Qumico / クミコ(組込機器でディープラーニングを実現)

   

Qumico(クミコ)とは…パソナテックが独自開発したフレームワークです。
IoT、ロボット、AI家電等、エッジ機器でディープラーニングを動作させることが可能です。
特別なハードウェアがなくてもお手持ちのハードウェアでディープラーニングを動作させることができます。

「Qumico」特徴

ディープラーニングの学習には、TensorFlow、Keras等の業界標準フレームワークを使用可能

学習結果を早い段階で組込機器へ実装できるため、実機でのスピーディーな性能評価が可能

SoCやカスタムCPUといった業界標準フレームワークが対応していないボードでも、エッジAIを動作させることが可能

●VGG16の実装の最適化の場合

「Qumico」機能概要

  • 業界標準のONNXフォーマットから組込用Cソースを生成、組込機器でディープラーニング動作
  • C言語をベースに、様々な最適化を実施可能

「Qumico」他社比較

QumicoはエッジAIに特化した、オープンソースのフレームワークです。
全てのハードウェアでディープラーニングを動かすために、このような特徴があります。

「Qumico」の開発フロー

Qumicoを使用し、学習済みのディープラーニングモデルからカスタマイズ可能なCソースを生成します。
ポータブルなCソースを生成するため、OSレスのような厳しい環境でもディープラーニングを動作させることができます。

POINT

  • Cコンパイラが動作する全てのプラットフォームで動作いたします。
  • プラットフォーム毎の最適化は、個別対応いたします。
  • MITライセンスを採用しており、ご使用に際しライセンス料は不要です。

サービス一覧

人材活用サービス

事業創造・マーケティング

効率化・負荷軽減

お問い合わせ

資料ダウンロード
ページの上部へ