

第2回:Ruby入門 -irbと基本操作-
Rubyで命令を記述し処理を実行する方法の基礎を学びます。

・irbで「Hello World」を出してみよう
・ソースコードで「Hello World」を出してみよう
・文字列とは
・文字コードとは
・コメントと埋め込みドキュメントとは
・ローカル変数とは
・プリント文とは

第3回:Ruby入門 -リテラルと演算子-
Rubyの実行環境を使い、学習を進めていくための基本操作を学びます。リテラルと演算子をつかいカンタンな計算処理を書くことができるようになります。

・リテラルとは
・演算子とは

第4回:Ruby入門 -制御構造とコレクション-
Rubyの実行環境を使い、学習を進めていくための基本操作を学びます。制御構造とコレクションをつかい条件分岐や連続した処理の実装ができるようになります。

・制御構造とは
・コレクションとは

第5回:Ruby入門 -オブジェクトとクラス-
オブジェクトとクラスの概念を理解することでRubyプログラムを自律して考えて実装することができるようになります。

・オブジェクト指向言語Ruby
・クラス・メソッド・インスタンスの概念
・実際につくってみよう

第6回:Ruby入門 -変数-
Rubyの実行環境を使い、学習を進めていくための基本操作を学びます。Rubyの変数の使い方とその種類や特徴を理解することでRubyプログラムを自律して実装することができるようになります。

・変数の使い方
・変数の種類
・スコープ

第7回:Ruby入門 -配列とハッシュ-
Rubyの配列とハッシュの概念、その使い方を理解することでRubyプログラムを自律して実装することができるようになります。

■配列
・配列とは
・配列の要素の取得と追加
・配列メソッド
・配列の応用例

■ハッシュとは
・ハッシュとは、配列との違い
・ハッシュのキー
・ハッシュの値の取得と追加
・ハッシュメソッド
・配列の応用例

第8回:Ruby入門 -APIドキュメント-
APIドキュメントの読み方を理解することでAPIを活用したRubyプログラムの実装ができるようになります。

・APIとは
・RubyのAPIドキュメント
・ドキュメントを確認してみよう
・APIのライブラリを使ってみよう
  組み込みライブラリ
  標準添付ライブラリ
・まとめ

第9回:Ruby入門 -JSONデータを生成する-
JSONデータを生成する方法を理解することでAPIを利用してRubyプログラムを自律して実装することができるようになります。

・JSONデータとは
・JSONデータの生成方法
・API利用への応用

第10回:Ruby入門 -入門総集編-
1回目から9回目までの内容を総集編として再学習します。

・オブジェクト指向スクリプト言語Ruby
・リテラル
・演算子
・制御構造
・コレクション
・APIドキュメント
・JSONデータを生成
・クラス・メソッド・インスタンス

■PCについて■
本コースはschooのオンライン動画学習サービスでのご提供です。
PC環境は< こちら >よりご確認ください。

■注意事項■
■個人情報のご登録について
ご利用にあたり、schooアカウント作成に必要な情報(メールアドレス・氏名・住所・連絡先等を含む個人情報)をご登録させて頂きます。あらかじめご了承ください。

■キャンセルについて
トレーニングをキャンセルされる場合は、トレーニング事務局までご連絡ください。

■受講について
ご提供期間中、受講を完了されなかった方は、今後のOn-Line TRAININGのご利用をお断りさせていただく場合がございますので、ご了承ください。


開催日時 全10回 各1時間 (いつでも受講可)
申込締切 随時
会場 オンラインにて受講 
対象者 パソナテックから派遣社員・契約社員・プロフェッショナル社員・正社員として就業中の方

※下記の方にお薦めしてます。
初めてRubyの基礎を勉強するエンジニア初心者の方、Rubyを改めて体系的に学習したいエンジニアの方
定員数 提供数に制限がございます。順番をお待ちいただく場合もございますので、あらかじめご了承ください。
費用 schooのオンライン動画学習サービスが無料で受講いただけます。

お問い合わせ 株式会社パソナテック
エンジニアマネジメント トレーニング事務局
engineer@pasonatech.co.jp

地図情報地図情報

なし

登録拠点登録拠点

パソナ

パソナテックは全国11拠点にて、転職相談・お仕事紹介・各種イベント・セミナーを実施しています。

ページトップ