ソフトバンク株式会社様

業界
情報・通信サービス
効果
広告審査自動化、業務負荷分散

メディアのブランド毀損を防ぐ広告審査自動化サービス

メディアのブランド毀損を防ぐ広告審査自動化サービス

課題と効果のポイント

課題

・属人化する審査品質の平準化
・処理時間、場所の制限を回避
・局所的に集中する業務負荷の低減・分散

効果

・広告審査自動化により品質平準化、業務負荷分散を実現

課題

ソフトバンク株式会社では、ブランドチェック、薬機法、景品表示法などを基にした広告掲載基準のルールやチェック観点が多岐にわたり、的確で漏れのない審査の難しさや、月末月初集中化での全件チェックにかかる審査スピードに課題を感じていました。また繁閑対応での人員平準化(急な増減員をしない)、感染症や大規模災害による事業再開までの機会損失を低減する『(審査)品質と事業を継続する仕組み』の必要性に課題が生じていました。

解決策

同社はパソナテックと『人×人工知能(AI)』によるAIで広告審査を支援する体制を構築することに着目し、パソナテックのAI審査サービス『Cognitive AD-check Platformサービス』の導入を決定しました。
媒体特性を加味したチェック手法、人による審査品質と同等な「広告掲載基準に抵触の可能性がある箇所を指摘」するAI審査サービスにより『審査品質と事業を継続する仕組み』の体制を構築できました。

効果

審査品質においては継続的にAIへの学習が必要であるものの、継続的な学習により新たな表現への即時対応や、法令改定による審査基準の早期対応が可能となり、人的業務の大部分をAIが夜間も一次チェックをすることで、現行の人の二重チェックの工数削減を実現。
削減された工数分は、別の業務に着手できたことも成果となりました。

お客様プロフィール

ソフトバンク株式会社

移動通信サービスの提供、携帯端末の販売、固定通信サービスの提供、インターネット接続サービスの提供
ICTソリューションの提供

パソナテック 担当者の声

当社の審査サービスの成熟前からご理解をいただき、共創してきたソリューションとなります。お客様のご理解、ご支援があって初めて成熟したAIのモデルとなります。更なる進化のために、引き続き同社との共創体制を強化し、当社の企業理念である『社会の問題を解決する』尖端テクノロジーをご提供していきます。

関連サービス

お問い合わせ

ページの上部へ