理論と実機操作の組み合わせ研修で、現場で使えるスキルを習得 事例に学ぶ!実践プロフェッショナル Network Lab Study

2009年09月28日

IT(情報技術)に専門特化した人材サービスを行う株式会社パソナテック(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:森本宏一 以下パソナテック)は、ネットワークエンジニアが実務で活かせるスキルと経験を習得できる研修「実践プロフェッショナル Network Lab Study(ネットワーク ラボ スタディ)」を開催します。

ネットワークの運用管理の現場では日々さまざまな事象が発生しながらも、そのトラブルを短時間に解決することが最優先課題となるため、時間をかけて分析し解決策を精査する余裕を持てないのが現状です。そのため、そのトラブルへの対応策が最善だったのか、また、今回の解決方法を別のトラブル発生時に応用するためにきちんとノウハウ化し習得することは易しくありません。

今回開催する「実践プロフェッショナル Network Lab Study」は、企業内ネットワークの構築・管理においてよく発生するトラブル事例や実装のポイントを取り上げ、基礎理論を学習した上で実機造作による演習を行う形式となっており、理論を理解した上で実機による経験学習を重ねることで実務に役立つ実践力を身につけます。

実施概要

実施形式
  • 平日夜間は講義にて理論学習、土曜日に集中して実機演習を実施
  • 2人一組にてルータまたはスイッチ各3台の操作・設定を行う
Lab環境 Cisco2600XMルータ/Catalyst2950スイッチ
※コースにより使用機器が異なります。詳細はWebサイトにてご確認ください
会場 パソナテック東京本社 セミナールーム(渋谷マークシティウェスト17階)
参加対象 パソナテック来社登録以上のステータスの方
  -小規模ネットワーク構築を、実務を通じて理解されている方
  -Cisco機器問わず、コマンドによる機器操作に慣れている方
費用(1コース) 定価:50,000円  来社登録:20,000円  当社より就業中:10,000円
申し込み方法 下記URLからの事前予約制
http://www.pasonatech.co.jp/seminar/nw_lab/
お問い合わせ パソナテック イベント&セミナー事務局
Mail: project@cs.pasonatech.co.jp  フリーコール:0120-887004
【マスコミ・報道関係の方からのお問合せ】
株式会社パソナテック 広報担当: 戸所(とどころ)
TEL:03-6415-3521   mail:pr@pasonatech.co.jp

事例に学ぶ!実践プロフェッショナル Network Lab Study

▼VPNの基礎的な仕組みを理解しており、実機による検証を経験したい方

「IPSecVPN実装と検証」

開催日程
(全2日間)
9月30日(水) 19:00-21:00
10月3日(土) 10:00-17:00
内容 IPSecは安全なネットワークを構築する上で大変便利ですが、その機能を効果的に利用するには利用環境にあったものを正しく選択できなければなりません。本コースではIPSec導入において見られる誤解やトラブルの事例を学習し、導入手順や利用時の設定のポイントを、実機操作を通じて学習します。
受講前提スキル
  • VPNによるサイトツーサイト接続をされている方
  • VPNの基礎的な仕組みを理解している方
  • 小規模ネットワーク構築を実務を通じて理解されている方
  • Cisco機器問わずコマンドによる機器操作に慣れている方
▼STP、冗長化の基礎知識があり、オフィスネットワークの運用・構築をされている方

「オフィスLAN実装トラブルと解決」

開催日程
(全2日間)
10月14日(水) 19:00-21:00
10月17日(土) 10:00-17:00
内容 ネットワークを利用したり運用・構築するとき、残念ながらトラブルは避けて通れません。原因と対象法が分かれば短時間で解決するトラブルですが、実務においてはなかなか原因を見つけるのに苦労することがあります。本コースでは、オフィスLAN実装でよくあるトラブルを取り上げて学習し、知識としての蓄積+解決の経験を通じて、実務に役立つ実践力をつけていきます。
受講前提スキル
  • オフィスネットワークの運用・構築をされている方
  • STEP、冗長化の基礎知識をお持ちの方
  • 小規模ネットワーク構築を、実務を通じて理解されている方
  • Cisco機器問わずコマンドによる機器操作に慣れている方
▼IPv6の基礎知識があり、実機による検証を経験したい方

「IPv6ネットワーク実装」

開催日程
(全2日間)
10月28日(水) 19:00-21:00
10月31日(土) 10:00-17:00
内容 近い将来のIPアドレスの枯渇問題に対応するため、IPv6の知識は必須になります。IPv4を利用している企業では、IPv6への以降をどのように行っていくのかが検討の課題になっていますが、まだまだ導入事例が少なく、実際に経験できる機会は少ないのが実情です。本コースはアドレス体系や通信方法、プロトコル、IPv4からIPv6へ移行する際の混在環境などに対応する技術を、実機演習を通じて学習します。
受講前提スキル
  • IPv6の基礎知識があり、実機による検証を経験したい方
  • IPv4のアドレッシングを理解している方
  • 小規模ネットワーク構築を、実務を通じて理解されている方
  • Cisco機器問わずコマンドによる機器操作に慣れている方

ニュースリリース

ページTOPへ戻る