パソナテック クラウドソーシングサービス「Job-Hub」 全国初の官民連携アプリコンテスト「YOKOHAMA Ups!」を開催 ~ 10月22日からコンテスト説明会開催 ~

2013年10月09日

 ITに専門特化した人材サービス・アウトソーシングサービスを行う株式会社パソナテック(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 吉永隆一、www.pasonatech.co.jp)が運営するクラウドソーシングサービス「Job-Hub」(ジョブハブ)は、この度、全国初の官民連携のアプリコンテストである「YOKOHAMA Ups!」(ヨコハマ アップス)をデジタルハリウッド大学大学院、株式会社tvkコミュニケーションズとともに開催いたします。
 また、本コンテストの開始日にあたる10/22(火)より公募説明会を開催します。

 昨今のスマートデバイスの爆発的な普及は、豊富な情報の中から自身に有益なものを取捨選択することを可能にし、さまざまな専用アプリケーションの出現は生活の利便性を飛躍的に向上させています。本コンテストでは、「横浜」をテーマにしたアプリのアイデアを「女性」「若年層」「高齢者」など、幅広い層から募集する市民参加型のイベントで、実際に寄せられたアイデアを具現化することで、市民生活の向上につなげることを目的としています。

 実施にあたり、パソナテックはクラウドソーシングサービス「Job-Hub」で、アイデアの募集・選考を実施し、寄せられたアイデアはパソナテックまたは「Job-Hub」に登録しているエンジニアをはじめ、横浜市の学生やエンジニア、企業などにも広く呼びかけ実現を進めます。

 また今回、共同で主催するデジタルハリウッド大学大学院は、スマートデバイスなどを活用したデジタルコミュニケーションスキルを向上させるセミナーなどの機会の提供し、株式会社tvkコミュニケーションズは横浜を含む神奈川エリアに本取り組みを広く周知し、市民への認知向上を図ります。

 パソナテックは今回の「YOKOHAMA Ups!」への参画を皮切りに全国の官民連携プロジェクトに積極的に参加してまいります。

 

■「YOKOHAMA Ups!」概要

名称「YOKOHAMA Ups!」
目的 アプリを用いて、日常を便利に楽しくしたいという想いを持つ、横浜市の未来を担う「若者」、より一層の社会参加が望まれる「女性」、豊かな知識・経験を持つ「高齢者」、そして専門領域の強みを持った「民間企業」が、アイデアとスキルを持ち寄ってアプリとして具現化させ、市民生活の向上につなげる。
主催 株式会社パソナテック、デジタルハリウッド大学大学院、
株式会社tvkコミュニケーションズ
共催横浜市
開催期間平成25年10月22日(火)~平成26年2月28日(金)
募集内容「横浜」をテーマとしたアプリの企画、または企画開発
応募資格・本コンテストの募集要項に同意いただける方
・プロ・アマ、個人・法人の別を問わず。グループの参加も可
 専用サイトhttp://jobhub.jp/camp/yokohama-ups

■「YOKOHAMA Ups!」公募説明会 開催概要

開催日時2013年10月22日(火)14:00~16:30
場所ヨコハマ創造都市センター 1階ホール(横浜市中区本町6-50-1)
参加費無料
定員150名(定員になり次第受付終了)
申込期限2013年10月18日(金)17:00まで
申込方法下記URLからの事前エントリー
http://jobhub.jp/camp/yokohama-ups/event131022

報道関係者お問合せ

株式会社パソナグループ 広報室 担当/梅原、根本
Tel:03-6734-0215  E-mail:p.kohoshitsu@pasonagroup.co.jp

ニュースリリース

ページTOPへ戻る