スマートフォン(高機能携帯電話)アプリ開発人材育成事業 パソナテック『A.i.Camp』を7月より実施 ~東日本大震災で被災された求職者向けの募集説明会を仙台にて開催~

2011年05月24日

ITに専門特化した人材サービスを行う株式会社パソナテック(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:森本 宏一、http://biz.pasonatech.co.jp/)は、需要が拡大するスマート フォン(高機能携帯電話)の「アンドロイド」と「iPhone(アイフォーン)」両方のアプリケーション開発ができる技術者を育成する『A.i.Camp』(エーアイキャンプ)を7月より開始いたします。
また、パソナテックは事業開始に伴い、当事業への参加者を募る「募集説明会」を、パソナ テック岐阜にて5月27日(金)より開始し、東日本大震災で被災された方を対象にした募集説明会を、パソナ・仙台にて6月2日(木)に開催いたします。

iPhoneに代表されるスマートフォン市場は、出荷台数が昨年の3.7倍(2011年5月MM総研調べ)になるなど、近年大きな成長を遂げており、アプリケーション開発のニーズが高まっています。
また、アプリケーションの購入経路が限定されているため、開発者にとっては新たな販路開拓が不要であり、中小企業、個人の参入が容易になっています。そのため、スマートフォン市場は、地方都市の新たな成長産業として注目が集まる一方で、開発を担う技術者はまだまだ不足しており、人材育成・輩出が課題となっています。

そこでパソナテックでは、岐阜県より受託した『A.i.Camp』を通じて、今後人材需要が高まるスマートフォンアプリ開発人材を育成してまいります。当事業では、座学研修としてアプリケーション開発において必要な基礎的なプログラミング知識・技術を学びます。OJT研修は、岐阜県向けのアプリケーションの企画・開発・運営までを一貫して行うほか、岐阜県内のIT企業にて開発業務の実務経験を積むことで県内での就職につなげていきます。
また、当事業は、東日本大震災で被災された求職者に対する雇用支援策としても積極的に展開していきます。

つきましては下記概要をご高覧の上、ご掲載並びに説明会当日のご取材いただければ幸いです。

『A.i.Camp』概要

目的 スマートフォンのアンドロイドとiPhone両方のアプリケーション開発ができる技術者を育成する
実施日 2011年7月~2012年3月末
対象者 失業中および、東日本大震災で被災された方で開発実務経験がある方
募集人数 20名
内容 【座学研修(5ヶ月)】
iPhone、アンドロイドのプログラミング基礎知識・技術の習得
【OJT研修(4ヶ月)】
岐阜県公式の新規アンドロイドアプリの企画・開発。岐阜県公式iPhoneアプリのアンドロイド版開発。岐阜県内企業の開発プロジェクトへの参加を通じた実務研修
待遇 月給200,000円(福利厚生、交通費別途有り)
※被災された方の宿泊費、東北地方からの移動交通費は支給
その他 本事業の運営は、岐阜県からパソナテックが受託し、実施してまいります

募集説明会・選考会 概要

<岐阜>
日程: 5月27日(金)、5月31日(火)、6月7日(火)14:00~16:00
場所: パソナテック岐阜・サテライト(岐阜市神田町9-27 大岐阜ビル)

<東京>
日程: 6月4日(土)14:00~16:00
場所: パソナグループ本部(千代田区大手町2-6-4)

<仙台>
日程: 6月2日(木)11:00~16:00(説明会)
     6月3日(金)13:00~ (選考会)
場所: パソナ・仙台(仙台市青葉区中央1-2-3 マークワンビル17F) 

内容: 事業説明、希望者を対象とした面談
お問合せ: パソナテック Social Solution Company(SSC) 058-212-3080
【報道関係者 お問合せ】 株式会社パソナグループ 広報室 藤巻、根本
TEL:03-6734-0215   mail:p.kohoshitsu@pasonagroup.co.jp

ニュースリリース

ページTOPへ戻る