パソナテック Pepperの「ロボアプリパートナー」として認定 ロボティクス・サービス・インテグレーション事業を開始

2016年02月19日

IT・エンジニアリング分野に専門特化した人材サービス・アウトソーシングサービスを行う株式会社 パソナテック(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 吉永隆一)は、ソフトバンクロボティクス株式会社より「ロボアプリパートナー」(Basic)の認定を12月1日に受け(認定ID:PPP201511005)、これに伴いロボティクス・サービス・インテグレーション事業を2月19日(金)に開始いたします。本事業では、Pepperのアプリケーション開発をはじめ、導入や運営サポート、またユーザー教育などのサービスを提供いたします。

Pepperをはじめとするヒト型ロボットの技術進歩はめざましく、最近では金融機関や商業施設などで活用されるケースも増加しています。このような活用範囲の拡がりに伴い、企業のニーズに応じた独自のアプリケーション開発の需要が高まっています。

そこで、パソナテックは「ロボアプリパートナー」(Basic)の認定を受け、今後Pepperの アプリケーション開発や導入支援、また研修を提供するロボティクス・サービス・インテグレーション 事業を2月19日(金)に開始いたします。接客や介護等、Pepperを導入する企業独自のニーズにあわせた開発のほか、様々なビジネスアプリケーションの導入、また運営に関する総合的なサービスを提供いたします。

パソナテックは今後、Pepperのオペレーターの育成や人材サービスを目指し、本事業を通じて、人と ロボットが共存するより暮らしやすい社会・ライフスタイルを実現するための多様なソリューションを提供してまいります。

ロボティクス・サービス・インテグレーション事業 概要

開 始 日2016年2月19日(金)
内  容 「ロボアプリパートナー」(Basic)の認定により、以下を主要サービスとして推進してまいります。

1. Pepperの「ECOアプリケーション」開発サービス

パソナテックの「むすぶkintoneサービス」を活用し、超高速アプリケーション開発を提供。

2.Pepperを活用した各種業務支援サービス

Pepperの導入を考える企業を対象としたコンサルティングをはじめ、個社のニーズにあわせたPepperのアプリケーション開発や、開発した独自のアプリケーションを搭載したPepperの運営等の総合的な支援を提供。
例)
  • 総合受付
  • 企業が社員を対象に実施するストレスチェック
  • 介護支援(高齢者の方の見守り支援アプリケーション 等)

3.Pepper導入企業様向けサポートサービス ※2016年春サービス開始予定

  • メンテナンス対応
  • ヘルプデスク
  • ユーザー教育研修

4.コンシェルジュサービス ※2016年春サービス開始予定

  • Pepperを保有する企業が、Pepperを活用したイベントを開催する際の運営サポート
  • Pepperのオペレーターの育成及び派遣
お問合せ株式会社パソナテック ITソリューション事業部
Tel 03-5224-5240

※ソフトバンクロボティクスのPepperを活用し、自社に実施しているものです。

「ロボアプリパートナー」(Basic)認定概要

パソナテックは、Pepperのアプリケーション開発における実技および筆記試験を経て、ソフトバンクロボティクス株式会社の「Pepperパートナープログラム」より一定の知識や技術水準を満たしたと評価され、ロボアプリパートナー(Basic)として認定されました。

認定ID:PPP201511005
「Pepperパートナープログラム」とは
http://www.softbank.jp/robot/developer/program/partner/
ロボアプリは、ソフトバンクロボティクス株式会社の登録商標です。

「ロボアプリパートナー」認定ロゴ

ニュースリリース

ページTOPへ戻る