業界
サービス業
効果
エネルギーマネジメント

不動産販売における付加価値としてIoT機器を開発導入
新たな暮らしをテーマにしたスマートホームを提供!

不動産販売における付加価値としてIoT機器を開発導入<br>新たな暮らしをテーマにしたスマートホームを提供!

課題と効果のポイント

課題

・量産用機器開発の経験不足
・各種必要認証の取得

効果

・デモ用サンプルの製作(イメージの具現化)
・試作機開発~設計・評価・量産まで一貫した製品開発
・各規格/認証を取得

課題

お客様企業では、マンション、戸建て向けのエネルギーマネジメント機器を使った新規サービスの開発を進めていましたが、量産用機器開発の経験が不足しており、テストサンプルの仕様決定や、量産化に向けたノウハウが不足していた為、製品開発が可能なパートナーを探されていました。また、無線方式の決定や各種必要認証の取得など、サービス開始までに整えておくべき項目についても助言を必要とされていました。

解決策

伴走型のデータ/IoT活用支援サービスの1つであるODM(Original Design Manufacturing)ソリューションを提供し、機器仕様書の作成からテストサンプル製作を実施。無線はwi-fiとBluetoothを使用し、それぞれTELEC認証取得モジュールを利用することで開発期間を短縮させました。また、VCCI(クラスB)対応製品であった為、評価レシピを設計し、規格試験にも対応させました。筐体が樹脂とアルミの混合筐体、基板はRoHS対応が必須であったため、製造可能な国内工場を選定しました。仕上がった部品をアセンブリ工場に集約し、組立て梱包・出荷まで行える体制を構築しました。

効果

メカ・ハードウェア・組込み開発に精通したエンジニアチームで対応に当たったことで、テスト段階から量産を見越した仕様を作成することができ、無事にスマートホームという新たな価値を提供する新規サービスを開始することができました。また、組立て手番を削減するなど費用の削減を提案に盛り込み、量産費用を抑えることで、結果としてお客様の理想的な価格帯に収めることができました。

パソナテック 担当者の声

プロトタイプ作成、第1世代の製品製造、第2世代の製品製造までをお手伝いさせていただきました。BLE(Bluetooth Low Energy)の低消費電力とリモコン用の赤外線出力のサービス範囲の拡張という技術的な課題もありましたが、機能改善の提案をさせていただき、お客様からは機能向上についてご好評をいただくことができました。

お問い合わせ

ページの上部へ