ページの先頭へ

新たな商品を生み出す、女性だけのエンジニアチームを作りたい

Y.Kobata

機械設計エンジニア

入社2年目

kobata kobata

チーム5人で駆動部品の先行開発プロジェクトに携わる

私は未経験でものづくりの業界に入りました。OJTで学びながらCADオペレーターからCAD設計とキャリアを積み、現在に至るまでに、解析専門の部署にて携帯電話、車のエンジン部品、駆動部品の設計に携わってきました。チーム5人で駆動部品の先行開発のプロジェクトに携わったことがあり、私はチームの中で強度解析、シミュレーションによる隙解析の構築と実務担当業務を担当しました。ちょうどリーマンショックの時期と重なり、開発予算枠も削減、試作する個数、回数、時間の短縮が求められるプロジェクトでした。担当者と密にコミュニケーションを取りながらもマクロと簡易解析を駆使し、解析結果をもとに、実際に評価して確認する部位を絞り実機評価を削減。解析で置き換え出来る箇所は解析の結果を反映することにより大きさ(車の仕様バリエーション)、形のバリエーション作成において費用削減、時間工数を大幅カットすることができました。開発において汎用性の高い評価ツールを作ること事が出来ました。

実際の結果と解析の整合性を合わせる為に何十回も解析手法をやり直す作業は大変でしたが、汎用性の高いツールを完成させることができ、実際に他の人が活用しているのを見た時は、達成感と共に嬉しさが込み上げてきました。

kobata-san

良いモノを作りたい"という思いが良いプロダクトを生む

「ものづくり」の現場では、沢山の方が関わり仕事をしています。意見交換をしたり、時には叱られたり、大変なことも多くありますが、みんな"良いモノを作りたい"という思いを持って仕事をしています。そうした環境を共にした仲間との出会いが、私にとって人生の財産になっています。
また、機械設計分野は男性エンジニアが多く活躍する職場ですが、ここ5年で女性の技術エンジニアも増えてきました。ものづくりの業界にもきめ細やかな女性の特性を活かせる業務は沢山あります。
まだまだ女性が活躍できる場面が少ないのが現状ですが、女性のものづくりエンジニアとして、女性が活躍できる環境づくり、チーム作りに貢献していきたいと思っています。

kobata-san

一日のスケジュール

  8:45
始業開始
  8:50
メールチェック&CADソフトの立ち上げ
  9:30
会議設定、会議資料作成
10:30
社内会議
12:00
ランチ
14:00
メーカー、他部署との打ち合わせ
15:00
設計及び不具合解析業務
20:00
退社
obata

自転車の耐久レースに出場しプライベートでもチャレンジ

もともとバレーボールをやっていたので体を動かすことが好きです。最近は鈴鹿で自転車の耐久レースに出たり、昔は36キロのトレイルランニングなどにもチャレンジし、リフレッシュしています。

obata

関連する募集職種

機械設計・開発エンジニア

採用に関するお問合せ

新卒採用・キャリア採用
Tel:0120-169-150 / 03-6872-6013