IBM Watsonの導入・構築・運用支援

IBM Watsonエコシステムプログラムに参画。 「業務の効率化」や「データ活用」等、IBM Watsonの活用を一貫して支援します。

急速な社会の高齢化による労働人口の減少、人材不足による業務負荷の高まりが社会問題化する中、更なる労働生産性の向上は企業にとって避けられない課題となっています。また、企業が扱う情報量の劇的な増加と情報解析技術の飛躍的な向上により、社内に眠る情報資産の活用やそこからの気づきをビジネスに活かす動きが、業界を問わず加速しようとしています。パソナテックでは、今後不足が予測されているコグニテブテクノロジー関連エンジニアの育成を通じて、AIに関する知見やノウハウを持ったエンジニアを市場に展開していくと同時に、コグニティブ・エンジニアによる各種ソリューションの提供により、来るAI活用社会を創造していきます。

「IBM Watson」とは
IBM社が開発した「IBM Watson」は、コンピューターでありながら、人と同じように情報から学び、経験から学習するコグニティブ・テクノロジーです。自然言語を解釈し、根拠をもとに仮説を生成し、 経験から学習していきます。

サービス

Watson導入コンサルティング

  1. 最適なAPIの選定、提案
  2. 必要なシステム要件、開発要件の定義と開発プロジェクトへの連携

Watsonを活用したシステムの構築

  1. 関連システム/アプリ開発
  2. 教師データ作成
  3. IBM Watsonの育成

導入後のWatsonの運用サービス

  1. Watsonのチューニングによるアウトプット正確度の向上
  2. Watsonを活用した業務の運用(BPO)

IBM Watson導入・構築・運用支援サービス内容

※IBM、IBM Watsonは、世界の多くの国で登録されたInternational Business Machines Corporationの商標です。

サービス開発事例

AIを活用した広告クリエイティブ審査業務効率化サービス
『Cognitive AD-check Platform』

Cognitive AD-check Platformは、メディアに掲載される広告クリエイティブをAIで事後審査することで、メディアのブランド 毀損を防ぐソリューションです。

人的依存型の審査精度をAIにより向上かつ審査スピードを向上させ、メディア担当者の広告審査における業務の効率化を図ることができます。

サービス概要

  1. 広告クリエイティブを自動で判定し、薬機法及び景表法に抵触する恐れのある広告クリエイティブやメディアのブランド毀損につながるようなリスクの高い広告クリエイティブを優先的に抽出することが可能となります。
  2. 審査精度の向上により、メディアのブランド毀損リスク軽減とメディア担当者の広告審査における業務の効率化に寄与いたします。

このような業務に対応します

  1. 人的依存型の審査精度をAIにより向上かつ審査スピードを向上
  2. メディア担当者の広告審査における業務の効率化

期待される導入効果

  1. 不適切な広告クリエイティブの排除
  2. 不適切な広告クリエイティブを配信する広告主やDSP、アドネットワーク自体をブロック
  3. 薬機法及び景表法に抵触する恐れのある広告クリエイティブを優先的に抽出

サービス一覧

人材活用サービス

事業創造・マーケティング

効率化・負荷軽減

お問い合わせ

資料ダウンロード
ページの上部へ