世界のエンジニア10,000名によるグローバルソーシングを実現 パソナテックとモンスター・ラボが資本・業務提携 ITO事業を拡大

2015年11月02日

IT・エンジニアリング分野に専門特化した人材サービス・アウトソーシングサービスを行う株式会社パソナテック(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 吉永隆一)と、世界各地のエンジニアに技術開発を依頼できるグローバルソーシングサービス「セカイラボ」を運営する株式会社モンスター・ラボ (本社:東京都目黒区、代表取締役 鮄川宏樹)は資本・業務提携し、グローバルソーシングサービスの強化を図ってまいります。

近年のクラウドやソーシャル市場の拡大に伴い、企業によるITO(インフォメーションテクノロジーアウトソーシング)事業の導入が加速し、費用対効果の高い海外へ業務を依頼するグローバルソーシングの需要が高まっています。特にアプリ、Web、業務システム開発分野においては、グローバルソーシングの利用が増えており、低コスト且つ高品質なソリューションが求められています。

そこでこの度、パソナテックは世界15地域10,000名の海外エンジニアが活躍するグローバルソーシングプラットフォーム「セカイラボ」を運営する、株式会社モンスター・ラボと資本・業務提携し、主に日系企業に対して、優秀な海外エンジニアネットワークを活かした新たなグローバルソーシングを提供してまいります。
開発指示や進行管理を行うディレクションは日本のチームが担当し、スマートフォン、Web、業務アプリ等の開発業務を海外で行うことで、品質とコストパフォーマンスに優れたグローバルソーシングサービスの提供が可能となります。

パソナテックとモンスター・ラボは共同でITO分野におけるエンタープライズ市場の開拓、海外とのブリッジSE機能の強化を図り、アプリ、Web、業務システム開発を中心としたグローバルソーシングサービスの提供を行うほか、海外拠点での連携をはじめ、期間を区切って専属エンジニアチームを活用する「ラボ型開発」サービスの提供など、互いの強みを生かしながら事業協力領域を拡大させてまいります。

※1 グローバルソーシング:
システムの開発や運用などの業務委託先について、世界中から最適な企業を選択してアウトソーシングする概念

※2 資本・業務提携:
株式会社パソナテックは株式会社モンスター・ラボに、2015年10月8日付で資本参加および業務提携しています

グローバルソーシングサービス「セカイラボ」について

セカイラボは、世界のエンジニアチームに技術開発を依頼できるグローバルソーシングプラットフォームです。 世界15ヶ国、100社の開発会社(エンジニア数にして10,000名)ネットワークに加え、日本・中国・ベトナム・バングラデシュの自社開発拠点を持ち、スマホアプリ・Web・業務システムからIoT、AR/VR、ロボットといった先端分野の開発まで、日本語で依頼していただくことができます。
URL:http://www.sekai-lab.com

「ラボ型開発」について

半年・一年以上の一定期間、海外で自社専属の開発チームを提供するサービスです。

  • 豊富なエンジニアデータベースの中から、クライアント企業の要望に適した人材・チームを提案
  • 日本人ラボマネージャーによるサポート及びノウハウの提供
  • ラボで開発したプロダクトを各国向けにローカライズ支援 など
URL:http://www.pasonatech.co.jp/biz/labo.jsp

会社概要

株式会社パソナテック

本  社 東京都千代田区丸の内2-6-1 丸の内パークビルディング19階
設  立1998年8月1日(事業開始日)
資 本 金4億8,000万円
代 表 者代表取締役会長 森本宏一
代表取締役社長 吉永隆一
事業内容IT/インターネット分野およびエンジニアリング分野における下記の事業
  • エキスパートサービス(人材派遣)
  • プレース&サーチ(人材紹介)
  • アウトソーシングサービス
  • クラウドソーシング事業
U R L http://www.pasonatech.co.jp/

株式会社モンスター・ラボ

本  社東京都目黒区中目黒3-3-2 EGビル7階
設  立2006年2月3日
資 本 金6億5250万円(資本準備金を含む)
代 表 者代表取締役CEO 鮄川 宏樹
事業内容
  • サービス開発事業
  • グローバルソーシング事業(セカイラボ社)
  • 音楽事業
  • ゲーム事業
U R L http://www.monstar-lab.com

ニュースリリース

ページTOPへ戻る